研究業績  (タイプ別)

最終更新日:2012年11月26日

雑誌論文・著書・紀要論文 学会発表 その他
日本語方言アクセント・イントネーション 日本語方言アクセント・イントネーション 日本語方言アクセント・イントネーション
日本語(標準変種)アクセント・イントネーション 日本語(標準変種)アクセント・イントネーション 日本語(標準変種)アクセント・イントネーション
ロシア語イントネーション ロシア語イントネーション ロシア語イントネーション
マザリーズ(対乳児発話) マザリーズ(対乳児発話) マザリーズ(対乳児発話)
その他 その他 その他

雑誌論文・著書(Book chapter)・紀要論文 (計17本)

日本語方言アクセント・イントネーション

五十嵐陽介(forthcoming) new
「南琉球宮古語与那覇方言の名詞アクセント体系:初期報告」
『「消滅危機方言の調査・保存のための総合的研究」宮古島方言調査報告書』
国立国語研究所.

text Igarashi, Yosuke (in press) new
Typology of prosodic phrasing in Japanese dialects from a cross-linguistic perspective
To appear in: Lingua, an International Review of General Linguistics.

五十嵐陽介、田窪行則、林由華、ペラール・トマ、久保智之(印刷中)
「琉球宮古語池間方言のアクセント体系は三型であって二型ではない」
『音声研究』
日本音声学会.

Paper (NOT the final version) Igarashi, Yosuke (forthcoming)
Typology of intonational phrasing in Japanese dialects
To be published in Sun-Ah Jun (ed.) Prosodic Typology, the second volume.
Oxford University Press: New York.

日本語(標準変種)アクセント・イントネーション

五十嵐陽介 (2008b)
『日本語話し言葉コーパス』の韻律情報
『日本語学』27(5)(2008年4月臨時増刊号「特集:話し言葉の日本語」)
明治書院

前川喜久雄、五十嵐陽介 (2006)
「2モーラ有核助詞の韻律上の独立性−『日本語話し言葉コーパス』の分析−」
『音声研究』10(2), 33-42.
日本音声学会.

五十嵐陽介、菊池英明、前川喜久雄(2006)
「韻律情報」
『国立国語研究所報告集124 日本語話し言葉コーパスの構築法』, 347-453.
独立行政法人国立国語研究所: 東京.

abstract 菊池英明、前川喜久雄、五十嵐陽介、米山聖子、藤本雅子 (2003)
「日本語話し言葉コーパスの音声ラベリング」
『音声研究』7(3), 16-26.
日本音声学会.

ロシア語イントネーション

Igarashi, Yosuke (2008c)
Russian interrogatives and intonational categories
Anita Steube (ed.) The Discourse Potential of Underspecified Structures, in the series of Language, Context, and Cognition.
Walter DeGruyter: Berlin, New York.

五十嵐陽介 (2007c)
「ロシア語イントネーションの離散性」
『音韻研究』10, 69-76.
日本音韻論学会

Igarashi, Yosuke (2006a)
Intonation patterns in Russian interrogatives -Phonetic analyses and phonological interpretations.
Yuji Kawaguchi, Ivan Fonagy and Tsunekazu Moriguchi (eds.)
Usage-Based Linguistic Informatics 3 Prosody and Syntax, 175-196.
John Benjamins: Amsterdam.

五十嵐陽介 (2004f)
「ロシア語疑問文イントネーションの実験音韻論的研究」
川口裕司, 森口恒一, 斉藤純男(編)
『言語情報学研究報告4 通言語音声研究−音声概説・韻律分析』, 255-276.
東京外国語大学: 東京

五十嵐陽介 (2004e)
「ロシア語にイントネーションパタンはいくつあるのか?―下降パタンの場合―」
『ロシア語研究』17, 9-33.
ロシア語研究会-木二会

五十嵐陽介 (2004c)
Фонетика и фонология интонации в вопросительных предложениях в русском языке
『ロシア語ロシア文学研究』36, 85-92.
日本ロシア文学会

五十嵐陽介 (2003e)
「基本周波数曲線の同期パタンの規則性:ロシア語からの証拠」
『ロシア語研究』16, 1-25.
ロシア語研究会-木二会

abstract 五十嵐陽介 (2002b)
Так называемая "нейтрализация интонации" -фонологическое описание русской интонации-
『ロシア語ロシア文学研究』34, 15-21.
日本ロシア文学会

五十嵐陽介 (2001c)
「ロシア語におけるイントネーション型の再解釈」
『ロシア語研究』14, 1-15.
ロシア語研究会-木二会

学会発表(計57本)

