病児・病後児保育室「げんきっ子」

病児・病後児保育室とは

 保育所に通所している子どもが病気になり、通常の保育所に預かってもらえない時に、
代わってお子さんをお預かりする保育室です。感冒で発熱した場合、みずぼうそう、
おたふくかぜにかかって、隔離が必要となった場合が対象となります。
仕事を持っているお母さんが、急な呼び出しがあったり、子どもの世話のために何日も
休むことになると、仕事を続けていくのが困難です。
そのようなお母さんを助けるための施設です。


利用対象児:病気あるいは病気の回復期にあり、保護者が勤務の都合で家庭での保育ができないとき

対象年齢:生後6ヵ月から小学校6年生まで

利用時間:月曜日〜金曜日 午前8時30分から午後5時30分 前後1時間の延長保育も可能です。


定員:6名


入所前の受診について:
病児室入室にあたっては,お預かりできるかどうか,隔離の判断等が必要なために,診察を受けて頂きます.
お急ぎの方は通常の診療前に診察しますので,朝8時30分に来て下さい.
(院長の到着しだい診察します.)

他院で診察を受け,治療中のお子さんも診察後にお預かりすることになります.
※診察や検査の結果ではお預かりできないこともあります.ご了承下さい


申し込み用紙です.記入してお持ち下さい.
様式1

様式2

生活保護受給世帯もしくは市町村民税の非課税世帯の方は様式4もお書き下さい.
様式4


保育所へのお迎えサービスについて

 保育室です。床暖房で冷たくないよ。

  調理室です。調理しながらでも保育室を見ることができます。

  感染症の子どもさんのために隔離室が3室あります。


場所:国分本町3丁目9番3号 にしむら小児科内

 TEL 072-978-6597  Fax 072-976-1186

利用料:1日2000円(市内) 3000円(市外) 延長1時間500円 飲食費400円 
生活保護、市民税非課税世帯は利用料が免除されます。

※医療費は別途必要です。

※最低限必要なワクチンを接種していない子どもさんはお預かりできません。他の子どもさんに感染する恐れがあるためです。ご了承ください。