ようこそ
にしむら小児科のHome Pageへ 
にしむら小児科 大阪府 柏原市 病児保育 発達支援 障害児、ADHD




とある小児科医が
めちゃめちゃ真剣に子どものことを考えて
作ったHPです.

お子さんの病気,子育ての参考にして下さい.

お子さんの病気で悩んでるお母さん
読めばきっと気持ちがらく~になるよ!


かうんたーだよ






当院の診療方針について

当院は赤ちゃんの風邪には抗生物質,風邪薬は処方しておりません.
ほとんどの飲み薬は無駄ですし,将来のためには
飲ませない方が良いからです.

薬がなくても治るって分かってるお母さんは,とっても明るいです.
ぜひ,風邪みたいな軽い病気は怖がらず,子育てを楽しめるようになって下さい.
そのためには,お子さんの病気はできる限り自然に治すことです.


2017年4月のお知らせ
(2017.3.25更新)

4月15日(土)は休診です.
22日(土)は大川先生の代診になります.


4月から木曜日午後も診療します.
水曜日午後は代診になります.
以前柏原病院小児科に勤務していた大川先生に診察してもらいます.)

保育所へのお迎えサービスも,月曜日〜金曜日まで
毎日可能になります.


小児科の電話受付が15分早まって,午前8時からになります.


保育所入所を希望しておられる方の

見学を受け付けています.


0歳児,2歳児のクラスは
まだ余裕があります.


発達支援ルーム“みらい”の受付について

3月15日(水)の予約電話から、
言語訓練の新規受付がしばらくできなくなります.
ご了承下さい.



赤ちゃんの湿疹が気になる方は
とりあえずここ↓を読んで下さい.




湿疹と食物アレルギー



アレルギー予防のためにできること



アレルギーへの理解不足が
子ども達のアレルギーを作ってしまっています.

食物アレルギーが増えた理由

赤ちゃんで食物除去もしくは食物制限している
お子さんはご相談下さい.
食物アレルギーは必ず治ります.


小児科診療についての新しい本を
出版しました.

現代的小児医療の決定版!
子どもを見る視点が変わりますよ.たぶん.




内容は医師向けなんですけど,一般の人が
読んでも面白いと思います.
乳児湿疹や赤ちゃんのアレルギーで悩んでるお母さんはぜひ



↓スケジュール作りました.
3月以降も順次作っていきます.







↓最近書いた文章です.
中耳炎と抗生物質について
(多くの中耳炎に抗生物質は不要です.)

乾燥肌のケア ベルツ水の使い方


一般診療でも送迎ができるようになりました..
お気軽にご利用下さい)

送迎サービスの内容



食物制限を行っているお子さんの治療を行っています.
食べさせないことは,食物アレルギーの重症化につながってしまいます
2歳までなら,食物少量負荷でほとんどのお子さんは
食べられるようになります.

卵,牛乳,小麦など,制限を行っているお子さんは
相談下さい.

負荷ご希望の方は相談して下さい.負荷の詳細はここ



↓院長が書いた本です.

医師向けですが,一般の人が読んでも面白いですよ.
興味のある方はポチって下さい.




風邪であっても,とにかく薬を処方する,とにかく薬を飲ませるのが
いまの小児医療のスタンダードになっています.

日本の医療制度では,どうしても過剰診断,過剰治療となりがちになってしまうのです.
それは子ども達にとって,決して良いことではありません.
医師も保護者も意識改革を行って,小児医療をもっと子ども中心に変えて行きましょう.

こういった考えは,10年前はごく少数派でした.
しかし,徐々に全国の小児科医の間に広がっていってます.
子ども達の医療がもっと良くなるように,ご支援をよろしく御願いします.








にしむら小児科が行っている事業です.

病児保育室「げんきっ子」
          
(保育所に行けない病気の子どもさんを預かる施設です)
             入室前する際には,にしむら小児科を受診して下さい.

              
保育所へのお迎えサービスについて

小規模認可保育所「つくし」
        (
0歳児から3歳児までのお子さんのための保育所です.)
             ※初めての集団生活は小規模なところがお勧めですよ.