日本語方言アクセント・イントネーション

text Igarashi, Yosuke, Yukinori Takubo, Yuka Hayashi, and Tomoyuki Kubo (2011b)
How many tonal contrasts in Ikema Ryukyuan?
Proceedings of the 17th International Congress of Phonetic Sciences, 930-933
17th International Congress of Phonetic Sciences (ICPhS XVII 2011)(8月21日:Hong Kong: Hong Kong Convention and Exhibition Center)

Igarashi, Yosuke, Yukinori Takubo, Thomas Pellard, and Yuka Hayashi (2011)
The three-tone system of Ikema Ryukyuan and its implications for historical studies
The workshop "Advances in Ryukyuan Historical Linguistics" held during the 20th International Conference on Historical Linguistics(7月25-30日:於国立民族学博物館)

Igarashi, Yosuke, Yukinori Takubo, Yuka Hayashi, and Tomoyuki Kubo (2011)
Ikema Ryukyuan has three, not two, lexical tones
Workshop on East Asian Languages (WEAL) (March 18-19: UCLA, Los Angeles, CA, USA)

Yosuke Igarashi (2010g)
Typology of prosodic phrasing in Japanese dialects from a cross-linguistic perspective
ISAT 2010(12月19日:於国立国語研究所)

五十嵐陽介 (2010e)
「日本語諸方言の韻律句形成過程を類型化する」
『日本語学会2010年度秋季大会予稿集』
日本語学会シンポジウム「イントネーション研究の現在」(10月23日:於愛知大学 豊橋キャンパス)

text 五十嵐陽介 (2010d)
「統語論における枝分かれ構造は韻律にどのように反映されるのか?―近畿方言と東京方言の場合―」
『第24回日本音声学会全国大会予稿集』
日本音声学会(10月10日:於国学院大学)

handout 五十嵐陽介 (2010b)
「近畿方言における統語構造と韻律構造の関係はどうなっているのか」
日本音声学会第321回研究例会 (2010年6月26日:於国立国語研究所)

Hayashi, Yuka, Yukinori Takubo, Yosuke Igarashi, Thomas Pellard, and Tomoyuki Kubo (2009)
The word prosody of Ikema Ryukyuan
Workshop on Ryukyuan Languages and Linguistic Research (Oct. 25, 2009, UCLA, Los Angeles, CA, USA)

Hayashi, Yuka, Thomas Pellard, Yukinori Takubo, Tomoyuki Kubo, and Yosuke Igarashi (2009)
The tone system of Ikema Ryukyuan
The History & Reconstruction of Japanese Accent (HRJA2009) (Sep. 4, 2009, Paris, France)

Hayashi, Yuka, Yukinori Takubo, Yosuke Igarashi, and Tomoyuki Kubo (2009)
On the tonal system and its realization rules of Ikema Ryukyuan (revised).
The 4th International Workshop on the Interface between Prosody and Information Structure (Jan. 11, 2008, Otsu, Shiga, Japan)

slide Takubo, Yukinori, Yuka Hayashi, Tomoyuki Kubo, and Yosuke Igarashi (2008)
On the tonal system and its realization rules of Ikema Ryukyuan
Mind Speaks with Prosody: Mini-Workshop on Prosodic Cues in Japanese Grammar(Sep. 19, 2008, University of Delaware, Newark, DE, USA)

text Hayashi, Yuka, Yosuke Igarashi, Yukinori Takubo and Tomoyuki Kubo (2008)
An instrumental analysis of the two tone system in Ikema Ryukyuan
『第22回日本音声学会全国大会予稿集』, 175-180.
日本音声学会(9月15日:於明海大学)

slide show Igarashi, Yosuke (2008a)
Presence or absence of 'phrasal tones' in Japanese dialects
The 3rd International Workshop on the Interface between Prosody and Information Structure (Jan. 12, 2008, University of Tokyo, Tokyo, Japan)

text slide show Igarashi, Yosuke (2007g)
Pitch accent deletion and pitch range compression in Fukuoka Japanese
『第21回日本音声学会全国大会予稿集』, 111-116.
日本音声学会(9月23日:於名古屋大学)

text Igarashi, Yosuke (2007f)
Pitch pattern alternation in Goshogawara Japanese: Evidence for a prosodic phrase above the domain for downstep
Proceedings of Interspeech 2007, 434-437.
Interspeech 2007 (Aug. 28, Antwerp, Belgium)

