新潟県弥彦村、三条市と出雲崎町

 駆け足で、回ってきました。新潟県のおよそ中央に位置するこの地域は、北陸自動車道と磐越・関越自動車道が交差し、上越新幹線が通る交通要所の地です。

弥彦村
 日本一の大鳥居をくぐると、越後一宮弥彦神社(おやひこさま)があります。杉林に囲まれた本堂の背景には弥彦山がそびえ、そこには自然との見事な調和が描き出されています。まるで絵はがき、という言葉がぴったりの景勝地です。


 三条市
 300余年の伝統ある「金物のまち」で知られるこの地には、法華宗総本山本成寺など数々の名刹があります。本成寺は、とにかく迫力いっぱいの建物です。


 出雲崎町
 佐渡島を沖に見て、夕暮れの海岸線を走るドライブは最高。あなたも水平線に沈む太陽を眺めてみませんか。雲と海、光と陰、沈みゆく太陽が織りなすダイナミックな映像の変化が、きっと感動を与えてくれます。




back