薄毛を治す対策の目次へ

ヘアケア製品が薄毛を治す対策

何故なら、毎日使うもだからです。

ヘアケア製品は誰でも毎日使います。その為、毎日使うヘアケア製品(特にシャンプー・リンス・トリートメント)で薄毛になっている人も多く、薄毛を治す為の第一歩が毎日使うヘアケア製品でマイナスを与えないことであるのです。よく取り上げられ石鹸シャンプーには、石鹸としてのマイナス要因があり、その影響で薄毛になっている人も多いと言う現実があります。

毎日使うヘアケア製品で薄毛になる下地を作っているし、薄毛の発症を早くしている

ヘアケア製品5種類前後、綺麗に見せる為、整える為

簡単に言えば、毎日クレンジングで洗って肌を綺麗に見せる為にファンデーション等をたっぷり塗っているようなものなのです。

市販品の多くのシャンプーは、使う側がサッパリ感を求めるので頭皮を守るのに必要な脂分を過剰に取り去ります。その為、毛の生育に必要な成分まで取り去られます。女性なのにひどい脂性なら市販のシャンプーの影響です。女性は本来ひどい脂性にはなりませんから。

そんなところに、リンスやトリートメント・コンディショナーに含まれるコーティング剤やスタイリング剤が付着します。これを髪だけにしているなら、何の問題もありませんが、頭皮にも同じようにしているのです。

脂分を取り去る為に使われる成分やコーティングやスタイリングを良くする為に使われる成分は、確かに綺麗にしますし綺麗になったように見せかけます。洗浄力も強く、付着力も強いが、浸透力も強く、反面攻撃・変性作用も強いのです。

綺麗になり過ぎた頭皮に付着して、毛穴内部や細胞内部に浸透して頭皮や毛を育てる組織を痛めます。こう言ったことを若い頃から毎日しているので、薄毛になりやすい下地を作っているし、家系的に要因のある場合にはそれが促進されてしまうのです。

昔は40代50代で薄毛だったのに、今は10代20代から薄毛が発症しているし、女性にも多くなっている理由です。

これらの成分はすすぎを良くしても残留していています。残留しないと製品の目的が達せられないからです。それだけ付着力や浸透力が強いと言う事。でも普通の人は、シャンプーの泡が消えればすすぎは終わりますし、リンスやトリートメント後にすすぎをしっかりしますか?しない人が非常に多いのではないでしょうか?

カラーやパーマで、もっと促進されている

カラーは、毛の色を抜いて入れ直します。
パーマは毛のつながり方を変えます。
皮膚より固い髪に対してするのですから、かなり強い薬剤を使うことになります。カラーやパーマをして、頭皮が痛いとか、沁みるとか、かぶれたと言う人は多いはずです。
市販のヘアケア製品で薄毛になる下地を作っているところに、カラーやパーマで薄毛を促進させているのです。

よく思い出して下さい。
あなたがカラーやパーマを頻繁にし始めたのはいつ頃からですか?ほとんどの人は、薄毛が気になり始める3年〜5年前、。もしくは10年くらい前のはずです。カラーやパーマ、縮毛矯正、ストレートパーマが流行りだしたのが1995年くらいからですよね。

育毛方法の為の薄毛対策とシャンプー法

頭皮の為の育毛方法とは?どんな薄毛対策が効果的なのか?育毛に役立つシャンプー法はどんなもの?育毛法を探る12のコツサイトです。
https://www.ikumou-labo.jp/

メールマガジン「育毛法を探る12のコツ」

薄毛を治す為の育毛法を探る為に、育毛の道案内人がご相談を承っている現場から事実と現実をお知らせします。 事実と現実をすれば「あなた」に必要な育毛法が見えてきます。
メールアドレスのみをご入力下さい。解除は、毎回配信されるマガジン内記載のURLをクリックするだけで簡単に解除できます。 お気軽にご購読下さいませ。

育毛法を探る12のコツ
メールアドレス