12/29 大井10R 第64回東京大賞典(G1)
右ダ2000m外 発走16:30 投票コード33#


馬名馬齢重量騎手所属・厩舎脚質前3走
 マイネルリボーン 牡8 57 青柳正金沢・高橋俊差し金6 金3 金5
ケイティブレイブ 牡5 57 福永祐栗東・杉山晴差し船1 京1 中11
 スーパーステション牡4 57 阿部龍道営・角川秀逃げ門1 門1 門1
 モジアナフレイバー牡3 55 繁田健小分・福永敏追込井4 井1 井1
オメガパフューム 牡3 55 Mデム栗東・安田翔追込阪1 京2 中5
エイコーン    牡3 55 岩田康栗東・吉田直追込京1 京1 京1
サウンドトゥルー せ8 57 御神訓船橋・佐藤裕追込井3 船3 京5
 ヤマミダンス   牝4 55 中島龍金沢・中川雅逃差金7 園5 金1
 フレアリングダイヤ牡3 55 井上幹大井・市村誠逃差門3 門2 門1
 10リーゼントロック 牡7 57 松岡正栗東・矢作芳追込阪16 島15 山9
 11クリソライト   牡8 57 戸崎圭栗東・音無秀自在KOR2 中15 浦3
 12ワークアンドラブ 牡3 55 真島大小分・荒山勝追込門2 門1 園2
13ゴールドドリーム 牡5 57 ルメー栗東・平田修差し船1 井1 盛2
 14コスモプラシデス 牡4 57 千田洋大井・秋吉和追込×井8 井16 東13
 15グルームアイランド牡7 57 矢野貴大井・渡辺和追込船3 浦4 井8
16アポロケンタッキー牡6 57 マーフ栗東・山内研追込京13 浦4 中14
馬番連単 13,5,2のBOX 5=6=13,2 13,5,2,6-7=13,5,2,6

ニ馬番連単 13,5,2,6のBOX 13,5,2,6-7

ニ枠番連単 7,3,1のBOX 3-3 7,3,1-4


 昨年にホープフルSが12/28に固定したため、大井競馬など南関東は前々日発売を余儀なくされた。幸いにもここの開催が土日になるので売り上げの差は取り返せると思うが、番組の日程は1年単位で組まれているのでJRAがくしゃみをすることにより競馬業界、引いては公営競技業界まで波及してくるのである。中央と地方競馬が被った場合はナイター開催ができる所は時間帯ずらして「コラボレーション」と称して開催できるが、競輪など他競技との兼ね合いある場合はやむなくぶつかって開催することもある。川崎や高知だと同じナイターの時間帯で競馬と競輪が競合して開催することが何度もあった、北九州の小倉競輪や若松競艇のように同じ市内に他競技の売り場を設けてカバーできればいいのだが更なる変化を望む。
 東京大賞典は公営競馬場では唯一の国際グレード競走(G1)なので発売機の前にある張り紙広告に国際競走と訴えているが、現状はここを勝っても年度代表馬の選定する評価の対象にはならない。何度も書くがJRAは公営競馬に補助金を出しており出走頭数も制限されている、それゆえ7頭しかいないJRA馬に16頭出ることできるJRAの競争と同等にするなとJRA担当の記者まで今でも叩いている。今回はゴールドドリームが対象になるが、南部杯やチャンピオンズCと勝利したルヴァンスレーヴの年度代表馬が確定しておりここを勝っても選ばれない。差し脚は他馬と比べて抜けているがぶっちぎるような圧勝しても当たり前として扱われる。もっともこの馬は去年は逆の立場で、ホッコータルマエの持った最多G1勝利記録を更新したコパノリッキーが煮え湯を飲まされた格好になった。ここを勝ってもゴールドドリーム陣営も複雑な感情を抱かざるをえないだろう。オメガパフュームはJDダービーでルヴァンスレーヴに敗れはしたものの3歳馬のレベルは相対的にあがっているので今後の躍進に期待したい。ケイティブレイブが内枠を得たため主導権は握れるがチャンピオンズCで11着と大敗したのであればここでも捕まるだろう。エイコーンは初オープン馬との対戦でペースに早いペース乗れるか。船橋に移籍したサウンドトゥルーは環境の変化が課題、スーパーステーションやモジアナフレイバーは上がりタイムが足りないしアポロケンタッキーは大外に回り気性面が課題か。

メインメニューへ


中山・ホープフルSへ

園田・兵庫Gトロフィーへ

名古屋・名古屋GPへ

中山・有馬記念へ

中山・中山大障害へ

川崎・全日本2歳優駿へ

阪神・朝日杯FSへ

船橋・クイーン賞へ

阪神・阪神JFへ

中京・チャンピオンズCへ

園田・兵庫ジュニアGPへ

東京・JAPAN CUPへ

浦和・浦和記念へ

京都・マイルCSへ

京都・エリザベス女王杯へ

京都・JBCレディスクラシックへ

京都・JBCクラシックへ

京都・JBCスプリントへ

門別・北海道2歳優駿へ

東京・天皇賞[秋]へ

京都・菊花賞へ

門別・エーデルワイス賞へ

京都・秋華賞へ

大井・Lプレリュードへ

大井・東京盃へ

盛岡・南部杯へ

船橋・日本テレビ盃へ

金沢・白山大賞典へ

中山・スプリンターズSへ

浦和・テレ玉杯OSCへ

門別・ブリーダーズGCへ

盛岡・クラスターCへ

佐賀・サマーチャンピオンへ

盛岡・マーキュリーCへ

大井・JDダービーへ

川崎・スパーキングLCへ

大井・帝王賞へ

阪神・宝塚記念へ