地域住環境建築研究所
本文へジャンプ
 
 

 本来、建築やまち(づくり)は、そこに住む人やその建物を使う人々の幸せのために、そしてその地域にかかわる人々のために創られるべきではないでしょうか。
 私たち、「地域住環境建築研究所」では、常に住む人・使う人の立場に立った設計を心がけ、「住んで気持ちの良い家」・「使って心地よい建築」を目指して建築設計・監理やまちづくりの活動を行っています。

 「気持ちの良い建築」は、住まい手(使い手)との密度の濃い対話から生まれます。
 新しい住まいへの夢、生活観、自分たちの家族像、さらには教育論や宗教観など、多くを語っていただく事が肝心です。
 そして、それらの思いを昇華させ、私どもと住まい手である家族全員のみなさんとで、共に考え一緒につくる建築づくり・家づくりをしたいと考えています。

 「気持ちの良い建築」は地域性の重視から生まれます。
我々の豊かな大地”くびき野”の気候・風土をきちんと把握し、自然環境を上手に取り込んだ建築、人工的な設備機器を多用する快適さより、自然で自由な空気が流れるような、心地よさを求めた設計を心がけています。
 また、木の家づくりを通して、「地域産材の活用」や「伝統工法による設計」の取り組みも研究しています。

 「気持ちの良い建築」は、周辺環境への配慮から生まれます。
 新しく建てた建物は、その土地の”景色”を創ります。
 景色の一部となる建物の外観は、とても大切な景観の要素であり、実は貴方のものでありながら、みんなのものでもあるのです。
 私たちは、質の高いデザインを提供すると共に、周辺との調和や街並みへの配慮にも心がけたいと考えています。

くびき野の自然を生かした家づくりに取り組んでいます。
気持ちの良い建築を目指して
住まい手と一緒に考える建築づくり
”くびき野”の風土に根ざした建築づくり
建築づくりからまちづくりへ