薄毛を治す対策の目次へ

発毛しているのに薄毛だ!と言うことを理解しよう

発毛していないから薄毛だ思って、発毛させることにやっきになっている人をよく見かけます。でも、本当は発毛はしているのです。発毛しているのに薄毛なのです。ここを間違うと薄毛の状態をこじらせる。

何故なら、薄くなるのは、毛が生えないから薄くなるのではないからです。
生えていないように見えているだけです。
理論ではなく、これが現実です。
にも関わらず、

とかの理由で、無理をさせるからもっと余裕がなくなっていくので、

頭皮に毛を育てる力・生え代わる活力がないと発毛しても薄毛は治らない

植物を育てる時、どうしますか?

  1. 良い植物の育つ種を探します。
  2. 良い植物が育つように堆肥(土地)作りから行います。
  3. 種を植えれば、良い植物に育つように良質の肥料と水を与えます。

毛の育つ頭皮が、衰えているから、弱っているから薄くなるのです。
また、毛の種は植えることは出来ませんから、良い毛の育つ種が生まれるには、頭皮に毛を育てられる力がないと生まれないのです。
いくら、効果のある育毛剤で毛の種(毛母細胞や毛根)を活性化しても、育毛製品で栄養をやっても、生えることがあっても育たないので薄毛は解消しないのです。
そればかりか、頭皮が肥沃でない状態で生まれる毛の種は、良質の毛の育つ種にはなりませんから、方法を間違えると悪くすることがあっても良くは出来ないのです。

頭皮に毛を育てるだけの力を回復させて、生え代わる活力のある頭皮に戻してあげましょう。

頭皮を綺麗にし過ぎる=皮脂を取ったり、クレジングを使ったりし始めると、次第に頭皮の活力が無くなっていき、抜け毛は減るが、生えてくる毛は細くなり弱々しくなっていきます。

頭皮に毛を育てるだけの力がついてきて、活力が戻ってくると、自分でも感覚的に分かります。

貴方の使っている製品の販売者や行っている育毛ケアの施術者やカウンセラーに詳しく聞いてみてください。単純に異常が解消されることではないので、注意が必要です。

貴女の薄毛の原因は何?育毛の対策はどうする?

貴女は、ご自分の薄毛の原因・問題点分かったうえで、貴女に必要な育毛の対策を採っていますか?効果のありそうな育毛剤やシャンプー等のヘアケア製品をお使いになっているのではありませんか?
https://www.wikm.jp/

メールマガジン「育毛法を探る12のコツ」

薄毛を治す為の育毛法を探る為に、育毛の道案内人がご相談を承っている現場から事実と現実をお知らせします。 事実と現実をすれば「あなた」に必要な育毛法が見えてきます。
メールアドレスのみをご入力下さい。解除は、毎回配信されるマガジン内記載のURLをクリックするだけで簡単に解除できます。 お気軽にご購読下さいませ。

育毛法を探る12のコツ
メールアドレス