発達支援ルーム「みらい」
     
(発達障害児の検査、療育、訓練を行う施設です





診察時間
一般外来 9:00〜12:00
乳児健診 14:00〜
健康外来 16:00〜
一般外来 17:00〜19:00

当院は予約制となっています.
 予約用電話 072-978-6597 072-976-1186(Fax兼用)
受付 午前8時〜

みらい専用電話 070-5454-0720


※午前・午後の一般外来は,普通の小児科の外来です.
感冒やアレルギー,ちょっとした怪我など
何でも受診して下さい.

※健康外来は,ワクチン,健診,アレルギーの負荷試験等
感染症ではない子供さんのための外来です.



病児保育室の利用について

病児室ご利用の方は,8時30分頃に来て下さい.
診察前に感染症の検査を受けたり,書類を書いてもらう必要があります.
8時45分頃から診察しますので,その後に入室して頂くことになります.

※予約がいっぱいでお預かりできないことがあります.
ご了承下さい.


発達支援ルームの初診について

現在初診の受付を一時ストップしております.
ご了承下さい.


発達外来は小学校入学までのお子さんで
柏原市,八尾市,藤井寺市に居住されている
お子さんを主な対象にしています.
小学生高学年は対応できませんので,児童精神科を受診して下さい.




ワクチンデビューは、生後2か月の誕生日



ワクチンスケジュール(1歳まで)

ワクチンスケジュール(7歳まで)


KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

ワクチンによる免疫は、子どもの生涯の宝です.

※普段の診療に,ワクチンの接種歴は欠かせないものです.
ずっと診てもらっているかかりつけ医での接種するように
して下さいね.




感染症発生動向(毎週火曜日更新)



熱型表をダウンロードできるようにしておきました。
熱が出れば、印刷して付けて下さい。
経過が分かりやすいと思います。


以下は色々な病気の考え方を書いています.

かぜ症状なら


乳幼児はよくかぜを引きます。
しかし、かぜによって得られる免疫は
子どもにとって生涯の宝となります。


まずはここを読んでください!

かぜについて


プライマリーケアの治療を考え直そう(医師向け)
(PDFファイル)


小児上気道炎および関連疾患に対する抗菌薬使用ガイドライン
(医師向け)


鼻副鼻腔炎について
   乳幼児の潜在性菌血症


咳嗽診療を見直してみませんか?(医師向け)


「咳止めのテープ」に効果はあるか?


季節ごとの代表的なウイルス感染の
解説を書きましたので,読んでおいてください.

季節と気道ウイルス感染症

RSウイルス感染症  溶連菌感染症

インフルエンザの分かりやすい解説

熱型表






ぜいぜいを繰り返す子どもさんへ

赤ちゃんのぜんそく?

咳と喘鳴について  気管支喘息にならないために


小児気管支喘息ガイドラインの問題点について(医師向け)


おう吐、下痢がひどいとき

感染性胃腸炎について


その他


夜尿症の治療

発達障害について,某誌に書いた文章です.
発達しょうがいって?

こころが強い子どもに育てよう


アレルギー
子どもの病気はほとんどが自然に治ります。
わが国の小児医療は、この最も大事な視点が欠落しているために
様々な矛盾を抱えています。

In Pediatrics, less is often better
We need to work to change the perception of parents
about the limitations of modern medicine
so that they realize
that “doing nothing” is often better
than “doing something” for their children.
James A. Taylor, MD
Child Health Institute
アレルギー



雑文を書いております.

このHPを応援してくれる人へ

風邪薬なんて要りません!!




遊びに行きたいお母さんのために
子連れのための遊び場ガイド
(大阪近郊限定)

 


にしむら小児科のプロフィール


筆者のプロフィール
アレルギー

アレ

 



ワクチン効果判定用


害児
にしむら小児科 大阪府 柏原市 病児保育 発達支援 障害児
にしむら小児科 大阪府 柏原市 病児保育 発達支援 障害児