食物アレルギーは気になりますね.

小さい頃に湿疹が強いと,食物アレルギーを発症することがあります.
詳しいメカニズムはこっち

食物アレルギーがこれほど話題になる前,アレルギーのお子さんは少なかったのです.
なぜ最近は増えたのでしょうか?

実は赤ちゃんの頃から食物アレルギーを意識し,制限する人が増えたというのが原因です.

アレルギーにスポットが当たり,重症化することがあると様々なメディアで言われるようになると,怖くなってしまうでしょう.
すると,赤ちゃんに“卵を食べさせれば顔が赤くなった”という軽微な症状だけでも制限食をすることが普通になってしまいました.乳児期は一生のうちでもっとも免疫を作る時期なのです.そこで制限してしまうと,うまく免疫ができません.

※生後6か月までに卵を食べたお子さんと1歳まで食べさせなかったお子さんを比較すると,アレルギーの発症率は5倍以上もの差があります.

実際は食物アレルギーって,そんなに怖い病気じゃないのですけどね.
アナフィラキシーのことを考えると,抗生物質などの医薬品の方がずっと危ないですよ.
詳細はこっち

また,湿疹が強い子では,卵だけでなく,ミルク,小麦など様々な食物に対するアレルギー抗体を持っています.現在は血液検査が手軽にできるようになり,アレルギー抗体を測定することができるようになりました.すると,湿疹がアレルギーが原因で起こっていると勘違いされて,「食べさせない」という指導が行われることが多いようです.

※湿疹の原因は皮膚が弱いことです.アレルギーが原因になることはほとんどありません.

これもアレルギーが増えてしまった原因です.検査ができるようになったことが,かえって病気を増やしてしまったのですね.

とは言え,アレルギー抗体があるとき,自宅で試すのは不安でしょう.
ちょっと顔面が赤くなったりするくらいなら良いのですが,全身のじんましんが出たり,のどがヒューヒュー鳴ってくると,慌てて病院に行かなくてはいけません.

そこで当院では,安全に食べさせて,しかもアレルギーを防ぐように低年齢からの食物アレルゲンの少量負荷をお勧めしています.
レシピは以下の通りです.



2.5mgミックスパウダー


卵 0.5g
小麦 0.5g
粉ミルク 1.5g
そば粉 0.5g
きな粉 0.5g
ピーナッツ粉 0.5g
ラックビー 5.0g 
ミヤBM 5.0g
ビオフェルミン 6.0g    0.1g ずつ分包 (各2.5mg ミルクのみ7.5mg)



7.5mgミックスパウダー


卵 1.0g
小麦 1.0g
粉ミルク 3.0g
そば粉 1.0g
きな粉 1.0g
ピーナッツ粉 1.0g
ラックビー 4.0g
ミヤBM 4.0g
ビオフェルミン 4.0g    0.15g ずつ分包 (各7.5mg ミルクのみ22.5mg)


20mgミックスパウダー

卵 2.0g
小麦 2.0g
粉ミルク 5.0g
そば粉 2.0g
きな粉 2.0g
ピーナッツ粉 2.0g
ラックビー 1.5g
ミヤBM 1.5g
ビオフェルミン 2.0g    0.2g ずつ分包 (各20mg ミルクのみ50mg)



↓見た目はこんな感じです.
下のスプーンで食べさせます.

初回は来院してもらい,院内で食べてもらいます.多くは口の周りが赤くなりますが心配要りません.その後は自宅で毎日飲ませて下さい.自宅で食べさせるのはいつでも連絡が取れる平日の午前中が良いと思います.

軽症のアレルギー症状であれば食べさせている間に出なくなってしまいます.それを見計らって,アレルゲンの負荷量を2.5mg⇒7.5mg⇒20mgへと徐々に増やしていきます.
(概ね2週間毎です.)

食物以外に入っているのは,腸内細菌の薬です.善玉の腸内細菌を飲んでもらうことで,腸内に定着しやすくするのです.

※赤ちゃんは生まれたてのときに体に入った細菌を自分自身と認識します.これを免疫寛容と言いますが,もともとは抗体が自分自身を攻撃しないようにする仕組みです.お母さんからは,腸内細菌や皮膚の細菌など,様々な微生物が移行します.これらの細菌は免疫寛容によって体の中に定着していくのです.今は過度な清潔指向や消毒,抗生物質の使いすぎで,体の中の菌が減ってしまっています.ですので,ある程度は人工的に投与しておいた方が良いわけです.

20mgの負荷をある程度続けた後に,加熱した卵白やパン,牛乳などを院内で食べさせてみます.
何も症状が出なければ終了です.その後はできるだけ自宅で食べさせて下さい.

制限を行うより色々なものを食べた方が将来のアレルギーは少ないし,育児が楽しめるでしょう.当院はそのお手伝いをしたいと思っています.

※稀ですが強いアレルギー症状が出ることもあります.アレルギーと分かっているお子さんではご自分の判断で行わないで下さいね.


Top




アレルゲン少量負荷について