6/23 阪神11R 第60回宝塚記念(G1)
右芝2200m内 発走15:40 投票コード09#


馬名馬齢重量騎手所属・厩舎脚質前3走
キセキ      牡5 58 川田将栗東・角居勝逃差東2 山5 阪2
レイデオロ    牡5 58 ルメー美北・藤沢和差し東1 山2 UAE6
エタリオウ    牡4 58 横山典栗東・友道康追込京2 山2 京4
アルアイン    牡5 58 北村友栗東・池江寿差し京3 中5 阪1
 タツゴウゲキ   牡7 58 秋山真栗東・鮫島一差し×新1 阪10 阪15
 スティッフェリオ 牡5 58 丸山元栗東・音無秀差し島1 倉1 阪7
マカヒキ     牡6 58 岩田康栗東・友道康追込山10 京3 阪4
 ショウナンバッハ 牡8 56 吉田豊美北・上原博追込新10 東3 東4
 クリンチャー   牡5 58 三浦皇栗東・宮本博差し山15 山7 京10
 10ノーブルマーズ  牡6 58 高倉稜栗東・宮本博追込京4 京9 阪5
11スワーヴリチャード牡5 58 Mデム栗東・庄野靖追込東3 山4 UAE3
12リスグラシュー  牝5 56 レーン栗東・矢作芳追込HK2 中2 HK3
  
馬番連単 4,1,12,3のBOX 7=4,1-4,1,12,3,2,11

ニ馬番連単 4,1,12,3のBOX 7=4,1

ニ枠番連複 4,1,8,3のBOX 1,4-6


 ファン投票1位のアーモンドアイや中山GJを勝ったオジュウチョウサンは回避し12頭に減ったものの、それなりに濃いメンバーは集まっているのでその分盛り上げてくれよう。上半期のG1レースもドバイでアーモンドアイが勝ち安田記念も制覇と思いきや高速馬場に泣かされて3着に敗れた、その他の馬もウインブライトが香港で勝ったが日本国内のG1レースを含めて2勝してる馬はいない。大阪杯を勝ったアルアインがここを勝てば一歩リードするが周りを見れば曲者ばかり予断はできない。シルバーコレクターのエタリオウは6月から勝ち数によってクラス分けされたが1勝馬なのに賞金稼いだおかげでオープン馬どころかグレード常連馬の扱いと陣営にとっては複雑な感情を抱くだろうし、ファン投票順位が3ケタのタツゴウゲキは去年の宝塚記念以来1年ぶりの出走だがローカル重賞を2本取ってる馬ゆえ去年の惨敗をそのまま評価する訳にもいかない。海外遠征組も成績のムラが多いし騎手も外国人騎手を乗せては鞍上強化してきている。おそらくキセキやレイデオロが人気になると思うが鉄板には至らないし結局のところ、ここ5戦のうち着を拾っているものから選んで箱狙いにする。国内に専念し大阪杯を使った上位馬が体力のロスは少ないように思われる、とりわけ4着だがマカヒキの後方一気の脚で宝塚で奇跡の復活を見せてスランプを脱出してほしい。

メインメニューへ


川崎・関東オークスへ

門別・北海道スプリントCへ

東京・安田記念へ

浦和・さきたま杯へ

東京・日本ダービーへ

東京・オークスへ

東京・ヴィクトリアMへ

船橋・かしわ記念へ

東京・NHKマイルCへ

園田・兵庫チャンピオンシップへ

名古屋・かきつばた記念へ

京都・天皇賞[春]へ

船橋・マリーンCへ

中山・皐月賞へ

中山・中山Gジャンプへ

大井・東京スプリントへ

阪神・桜花賞へ

阪神・大阪杯へ

中京・高松宮記念へ

高知・黒船賞へ

名古屋・名古屋大賞典へ

船橋・ダイオライト記念へ

川崎・エンプレス杯へ

東京・フェブラリーSへ

佐賀・佐賀記念へ

川崎・川崎記念へ

大井・TCK女王盃へ