1/23 大井11R 第22回TCK女王盃(Jpn3)
右ダ1800m外 発走16:10 投票コード33#


馬名馬齢重量騎手所属・厩舎脚質前3走
ビスカリア    牝7 55 森泰斗栗東・山内研追込京6 京2 山8
 マルカンセンサー 牝4 54 的場文大井・高野毅差し井4 川8 井4
エイシンセラード 牝4 54 福永祐栗東・今野貞差し中1 中1 阪1
ワンミリオンス  牝6 56 北村友栗東・小崎憲追込川4 井5 京14
 ガーデンズキュー 牝7 54 笹川翼小分・荒山勝追込井4 井4 井7
ラビットラン   牝5 56 Mデム栗東・角居勝追込川3 門1 京2
 スプリングキャロル牝6 54 吉井章大井・市村誠追込×井8 井8 井6
 クレイジーアクセル牝4 55 御神本大井・渡辺和逃げ川3 川2 川2
 ジュエルクイーン 牝7 55 岡部誠小分・福永敏自在井6 京9 井11
10ブランシェクール 牝6 55 吉原寛大井・藤田輝自在井2 京11 船6
 11アルティマウェポン牝6 54 真島大道営・林和弘追込×門7 井3 船5
 12ラモントルドール 牝5 54 加藤聡名古・今津博自在名3 船8 名9
13アイアンテーラー 牝6 55 浜中俊栗東・飯田雄逃げ京1 京8 船1
馬番連単 6,13,3,4のBOX

ニ馬番連単 6,13,3,4のBOX

ニ枠番連単 5,8,3,4のBOX


 一応JRA賞は決まったが3歳牡馬部門を除いてはほぼ下馬評通りに決まったようだ。3歳牡馬もダービーを取ったワグネリアンもクラシックを走った馬が調整不足に陥り評価を下げた反面、有馬記念で古馬相手に破った点で上昇したと思われる。該当馬無しでもよかったがルヴァンスレーヴもチャンピオンズC(あと南部杯)にてダートの古馬を破ったので無しにするのはまずかっただろうと感じた。ルヴァンスレーヴもノミネートされてたがダート部門の枠があったのでそっちへ振られたようだ。古馬相手に勝てなかったら(南部杯のみだったらダート部門はノンコノユメになってた可能性あったし)3歳牡馬部門にノミネートすらされなかっただろう。(あとオジュウチョウサンも障害戦は1戦だけ中山GJのみの勝利で後半平地戦だけで表彰されるか注視したが有馬大差負けで終わらず9着に収まりそれ以下の着順にG1タイトル馬がいたことを考えると内心ほっとしただろうか。)あとNAR賞ではキタサンミカヅキが年度代表馬になったが、如何に中央の土地で勝つこと及び如何に中央馬を負かすことが通年の課題になろう。
 このレースではクレイジーアクセルとアイアンテーラーの逃げ争いになるが、大外にいる後者が取るだろうか。ただその分コースロスが発生しており体力も消耗しているので、JBCレディス2着のラビットランが差し切るのではないか。3連勝で1000万下条件戦を勝ちあがったエイシンセラードが内枠にいる分ピッタリとマークできればチョイ差しで勢いに乗るか。前回2桁着順だったが成績が4,5着と着は拾っているワンミリオンスの動きに注意。

メインメニューへ


大井・東京大賞典へ

中山・ホープフルSへ

園田・兵庫Gトロフィーへ

名古屋・名古屋GPへ

中山・有馬記念へ

中山・中山大障害へ

川崎・全日本2歳優駿へ

阪神・朝日杯FSへ

船橋・クイーン賞へ

阪神・阪神JFへ

中京・チャンピオンズCへ

園田・兵庫ジュニアGPへ

東京・JAPAN CUPへ

浦和・浦和記念へ

京都・マイルCSへ

京都・エリザベス女王杯へ

京都・JBCレディスクラシックへ

京都・JBCクラシックへ

京都・JBCスプリントへ

門別・北海道2歳優駿へ

東京・天皇賞[秋]へ

京都・菊花賞へ

門別・エーデルワイス賞へ

京都・秋華賞へ

大井・Lプレリュードへ

大井・東京盃へ

盛岡・南部杯へ

船橋・日本テレビ盃へ

金沢・白山大賞典へ

中山・スプリンターズSへ

浦和・テレ玉杯OSCへ

門別・ブリーダーズGCへ

盛岡・クラスターCへ

佐賀・サマーチャンピオンへ

盛岡・マーキュリーCへ

大井・JDダービーへ

川崎・スパーキングLCへ

大井・帝王賞へ

阪神・宝塚記念へ