slide show Igarashi, Yosuke (2007e)
Lexical pitch accent in Goshogawara Japanese: Rising or falling?
Proceedings of the 17th International Congress of Phonetic Science, 1157-1160.
The 17th International Congress of Phonetic Sciences (ICPhS 2007) (Aug. 7 2007, Saarland University, Saarbrucken, Germany)

text slide show Igarashi, Yosuke (2007d)
[Invited] Typology of prosodic phrasing in Japanese dialects
Workshop on "Intonational Phonology: Understudied or Fieldwork Languages", ICPhS 2007 Satellite Meeting (Aug. 5, 2007, Saarland University, Saarbrucken, Germany)

text Igarashi, Yosuke (2007a)
Towards an intonational typology of Japanese dialects
The 2nd International Workshop on the Interface between Prosody and Information Structure (Jan. 13, 2007, Kyushu University, Fukuoka, Japan)

paper slide Igarashi, Yosuke (2006d)
Dephrasing in Kobayashi Japanese: Is it a reality?
『日本言語学会第133回大会予稿集』, 53-58.
日本言語学会(11月19日:於札幌学院大学

paper slide Igarashi Yosuke (2006c)
A preliminary analysis of the relation between lexical pitch accent and prosodic phrasing in Goshogawara Japanese
『第20回日本音声学会全国大会予稿集』, 141-146.
日本音声学会(10月1日:於順天堂大学

日本語(標準変種)アクセント・イントネーション

五十嵐陽介、小磯花絵(2012c)new
「句末境界音調のピッチレンジに与える要因:『日本語話し言葉コーパス』の分析」
『第2回コーパス日本語学ワークショップ予稿集』
第2回コーパス日本語学ワークショップ (2012年9月7日:於国立国語研究所)

Igarashi Yosuke and Hanae Koiso (2012b)
Pitch range control of Japanese boundary pitch movements
To appear in Proceedings of Interspeech
Interspeech 2012 (September 9-13:Portland, Oregon)

五十嵐陽介、小磯花絵(2012a)
「日本語話し言葉コーパスにおける句末境界音調のピッチレンジ制御」
『第1回コーパス日本語学ワークショップ予稿集』
第1回コーパス日本語学ワークショップ (2012年3月6日:於国立国語研究所)

酒井弘、五十嵐陽介、チュウ・ロザリン、田淵美有(2010)
「話し言葉の理解における韻律情報処理のタイムコース−視覚世界パラダイムを使用した視線計測による検討−」
『聴覚研究会資料』40(6), 541-544.
日本音響学会 聴覚研究会(H) (2010年7月18日:於県立広島大学三原キャンパス)

Maekawa, Kikuo and Yosuke Igarashi (2007)
Prosodic phrasing of bimoraic accented particles in spontaneous Japanese
Proceedings of the 17th International Congress of Phonetic Science, 1217-1220.
The 17th International Congress of Phonetic Sciences (ICPhS 2007) (Aug. 9 2007, Saarland University, Saarbrucken, Germany)

abstract text 籠宮隆之、五十嵐陽介、菊池英明、米山聖子、前川喜久雄 (2003)
「自発音声コーパスにおけるF0下降開始点位置の分析」
『日本音響学会春季講演論文集』, 317-318.
日本音響学会.(3月19日:於早稲田大学

text Maekawa, Kikuo, Hideaki Kikuchi, Yosuke Igarashi and Jennifer Venditti (2002)
X-JToBI: An extended J_ToBI for spontaneous speech
Proceedings of The 7th International Conference on Spoken Language Processing, 1545-1548
The 7th International Conference on Spoken Language Processing (ICSLP 2002). (September 16-20, Denver, Colorado, USA)

前川喜久雄、菊池英明、五十嵐陽介 (2002)
「日本語自発音声の韻律ラベリング体系:X-JToBI」
『日本音響学会春季講演論文集』, 313-314.
日本音響学会(3月:於神奈川大学

菊池英明、前川喜久雄、五十嵐陽介 (2002)
「日本語自発音声の韻律ラベリングスキーム:X-JToBI」
『第2回話し言葉の科学と工学ワークショップ 講演予稿集』, 19-26.
文部省科学技術振興調整費開放的融合研究制度「話し言葉の言語的・パラ言語的構造の解明に基づく『話し言葉工学』の構築」(2月28日:於東京工業大学

abstract 前川喜久雄、菊池英明、五十嵐陽介 (2001)
「X-JToBI:自発音声の韻律ラベリングスキーム」
『電子情報通信学会 技術研究報告』(SP2001-106), 25-30.
電子情報通信学会 (12月21日:於東京工業大学

