6/2 東京11R 第69回安田記念(G1)
左芝1600m 発走15:40 投票コード05#


馬名馬齢重量騎手所属・厩舎脚質前3走
 ケイアイノーテック牡4 58 幸英明栗東・平田修追込阪6 東10 京6
アエロリット   牝5 56 戸崎圭美南・菊沢隆逃げ京12 USA9 東5
 サクラアンプルール牡8 58 横山典美北・金成貴追込山7 山5 山3
サングレーザー  牡5 58 岩田康栗東・浅見秀追込東2 HK4 阪12
インディチャンプ 牡4 58 福永祐栗東・音無秀差し阪1 東1 京4
 グァンチャーレ  牡7 58 松岡正栗東・北出成逃差京6 京1 京2
モズアスコット  牡5 58 坂井瑠栗東・矢作芳追込京13 HK7 京7
ステルヴィオ   牡4 58 レーン美北・木村哲差し京1 山3 阪14
 スマートオーディン牡6 58 池添謙栗東・池江寿追込×京10 阪1 東7
 10フィアーノロマーノ牡5 58 北村友栗東・高野友差し×京4 阪1 山1
 11エントシャイデン 牡4 58 田辺裕栗東・矢作芳追込東1 阪5 東11
 12ロードクエスト  牡6 58 石川裕美南・小島茂追込阪4 山6 東12
 13ペルシアンナイト 牡5 58 Mデム栗東・池江寿差しHK5 中4 阪11
14アーモンドアイ  牝4 56 ルメー美北・国枝栄差し京1 東1 UAE1
15ダノンプレミアム 牡4 58 川田将栗東・中内田差し東6 中1 京1
 16ロジクライ    牡6 58 武豊 栗東・須貝尚自在阪3 中8 東3
  
馬番連単 14-15,8,7-15,8,7,5,4,1 15,8,7,5のBOX

ニ馬番連単 14-15,8,7 15,8,7,5のBOX

ニ枠番連複 7-8,4 8,4,3のBOX 4-4


 どうもこの時期は物騒な事件が起きており川崎の事件は余りにも痛ましすぎる。その上多くの人を刺した後に躊躇無く自ら頸を切り喜んで血を流したことに恐怖を感じるのである。被害に遭われた方は哀悼の意をささげたい。大阪の小学校での殺害といい、秋葉原での殺傷事件といい、犯行する側は社会的な身分や経済力だけでなく生命まで放棄して行動する「無敵化」している人間が存在する以上、日本は安全な所は無いと想定して自分の身を守るすべを持たないといけないと同時に感じるものである。(ただ、その手の事件は昔からあり、最近の残忍な描写を自主規制するあまりに報道を細かくされてないのが現状である。ちなみに秋葉原の事件は安田記念と開催が重なった日で小生も私用で行く予定だったが別の仕事が入り避けられた格好になった。)
 安田記念のメンバーを見ると海外からの遠征帰りの馬が多数おり、足慣らしをするにはちょうどよい間隔でここにきているのか。アーモンドアイも例外でなくドバイでG1タイトル取ったにもかかわらずマイルの安田記念を使うとなると本気で勝ちにくるのか疑問がある。(日本国内に専念するよりも欧州最強牝馬のエネイブルと対戦の方が期待しているが、7連勝を捨ててまでそれに勝つことに執着するならそれは評価すべきであろう。)距離やコース適性はあるので勝てば圧勝だが、厩舎や馬主の多頭出しくるので他馬にマークされ揉まれて沈んでしまうこともある、ピンロク駆けになるだろうか。ダノンプレミアムもダービーを除いて6勝している馬だが、援軍なくアーモンドアイの外となると似た脚質で追い上げることは出来るか疑問せいぜいマークしてついていくだけか。怖いところは4枠にマイル巧者が入っており去年のマイルCSを勝った8番ステルヴィオと安田記念を勝った7番モズアスコットがいる。いずれもアシスト役は揃えており準備は万端、とりわけサンデー軍団にはアエロリットという逃げ馬がおり内枠にいるので主導権をとっていける。先週の日本ダービーのように大カマシの上番手にハマってくれればヒモ荒れもある。

メインメニューへ


浦和・さきたま杯へ

東京・日本ダービーへ

東京・オークスへ

東京・ヴィクトリアMへ

船橋・かしわ記念へ

東京・NHKマイルCへ

園田・兵庫チャンピオンシップへ

名古屋・かきつばた記念へ

京都・天皇賞[春]へ

船橋・マリーンCへ

中山・皐月賞へ

中山・中山Gジャンプへ

大井・東京スプリントへ

阪神・桜花賞へ

阪神・大阪杯へ

中京・高松宮記念へ

高知・黒船賞へ

名古屋・名古屋大賞典へ

船橋・ダイオライト記念へ

川崎・エンプレス杯へ

東京・フェブラリーSへ

佐賀・佐賀記念へ

川崎・川崎記念へ

大井・TCK女王盃へ

大井・東京大賞典へ

中山・ホープフルSへ

園田・兵庫Gトロフィーへ

名古屋・名古屋GPへ

中山・有馬記念へ

中山・中山大障害へ

川崎・全日本2歳優駿へ

阪神・朝日杯FSへ

船橋・クイーン賞へ

阪神・阪神JFへ

中京・チャンピオンズCへ

園田・兵庫ジュニアGPへ

東京・JAPAN CUPへ

浦和・浦和記念へ

京都・マイルCSへ

京都・エリザベス女王杯へ

京都・JBCレディスクラシックへ

京都・JBCクラシックへ

京都・JBCスプリントへ

門別・北海道2歳優駿へ

東京・天皇賞[秋]へ

京都・菊花賞へ

門別・エーデルワイス賞へ

京都・秋華賞へ

大井・Lプレリュードへ

大井・東京盃へ

盛岡・南部杯へ

船橋・日本テレビ盃へ

金沢・白山大賞典へ

中山・スプリンターズSへ