4/7 阪神11R 第79回桜花賞(G1)
右芝1600m外 発走15:40 投票コード09#


馬名馬齢重量騎手所属・厩舎脚質前3走
 シェーングランツ 牝3 55 武豊 美北・藤沢和追込東1 阪4 阪5
エールヴォア   牝3 55 松山弘栗東・橋口慎自在東3 阪1 山2
 ノーブルスコア  牝3 55 岩田康栗東・藤原英追込京3 京3 阪3
クロノジェネシス 牝3 55 北村友栗東・斉藤崇追込東1 阪2 東1
 ルガールカルム  牝3 55 三浦皇美南・田村康差し東6 東2 山1
 ホウオウカトリーヌ牝3 55 大野拓美南・栗田徹差し山1 山2 阪10
 アウィルアウェイ 牝3 55 石橋脩栗東・高野友差し新1 東2 阪7
グランアレグリア 牝3 55 ルメー美北・藤沢和差し東1 東1 阪3
 アクアミラビリス 牝3 55 Mデム栗東・吉村圭追込東1 山5 京1
 10フィリアプーラ  牝3 55 丸山元美南・菊沢隆追込東3 山1 山1
 11メイショウケイメイ牝3 55 古川吉栗東・南井克差し阪11 京1 阪5
 12ノーワン     牝3 55 坂井瑠栗東・笹田和追込京3 京1 阪1
 13ジュランビル   牝3 55 松若風栗東・寺島良差し京3 阪1 阪3
14ビーチサンバ   牝3 55 福永祐栗東・友道康追込東2 阪3 東2
15ダノンファンタジー牝3 55 川田将栗東・中内田差し京1 阪1 阪1
 16シゲルピンクダイヤ牝3 55 和田竜栗東・渡辺薫追込京3 京1 阪2
17レッドアステル  牝3 55 戸崎圭美北・国枝栄差し   山1 山2
 18プールヴィル   牝3 55 秋山真栗東・庄野靖差し阪5 京2 阪1
  
馬番連単 8=15=4,2,14,17

ニ馬番連単 8=15,4,2,14,17 15=4,2,14,17

ニ枠番連複 4-7,2,1,8 7-2,1,7,8


 今週牡馬相手に破りクリフジ以来牝馬のダービー馬のウオッカ号が蹄葉炎のため死亡(殺処分)の処置が取られた。蹄葉炎はひづめが炎症して患部がだんだん壊死してひづめが取れる病気である。放っておくと身体の重みに耐えきれず暴れ出してしまい狂死に至るのである。人間に置き換えれば、手足の中指一本で爪先立ちの状態で500kgの重さを支えている動物で、人間みたいに骨折したら時安静にすればやがてはつながるが馬の場合は支えきれないので命取りになる。この馬の訃報を聞いては経済動物ゆえの悲哀を感じるものである。
 桜花賞は阪神JFの上位馬やグランアレグリアのように朝日杯FS使って3着に来た馬がやってきて、なおかつトライアルを使ってきた馬や賞金を地道に稼いだ馬も登場しいるので本来ならどの馬が勝ってもおかしくないと言いたいのだが、前述した2歳G1を使った馬の上がり時計がその他の上がり馬と比べて1秒以上抜きん出ている。エールヴォアのようにエリカ賞で逃げ切り勝ちをした馬を除けば残りは差し馬なので追込み勝負となれば揉まれる競馬を経験している2歳G1組出走組が有利である。ダノンファンタジーのようにG1タイトルを取った馬がかなりの人気になるが、1頭だけ牡馬相手にG1を戦ったグランアレグリアは肝が据わっていることを評価したい。朝日杯FSで1番人気になっていたことを考えると牝馬だけのレースなら馬の気持ちも楽になるのではないか。

メインメニューへ


阪神・大阪杯へ

中京・高松宮記念へ

高知・黒船賞へ

名古屋・名古屋大賞典へ

船橋・ダイオライト記念へ

川崎・エンプレス杯へ

東京・フェブラリーSへ

佐賀・佐賀記念へ

川崎・川崎記念へ

大井・TCK女王盃へ

大井・東京大賞典へ

中山・ホープフルSへ

園田・兵庫Gトロフィーへ

名古屋・名古屋GPへ

中山・有馬記念へ

中山・中山大障害へ

川崎・全日本2歳優駿へ

阪神・朝日杯FSへ

船橋・クイーン賞へ

阪神・阪神JFへ

中京・チャンピオンズCへ

園田・兵庫ジュニアGPへ

東京・JAPAN CUPへ

浦和・浦和記念へ

京都・マイルCSへ

京都・エリザベス女王杯へ

京都・JBCレディスクラシックへ

京都・JBCクラシックへ

京都・JBCスプリントへ

門別・北海道2歳優駿へ

東京・天皇賞[秋]へ

京都・菊花賞へ

門別・エーデルワイス賞へ

京都・秋華賞へ

大井・Lプレリュードへ

大井・東京盃へ

盛岡・南部杯へ

船橋・日本テレビ盃へ

金沢・白山大賞典へ

中山・スプリンターズSへ