社会を見る目を鍛える社会科の授業を目指して

 以下の実践等が少しで皆様に役立つことを祈りつつ  高橋 豊

2003年2月11日から

人目のお客様です。

最終更新2003年2月11日

社会科の授業実践
年「年表と記述式資料を分析させる」(水俣病の授業)  資料1「水俣病の年表」(川名英之著『ドキュメント日本の公害』1987年)と資料2「化学工業町水俣」(岩本政教・牧寺輝孝『日本地理風俗体系』第12巻 九州地方(下)1960年)の2つの資料を対させることで資料の分析を促す。
5年「日本最初の製鉄所から四大工業地帯の立地条件へ」  日本で最初の製鉄所がどこにできたか考えることから,四大工業地帯の立地条件を考える視点をつくる。
6年「子守歌から明治時代が見える」  2種類の子守歌の歌詞を分析することから明治時代が見えてくる。(7時間)
授業づくりの舞台裏
「戦争」の授業,何を教材とするか  「戦争」の教材はたくさんある。その中から何を選ぶか。
戦争における残酷路線と映像 戦争学習において映像を扱うことは難しい。
授業づくりの修業・・・・本を読むことから
授業をつくるということ 山田洋次『映画をつくる』(国民文庫)から考えてみた。