乳幼児の潜在性菌血症について

ここでは、乳幼児で熱が出たとき、一番気を付けないといけない病気を書きます。

乳幼児の熱のほとんどはカゼによるものです。別ページでも説明していますが、カゼはウイルスによるもので、危険なものではありません。小さいうちに何度もカゼをひくことで、体を強くしてくれるわけです。

発熱を繰り返す子どももいますが、そういう子ほど、将来は強くなるのです。心配要りません。

しかし、小さい子で熱が出たとき、気をつけないといけない病気もあります。

その代表が潜在性菌血症です。単に菌血症でも構いません。

聞いたことない?これって割とポピュラーな病気なのですが、あまり有名でないので、ここで解説しておきます。

小さい子どもさんがカゼを引くと、鼻副鼻腔炎を起こします(右図C)。
鼻副鼻腔の白いところは、分泌物が溜まっているわけですが、ここは酸素が少なく、体温(37℃)で、栄養分もたっぷり。細菌が住み着くのに最適な環境なのです。

危険な細菌は、肺炎球菌とヒブ菌です。


カゼを引く⇒鼻副鼻腔炎で分泌物がたまる⇒そこに肺炎球菌、ヒブ菌が付きます。

特に上に兄弟がいる子、保育所に行ってる子どもは下記のように肺炎球菌とヒブ菌が鼻に住んでいます。これを保菌者と言います。

保育所などではほぼ全員が保菌者ですから、通所し出すとあっというまに鼻につきますね。



この状態からあるきっかけで菌血症が起こってきます。症状は突然の発熱です。
保菌者になると、菌血症は予測できませんので、高い熱がでると注意しないといけません。



菌血症も実は高熱が出ることで細菌が生きていけないために、自然に治ることが多いのです。
しかし、一部は血液の中から体中の様々な場所に入り込みます。

一番危ないのが髄膜炎です。その他にも肺炎や、急性喉頭蓋炎という恐い病気もあります。

こういった菌血症を防ぐために、ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチンをできるだけ早く接種するようにして下さい。

また、ワクチンを接種すれば、周囲の子どもたちや大人に菌をうつさなくなるという効果もあります。
特に老人は、肺炎球菌による感染症は危ないので、気をつけてください。



Top