薄毛を治す対策の目次へ

抜け毛が減っても、薄毛は治りません。

毛は抜けるもの。毛が抜けることと薄毛とは全くの別問題。ただ、抜けやすい頭皮、抜けやすい毛穴があるのが事実で、抜けやすくしている要因が薄毛の要因なだけ。だから、抜け毛は減っても薄毛は治らない。

何故か?

毛は抜けるからです。抜けるから生えてくるのです。

薄毛発症時=と言うより自分で気にし始める頃に抜け毛が急増することが多いので、抜け毛が多いから薄毛だと感じている のに過ぎないのです。
薄毛とはこう言うものです→どのように進行していくか良く理解しよう。いきなりではない

抜け毛を減らして、毛を生やしたい!

1日200本300本も抜け毛のある人が、これを訴えるなら、まだ理解できます。 でも、ご相談内容を承っていると、1日60本〜100本前後しか抜け毛がないのに「抜け毛を減らして、毛を生やしたい」と訴えられます。 ほとんど無理な希望で、魔法を使ってもできるかどうか分からない希望です。

何かをしたからと言う理由で毛が抜けることは有りません

誰しもが、抜け毛が増えた時に使った製品やケア等々を原因のように思いますが、実は違うのです。死んでいて、いつ抜けてもおかしくない毛が、上記のようなことがあることで、頭皮の環境が変わったりすることで、抜けるだけなのです。 そのような、死んでいていつ抜けてもおかしくない毛が抜けずに残っているような頭皮だから薄毛になるのですよ。

抜け毛とは死んでいる毛が抜けること

上記に書いた理由で生えている毛が死んで抜けることはあり得ません。

問題はその後に生え代わる毛がどうなりるかだけです。詳しくは→○○すれば治るか?○○しているんだよ○○剤の作用だけで治すのは限界がある。○○剤で治った人はいない

生えている毛が死んで抜けるのは以下のような時に限られます。

薄毛の人の毛には、死んでいて育たなくなっている毛が抜けずに残っている場合が多い

山に例えれば「立ち枯れている木」がたくさん残っている状態です。だから、「枯れ木も山の賑わい」で何とか見た目保っているものの、いずれは抜けるのです。

枯れ木しか育たない頭皮だから、抜けた後にはもっと状態の悪い毛しか育たなくなっていきます。だから、薄毛が進行すると進行スピードが遅くなるが、確実に進行していくのです。それらの毛が、環境が変わったり刺激を与えられるから抜けるのです。

抜け毛を減らすと言うのは、枯れた毛を増やすだけ

抜け毛を減らしたがる人が、薄毛の人には多いですが、抜け毛を減らすのは枯れた毛=育たない毛を増やすだけのことが多いのです。その為

薄毛の人の場合には抜け毛が減ったが毛も減って、細くて短い毛ばかりが抜けると言うことになっていることが多いのです。

頭皮を活力ある状態に回復させて、通常の生え代わりを繰り返すようになって始めて毛は増えてきます。
抜け毛は増える時もあれば減る時もあります。単純に減れば良いのではないのです。 詳細はこちらを→<女性には女性特有の治せない理由がある。でも女性は治しやすい

貴女の薄毛の原因は何?育毛の対策はどうする?

貴女は、ご自分の薄毛の原因・問題点分かったうえで、貴女に必要な育毛の対策を採っていますか?効果のありそうな育毛剤やシャンプー等のヘアケア製品をお使いになっているのではありませんか?
https://www.wikm.jp/

メールマガジン「育毛法を探る12のコツ」

薄毛を治す為の育毛法を探る為に、育毛の道案内人がご相談を承っている現場から事実と現実をお知らせします。 事実と現実をすれば「あなた」に必要な育毛法が見えてきます。
メールアドレスのみをご入力下さい。解除は、毎回配信されるマガジン内記載のURLをクリックするだけで簡単に解除できます。 お気軽にご購読下さいませ。

育毛法を探る12のコツ
メールアドレス