ロシア語イントネーション

Igarashi, Yosuke (2006b)
[Invited]Ph.D. recipient's lecture: Phonology of Russian intonation
Phonology Forum 2006(August 23-25, Waseda University

handout Igarashi, Yosuke (2005c)
[Invited]Russian interrogatives and intonational categories
The workshop: Sentence and Context. DFG Research Group: Linguistic foundations of cognitive science -Linguistic and conceptual knowledge- (June 25-26, 2005, University of Leipzig, Leipzig, Germany)

abstract slide Igarashi, Yosuke (2005b)
How many falling intonation patterns in Russian?: categories of F0 alignment
Programme & Book of Abstracts: Between and Stress and Tone, 32-33.
The Between Stress and Tone (BeST). (June 18, 2005, The International Institute for Asian Studies (IIAS), Leiden, Netherlands)

text poster Igarashi, Yosuke (2004a)
"Segmental anchoring" of F0 under changes in speech rate: Evidence from Russian
Proceedings of the International Conference: Speech Prosody 2004, 25-28.
Speech Prosody 2004 (SP2004). (March 23, 2004, Nara-Ken New Public Hall, Nara, Japan)

五十嵐陽介 (2005d)
「ロシア語における2種類の下降イントネーションパタン」
日本ロシア文学会第55回研究発表会(10月8-9日:於早稲田大学

paper Igarashi, Yosuke (2004d)
Categories of F0 alignment -the case of Russian falling intonation patterns
『第18回日本音声学会全国大会予稿集』, 77-82.
日本音声学会(9月26日:於東京外国語大学

abstract 五十嵐陽介 (2003f)
「疑問詞疑問文とyes-no疑問文のイントネーション」
日本ロシア文学会第53回研究発表会(11月2日:於大阪外国語大学

abstract text Igarashi, Yosuke (2003d)
Tonal alignment patterns in Russian under changes in pitch range
『第17回日本音声学会全国大会予稿集』, 51-56.
日本音声学会(9月28日:於関西大学

abstract text Igarashi, Yosuke (2003b)
Variability and stability of F0 movements in Russian under changes in speech rate
『日本言語学会第126回大会予稿集』, 274-279.
日本言語学会(6月22日:於青山学院大学

五十嵐陽介 (2001d)
「ロシア語イントネーションの中和」
日本ロシア文学会第51回研究発表会(9月30日:於新潟大学


abstract text
五十嵐陽介 (2001a)
「ロシア語イントネーションの音韻論的記述」
『日本言語学会第122回大会予稿集』, 257-262.
日本言語学会(6月24日:於一橋大学

マザリーズ(対乳幼児発話)

Kitahara, Mafuyu, Ken'ya Nishikawa, Yosuke Igarashi and Reiko Mazuka (2011)new
Delayed-fall of pitch accents in Japanese Infant-Directed and Adult-Directed Speech.
ICPP2011 (Dec. 13, 2011, Kyoto, Japan: Kyoto University Inamori center)

Igarashi, Yosuke, Ken'ya Nishikawa, Kuniyoshi Tanaka and Reiko Mazuka (2009)
Pitch range expansion in Japanese infant-directed speech.
The 4th International Workshop on the Interface between Prosody and Information Structure (Jan. 11, 2008, Otsu, Shiga, Japan)

Kitahara, Mafuyu, Ken'ya Nishikawa, Yosuke Igarashi, Takahito Shinya and Reiko Mazuka (2009)
Characteristics of pitch accents in infant-directed speech.
The 4th International Workshop on the Interface between Prosody and Information Structure (Jan. 11, 2008, Otsu, Shiga, Japan)

Shinya, Takahito, Ken'ya Nishikawa, Yosuke Igarashi, Mafuyu Kitahara, Kuniyoshi Tanaka and Reiko Mazuka (2009)
Vowel quality and voice quality of vowels in Infant-directed speech: Hyperarticulated but soft voices of IDS vowels.
The 4th International Workshop on the Interface between Prosody and Information Structure (Jan. 11, 2008, Otsu, Shiga, Japan)

北原真冬、西川賢哉、五十嵐陽介、新谷敬人、馬塚れい子 (2008)
対乳児発話におけるピッチアクセントの性質について〜理研日本語母子会話コーパスを用いた分析〜
第74回音声言語情報処理研究会(SIG-SLP)(=第10回音声言語シンポジウム)(12月10日:於早稲田大学)

