12/23 中山11R 第63回有馬記念(G1)
右芝2500m内 発走15:25 投票コード06#

  
馬名馬齢重量騎手所属・厩舎脚質前3走
 オジュウチョウサン牡7 57 武豊 美北・和田郎逃差山1 島1 東1
 クリンチャー   牡4 57 福永祐栗東・宮本博逃差京3 FRA6 FRA17
モズカッチャン  牝4 55 Mデム栗東・鮫島一差しUAE6 札3 京3
 マカヒキ     牡5 57 岩田康栗東・友道康追込東4 札2 東7
パフォーマプロミス牡6 57 Cデム栗東・藤原英差し東3 阪9 東1
サトノダイヤモンド牡5 57 アヴド栗東・池江寿差し阪6 京1 東6
 サウンズオブアース牡7 57 藤岡佑栗東・藤岡健追込札4 東9 東14
ブラストワンピース牡3 55 池添謙美南・大竹正追込東5 新1 京4
 リッジマン    牡5 57 蛯名正栗東・庄野靖差し東14 札1 山1
10ミッキースワロー 牡4 57 横山典美南・菊沢隆差し阪5 札13 東5
11ミッキーロケット 牡5 57 マーフ栗東・音無秀差し京4 阪1 東5
12レイデオロ    牡4 57 ルメー栗東・藤沢和差しUAE4 山1 東1
 13スマートレイアー 牝8 55 戸崎圭栗東・大久龍追込阪10 京8 京9
 14キセキ      牡4 57 川田将栗東・中竹和逃差東3 東3 東2
15シュヴァルグラン 牡6 57 ボウマ栗東・友道康差し京2 京4 東4
 16サクラアンプルール牡7 57 田辺裕栗東・金成貴差し函2 札6 東6
馬番連単 12,11-12,11,8,15,3-12,11,8,5,3のFORMATION

ニ馬番連単 12,11-12,11,8,5,3のFORMATION

ニ枠番連複 6-6,4,8,2


 オジュウチョウサンが有馬記念に参戦し騎手が武豊に乗るので馬券も相当人気が集中してくるだろう。当時高知競馬でハルウララに武豊が騎乗した状況を思いだすが、100円で記念馬券を買うところに100万円他の馬に逆張りして単勝の売り上げのおかげでメインレース(交流Gの黒船賞)よりも売り上げが上がったとのこと。競馬には真剣勝負の他に興行の面もあり如何に客に魅せるレースをすることで周りを楽しませることができる。これは賭ける対象が馬という動物であるがゆえ、競輪や競艇のような人間を対象とした競技にはできないものが競馬にはある。前日にも競馬開催してるにもかかわらずブルーシートを敷いたりテントを張っているのは人間の携わる競技(野球やサッカー)にはできないだろう。(人間の競技で前日から並ぶのは席の確保を目的としたものが多いので選手への愛情と言うより己の満足の側面が強い。)レースに携わる馬や騎手や主催者以外でも売店に行けばオジュウチョウサンの人形を急遽取り揃えて販売したり、新聞では見出しを全面に出し印の欄には隅っこにあるスタッフの予想に一人だけ◎をポツンとつけて煽ったりすることで盛り上げようとしているのである。(高価な専門紙に馬柱の予想欄に印付けると評論家や記者そのものを疑ってしまうが。)
 今年の年度代表馬はアーモンドアイでほぼ決まりだし(オジュウチョウサンが勝つことになれば大逆転になるが)部門別でも態勢は決まったようなもの(古馬牡馬でもレイデオロに決まるだろうが該当馬無しもあり)、せいぜいレイデオロやミッキーロケットが今年G1勝っているのでそれらのG1上積みのレースになるか。キセキとオジュウチョウサンの逃げ争いになりそうなのでオジュウも34秒台の脚が使えたとならば外枠発走のキセキでは相当ロスが生じ共倒れになるか。(メジロパーマーが大逃げ勝ちしたように、オジュウチョウサンの逃げにキセキが他馬を警戒して控える展開はないだろう。)6枠2頭の他にもシュヴァルグランやモズカッチャンの外国人騎手の忖度無い強襲、着を確実に拾っている3歳馬のブラストワンピースも要注意する。

メインメニューへ


中山・中山大障害へ

阪神・朝日杯FSへ

船橋・クイーン賞へ

阪神・阪神JFへ

中京・チャンピオンズCへ

園田・兵庫ジュニアGPへ

東京・JAPAN CUPへ

浦和・浦和記念へ

京都・マイルCSへ

京都・エリザベス女王杯へ

京都・JBCレディスクラシックへ

京都・JBCクラシックへ

京都・JBCスプリントへ

門別・北海道2歳優駿へ

東京・天皇賞[秋]へ

京都・菊花賞へ

門別・エーデルワイス賞へ

京都・秋華賞へ

大井・Lプレリュードへ

大井・東京盃へ

盛岡・南部杯へ

船橋・日本テレビ盃へ

金沢・白山大賞典へ

中山・スプリンターズSへ

浦和・テレ玉杯OSCへ

門別・ブリーダーズGCへ

盛岡・クラスターCへ

佐賀・サマーチャンピオンへ

盛岡・マーキュリーCへ

大井・JDダービーへ

川崎・スパーキングLCへ

大井・帝王賞へ

阪神・宝塚記念へ