薄毛を治す対策の目次へ

育毛剤で無理して発毛した毛は育たないのです。

毎年毎年「効果がある」「画期的」「発毛率○○%」「女性用」等々を謳い文句にした育毛剤がたくさん発売されています。でも、育毛剤の作用や効果に頼る方法で薄毛が治った人はこの世にいないのです。これが育毛剤の現実です。半年や1年程度である程度の効果が出る場合はありますが、本当に薄毛を治そうと思えば、ここから先効果が永遠に出続けないと薄毛は治らないのです。育毛剤の作用や効果に頼る方法ではこれが出来ません。

血糖値の高い人は、血糖降下剤を飲むと血糖値が一時的に下がります。でも、そのままだと再度血糖値が上がりますし、血糖降下剤ばかりに頼っていると今度は低血糖になってしまい命の危険にさらされます。育毛剤の作用に頼ると言うのは、これと同じ事を頭皮にしているのです。

育毛剤の作用ばかりに頼っていると、毛の育たない頭皮になってしまう。

血糖値の高い人が血糖値を正常値に戻すには、まず普段の生活習慣を改めて血糖値を正常に保てるようにします。同じように、薄毛を治すなら毛の育つ環境を整えるのが先なのです。その上で、育毛剤を併用すれば薄毛は治っていくのです。

育毛剤は、育毛剤の効く頭皮で使わないと効かない

世間にはいろんな育毛剤が発売されていますが、育毛剤で薄毛の治った人がいないのを知って下さい。ただ、全く効果がないわけではありません。半年とか1年とか言う短期間での効果を見ると、育毛剤の効果に頼る方法でも効果の出る場合があります。

でも、そこから続かないのです。本当に毛を増やすには、ケアを始めて1年くらいから出てくる効果が本当の効果で、ここから先何年も効果が続かないと毛は増えないし、薄毛は解消しないのです。育毛剤を効かす為の方法は色々ありますが、半年1年は良かったが・・・?と言う場合がほとんどのはずです。

育毛剤は、女性や体質により使い方が限られる。

育毛剤は使えば良いと言うのではありません。最近の薄毛の人は、体質的にも育毛剤の作用には耐えられない体質の人が急増しています。同じように女性の肌は、元々弱いので育毛剤の作用ではさらにこじらせている場合が多いです。使うタイミングや使い方を考慮しないと、育毛剤で毛を無くする人も多いのです。これは、女性用に作られた育毛剤でも同じです。女性用だから大丈夫と言うことはありませんのでご注意ください。

育毛剤でこじらせると、後々で非常に苦労します

育毛剤で抜け毛は減ったが毛も減って、細くて短い毛ばかりが抜けていませんか?育毛剤で頭皮に異常がでていませんか?

薄毛は生活習慣病のような側面が強いですから、対症療法的な方法では無理な場合が多いですし、無理を強いることで かえってこじらせる場合が多いのです。>生活習慣病?育毛剤や機械等の作用に頼る方法では治せない理由。

貴女の薄毛の原因は何?育毛の対策はどうする?

貴女は、ご自分の薄毛の原因・問題点分かったうえで、貴女に必要な育毛の対策を採っていますか?効果のありそうな育毛剤やシャンプー等のヘアケア製品をお使いになっているのではありませんか?
https://www.wikm.jp/

メールマガジン「育毛法を探る12のコツ」

薄毛を治す為の育毛法を探る為に、育毛の道案内人がご相談を承っている現場から事実と現実をお知らせします。 事実と現実をすれば「あなた」に必要な育毛法が見えてきます。
メールアドレスのみをご入力下さい。解除は、毎回配信されるマガジン内記載のURLをクリックするだけで簡単に解除できます。 お気軽にご購読下さいませ。

育毛法を探る12のコツ
メールアドレス