新谷敬人、西川賢哉、五十嵐陽介、北原真冬、馬塚れい子 (2008)
対乳児発話における母音の音質― 『理研日本語母子会話コーパス』を用いた分析 ―
『第22回日本音声学会全国大会予稿集』, 117-122.
日本音声学会(9月15日:於明海大学)

Igarashi, Yosuke and Reiko Mazuka (2008)
Exaggerated prosody in infant-directed speech? Intonational phonological analysis of Japanese infant-directed speech
BUCLD 32: Proceedings of the 32nd annual Boston University Conference on Language Development, 177-188.
Cascadilla Press
First distributed as a poster presented at The Boston University Conference on Language Development (BUCLD 32). (Nov. 2, 2007, Boston University, Boston, MA, USA)

五十嵐陽介、馬塚れい子(2006b)
[Invited]「母親特有の話し方(マザリーズ)は大人の日本語とどう違うか−理研日本語母子会話コーパス−」
『電子情報通信学会技術研究報告』106(443), 31-35. (SP2006-90)
第8回音声言語シンポジウム, 言語理解とコミュニケーション(12月21-22日: 於名古屋大学)

Mazuka, Reiko, Yosuke Igarashi and Ken'ya Nishikawa (2006)
Input for learning Japanese: RIKEN Japanese Mother-Infant Conversation Corpus
The 6th International Workshop on Evolutionary Cognitive Sciences: Human Sentence Processing and Production. (July 14-15, 2006, University of Tokyo, Tokyo, Japan)

Igarashi, Yosuke and Reiko Mazuka (2006)
Speech rate in Japanese infant-directed speech is NOT slower than adult-directed speech
International Conference on Infant Studies (ICIS). (June 19-22, 2006, Westin Miyako Hotel, Kyoto, Japan)

その他

尹帥・里麻奈美・五十嵐陽介・酒井弘
「アクセント情報は単語認知にいつ・どのように利用されるのか―日本語における人工語彙の学習と視線計測を通した検討―」
JSLS 2012 Conference Handbook
言語科学会(6月30日:於名古屋大学)

金英周・五十嵐陽介・酒井弘(2012)
「韓国語/朝鮮語「属格主語節」の統語構造―韻律的特徴を手がかりとして―」
『日本言語学会第144回大会予稿集』
日本音声学会(6月16日:於東京外国語大学)

郭侃亮・酒井弘・五十嵐陽介(2011)
「中国語を母語とする日本語学習者の音声における語頭の韻律的特徴:日本語母語話者との比較を通して」
『電子情報通信学会技術研究報告』 TL, 思考と言語111(170), 13-18
電子情報通信学会思考と言語研究会、MAPLL共催研究会(8月5日:於広島大学)

text 武内真弓・五十嵐陽介(2010)
「中国語普通話の軽声にみられる特異な声調実現:人称代名詞,および軽声が連続する場合」
『第24回日本音声学会全国大会予稿集』: 19-24
日本音声学会(10月10日:於国学院大学)

text 武内真弓、五十嵐陽介 (2009)
中国語普通話におけるshenmeとzenmeの声調の特異性:音響分析と音韻論的解釈
『第23回日本音声学会全国大会予稿集』: 75-80
日本音声学会(9月27日:於九州大学)

paper Menezes, Caroline and Yosuke Igarashi (2006)
The speech laugh spectrum
Proceedings of the 6th International Seminar on Speech Production: 157-524
The 6th International Seminar on Speech Production (ISSP). (Dec. 13-15, 2006, Ubatuba-SP, Brazil)

その他

ロシア語イントネーション

五十嵐陽介 (2005a)
「ロシア語イントネーションの音韻論」
東京外国語大学博士論文, 東京外国語大学大学院地域文化研究科.

五十嵐陽介 (2004b)
「ロシア語における2種類の下降イントネーションパタンとその弁別特徴」
ロシア語研究会(木二会)定例研究会(7月24日:於東京外国語大学

五十嵐陽介 (2003g)
「ロシア語の疑問文イントネーション」
通言語音声研究第1回研究報告会, 21世紀COEプログラム「言語運用を基盤とする言語情報学拠点」(10月28日:於東京外国語大学

五十嵐陽介 (2003c)
「声域変化によるロシア語イントネーションパタンの変異」
ロシア語研究会(木二会)定例研究会(8月6日:於東京外国語大学

五十嵐陽介 (2003a)
「ロシア語上昇アクセントの不変特徴」
ロシア語研究会(木二会)定例研究会(6月7日:於東京外国語大学

五十嵐陽介(2002a)
「ロシア語におけるイントネーションの自律分節音韻論的考察」
東京外国語大学修士論文, 東京外国語大学.

