薄毛を治す対策の目次へ

改善可能なところから薄毛をは段階的に治す

生え替わりのサイクルを本来の状態に戻してあげましょう

すぐに頂上(薄毛解消の結果を求める)を目指すから失敗する。何でもそうだかが薄毛を治す時にも最初は出来ることと出来ないことが必ずある。一番薄毛の状態で治しやすいところから治していくと(なだらかな道を登り)、段々と薄毛を治せるようになってくるのだ(頂上に辿りつける)。これでやっと薄毛が解消できるようになる。

誰しもが早く結果を出したいものです。でも、結果が出るにはそのプロセスが必ずあります。プロセス無くして結果だけが出ることはあり得ないのです。植物を育てるのと同じです。

頭皮を毛の育つ状態に戻すケア=堆肥つくりをする

この時には生えている毛が良くなるには限界があります。やせた土地から育った痩せた植物はあまり良くならない。その上枯れてしまっている植物が生き返ることもないから。一番頭皮の状態の悪い時に育つので一番状態の悪い毛にしか育ちません。

頭皮が良くなってくる=よく肥えた土地に生まれ変わる

頭皮が変化してくるのを感じるようになってきます。限界のある毛にも頭皮の良くなったことによる変化が出てくる。でも見た目には進行する場合がほとんどです。(多く存在している育たない毛が育つ毛に生え代わる為に抜けるから)。頭皮に活力がついてくるので、抜け毛が増えてくる場合もあります(生え代わる為)。

ケアを始めてから抜けた毛が生え代わって来る=良質の植物が育つ種に植えなおす

本来の毛に育つ毛が生え代わって来るので進行が止まる。本格的に頭皮が良くなるのを本当に実感できるようになる
生えている毛にも元気が出てくる

本来の毛に育つ毛が増えてくる

=良質な種から良質な植物が芽を出す。良質な種も増えてくる。

まだまだ本来の毛に育つ毛の割合が少ないので現状維持を続ける抜け毛には、長い太目の毛が目立つようになり、細くて短い毛の割合が減っていく。抜け毛の本数は標準前後の数で推移するようになる

本来の毛に育つ毛の割合が増えてくる

=良質な種が増えながら、良質な植物が順調に生育し始める

見た目には、地肌の隠れる人も出てくる。毛の勢いが良くなる。抜け毛の数も、増える季節には増えるようになるし、減る季節には減るようになってくる

新たに発毛する毛穴や複数本になる毛穴が出てくる

=良質な食物が収穫できる

ここは最終的な結果ですが、ここまで来るのには上記のようなプロセスを踏んで良くなっていきます。
大まかには、上記のそれぞれの段階に4ヶ月〜6ヶ月程度の時間がかかりますが、最初の状態次第では6ヶ月も8ヶ月も かかる場合もあります。

薄毛が発症して進行していくときにもプロセスがありますが(薄毛とは)、回復していく時にも必ずプロセスがあるのです。

一番大切なのは、頭皮の変化です。この頭皮好転の変化が無くして髪の回復と言う結果は有りません。
抜け毛が減ることが好転の変化ではありません。これを間違わないで下さい。抜け毛は増えることが良い事もあれば減ることが悪い場合もあるのです。何故なら、毛は必ず抜けるし抜けるから生えてくるから。

抜け毛の増減を良い悪いの指標にしているところは、髪のことを知らないところです。

どのような変化が頭皮に出てくるのかは、個別には違いますので、貴方が使っている製品の販売者にお尋ね下さい

育毛方法の為の薄毛対策とシャンプー法

頭皮の為の育毛方法とは?どんな薄毛対策が効果的なのか?育毛に役立つシャンプー法はどんなもの?育毛法を探る12のコツサイトです。
https://www.ikumou-labo.jp/

メールマガジン「育毛法を探る12のコツ」

薄毛を治す為の育毛法を探る為に、育毛の道案内人がご相談を承っている現場から事実と現実をお知らせします。 事実と現実をすれば「あなた」に必要な育毛法が見えてきます。
メールアドレスのみをご入力下さい。解除は、毎回配信されるマガジン内記載のURLをクリックするだけで簡単に解除できます。 お気軽にご購読下さいませ。

育毛法を探る12のコツ
メールアドレス