薄毛を治す対策の目次へ

薄毛とは、どうなっていること??

薄毛が進行していく時には、要因や体質・環境が違うのに、不思議と同じような薄毛進行パターンをとります。この薄毛の進行パターンで今自分がどの段階にあるのかを知ることも大事です。

読んで字のごとく、毛が薄くなっている状態ですが、どうして薄くなっていくのでしょう?
あなたは毛が生えてこないと思っていませんか?決して毛が生えてこないのではありません。生えてこなくなるのは究極まで進行してしまった場合です。

以下に平均的な薄毛の進行パターンを書いておきますが、人によりかなり進行パターンは違います。
前から後ろに後退する人、ツムジ周辺が広がる人、全体的に毛が薄くなっていく人、側頭部が薄くなる人、 分け目から広がっていく人等々色々あります。

最初の頃は、少し毛に元気が無くなります。

この頃に育毛剤を使えば、まだ効果が出ることもありますし、当方の育毛法をすれば、半年もすればほぼ回復します。でも、この頃の症状はほとんど人には分かりません。分からないから何もしない人がほとんどです。何故なら、近年のヘアケア製品が、そう見えないような目的の為に作られているからです。

等々、髪の表面に何がしかのことをしていることが多いので、自分では分からないのです。
この段階から数年 (3年〜6年と幅がある)して、ほとんどの毛が生え代わると、

幾分毛が細くなりボリウムが無くなっているのが分かるようになります

この段階に移行し始めると、抜け毛が急増することも多く、抜け毛が多いから薄くなると勘違いして、抜け毛が減れば 毛が元に戻ると思う人も多くいます。

慌てて育毛剤を使い始める人も出てきます。が、育毛剤を使っても効果の出ない人がほとんどになってきます。そればかりか、育毛剤を使うことで抜け毛が減ると、抜け毛が減ったと喜ぶ人もいますが、実は抜け毛が減ったのはもう一段進行している場合の方が多いのです。
この時期の抜け毛には、細いものと太いものが混じったりしていることが多いです。もう一段進行すると

全体的に毛が細くなり地肌が透けて見えるようになってきます

この段階まで進行すると、通常は内部での進行が始まってから、男性で6年程度、女性で10年程度経過していることが多く、大まかですが進行し始めた時よりも3世代くらい毛が生え代わっています。

抜け毛も減ってくる場合も多いですが、抜け毛が少ないのに毛も薄くなってくきますので、どうしてか分からなくなり、 始めて育毛を真剣に考えるようになる頃です。

抜け毛は多いというより少なすぎる人が多く、かつ細くて短い抜け毛の割合が5割を超えている場合が多いです。当方にご相談される人も、この段階に入っている人が全体の6割〜7割くらいです。

この段階まで進行していると、回復にはかなりの時間がかかります。この段階では、発毛効果の高い育毛剤や育毛剤の効果に頼る方法を繰り返している人も非常に多く、使っても使っても悪化するばかりで良くならないので、育毛に対して疑問を持つ人も多くいらっしゃいます。

また、育毛剤で発毛はするが生えても産毛とか弱々しい毛しか生えなくなるばかりか、さらに頭皮を弱らせてこじらせている人も多いのです。後のケアで苦労する人が非常に多い。
こんなことをしていると、さらに進行します

本数自体も少なくなってきます。→もっと進行すると産毛状態になってきます。

もっと進行すると産毛さえも生えなくなり、回復が非常に難しくなっていきます。

ボリウムが無くなり→毛が細くなり→段々と成長しなくなり→維持できる本数が減り→毛が成長しなくなる:それぞれの段階までに3年〜6年の時間が経過していることがほとんど

女性の場合は、よっぽど過激なことをしない限り最後の「成長しなくなる」までは進行しません。

早く取り組めばそれだけ回復度も大きく、期間もそんなにかかりませんが、ほとんどの人はかなり進行してから取り組むので時間もかかるし回復度に対する満足度も低いのです。

育毛相談WEBの薄毛対策

薄毛の原因は人様々だから育毛方法も人様々。あなたの薄毛の原因を知る為の育毛相談を承ります。あなたの状態を育毛相談WEBにてお知らせください。
https://www.genki-life.net/kami/

メールマガジン「育毛法を探る12のコツ」

薄毛を治す為の育毛法を探る為に、育毛の道案内人がご相談を承っている現場から事実と現実をお知らせします。 事実と現実をすれば「あなた」に必要な育毛法が見えてきます。
メールアドレスのみをご入力下さい。解除は、毎回配信されるマガジン内記載のURLをクリックするだけで簡単に解除できます。 お気軽にご購読下さいませ。

育毛法を探る12のコツ
メールアドレス