五十嵐陽介 (2001b)
「ロシア語におけるイントネーションの中和」
ロシア語研究会(木二会)定例研究会(8月6日:於東京外国語大学

日本語(標準変種)アクセント・イントネーション

前川喜久雄、五十嵐陽介、菊池英明、米山聖子 (2004)
「『日本語話し言葉コーパス』の韻律ラベリング:X-JToBI概説」
『日本語話し言葉コーパス』添付マニュアル, 文部省科学技術振興調整費開放的融合研究制度「話し言葉の言語的・パラ言語的構造の解明に基づく『話し言葉工学』の構築」

菊池英明、五十嵐陽介、米山聖子、藤本雅子、前川喜久雄 (2003)
「『日本語話し言葉コーパス』の音声ラベリングについて」
『国立国語研究所平成15年度公開研究発表会予稿集』
国立国語研究所平成15年度公開研究発表会(12月20日:於国立国語研究所

日本語方言アクセント・イントネーション

slide handout 五十嵐陽介、田窪行則、ペラール・トマ (2011b)new
南琉球宮古語池間方言における アクセント型の中和と合流
「日本語レキシコンの音韻特性」第3回研究発表会(11月23日:於:九州大学箱崎キャンパス)

五十嵐陽介、田窪行則、林由華、久保智之 (2012a) new
「琉球宮古語池間方言の三型アクセント体系」
上智大学音声学研究室研究会 (2011年3月8日:於上智大学)

五十嵐陽介(2011)new
「日本語諸方言のイントネーションを記述する」
第2回筑波音声学・音韻論セミナー (2011年11月20日:於筑波大学)

五十嵐陽介、田窪行則、林由華、久保智之 (2011a) new
「琉球語宮古池間方言の三型アクセント体系」
「日本語レキシコンの音韻特性」・「消滅危機方言の調査・保存のための総合的研究」合同研究会 (2011年7月17日:於国立国語研究所)

五十嵐陽介 (2010f)
「統語論と韻律との写像関係の方言差」
コーパス日本語学の創成研究発表会 (2010年12月17日:於国立国語研究所)

Yosuke Igarashi(2010c)
Is syntactic branching structure mapped onto the prosodic structure in the Kinki dialect?
Weekly Meeting at Laboratory for Languguge Development (2010年8月17日:於理化学研究所脳科学総合研究センター言語発達研究チーム)

五十嵐陽介 (2010a)
「方言イントネーションを記述する」
第1回日本言語文化教育学研究会 (2010年6月3日:於広島大学教育学研究科)

五十嵐陽介 (2007b)
「日本語諸方言のイントネーションの類型論構築に向けて」
国立国語研究所研究会議(2月28日:於国立国語研究所

abstract slide Igarashi, Yosuke (2006e)
[招待講演]'Rising' pitch accent of Goshogawara Japanese?
高麗大学 民族文化研究院(11月24日:於大韓民国ソウル)

マザリーズ(対乳児発話)

Igarashi, Yosuke and Reiko Mazuka (2007)
[招待講演]Exaggerated prosody in infant-directed speech? Intonational phonological analysis of Japanese infant-directed speech
BUCLD 32のポスターの内容を拡大して講演
Talk presented by Department of Linguistics, University of North Carolina at Chapel Hill. (Nov. 5, 2007, University of North Carolina at Chapel Hill, Chapel Hill, NC, USA)

Igarashi, Yosuke, Ken'ya Nishikawa and Reiko Mazuka (2005)
RIKEN Mother-Infant Conversation Corpus
8th BSI Retreat (10月31日-11月2日:於鬼怒川グリーンパレス

その他

秋山真一、五十嵐陽介 (2008)
『通訳ガイド試験:単語必携(日・英・露・葡)』
通訳ガイド試験用単語集, 担当箇所=ロシア語, 九州通訳・ガイド協会 Kyushu Interpreters & Licensed Guides Association(KILGA)

五十嵐陽介、小川暁道、中澤英彦 (2003)
「TUFS言語モジュールロシア語発音編」
21世紀COEプログラム「言語運用を基盤とする言語情報学拠点」 TUFS言語モジュール 東京外国語大学大学院地域文化研究科

ホーム(五十嵐陽介)に戻る