11/18 京都11R 第35回マイルチャンピオンシップ(G1)
右芝1600m外 発走15:40 投票コード08#


馬名馬齢重量騎手所属・厩舎脚質前3走
ステルヴィオ   牡3 56 ビュイ美北・木村哲追込山4 東8 東2
ペルシアンナイト 牡4 57 Мデム栗東・池江寿追込阪2 東6 東5
 アルアイン    牡4 57 川田将栗東・池江寿差しHK5 山2 東4
 ブラックムーン  牡6 57 浜中俊栗東・西浦勝追込東16 中13 東12
 ヒーズインラブ  牡5 57 藤岡康栗東・藤岡健追込東13 山9 東7
ジュールポレール 牝5 55 石川裕栗東・西園正差し阪5 東1 東4
ロジクライ    牡5 57 Cデム栗東・須貝尚差し中2 山3 東1
モズアスコット  牡4 57 ルメー栗東・矢作芳追込京2 東1 京2
 ウインブライト  牡4 57 松岡正美南・畠山吉差し山1 阪12 東10
 10ミッキーグローリー牡5 57 戸崎圭美北・国枝栄差し東3 島1 山1
 11ジャンダルム   牡3 56 武豊 栗東・池江寿追込山9 東17 東7
 12レーヌミノル   牝4 55 四位洋栗東・本田優自在東10 東12 京7
 13レッドアヴァンセ 牝5 55 北村友栗東・音無秀差し阪2 東3 東3
14エアスピネル   牡5 57 福永祐栗東・笹田和差し京2 京3 東4
15アエロリット   牝4 55 ムーア美南・菊沢隆逃差東4 東2 東1
 16カツジ      牡3 56 松山弘栗東・池添兼差し山1 東8 東12
 17ロードクエスト  牡5 57 横山典美北・小島茂追込新5 山4 京1
18ケイアイノーテック牡3 56 藤岡佑栗東・平田修追込山2 東1 東5
 
馬番連単 8,1,2,15のBOX 8=1=7,6,18,14

ニ馬番連単 8,1,2,15のBOX 8=7,6,18,14 1=7,6,18,14

ニ枠番連複 4,1,7のBOX 1-1,3,8 4-4,8,3


 先週の日曜日の京都競馬の勝ち鞍を見ると1R〜11Rまで外国人の騎手ばかりと、いくら優勝劣敗とは言えナショナリストからすれば余りにも情けない結果になってしまった。(これは競輪でも言えることでS級戦でオリンピックや世界選手権にでメダル取った外国人の選手が短期登録して数か月の間に単騎で稼いだりしている。)外国との交流がある以上避けられず現状を受け入れなくてはならないが、(競輪の選手ならより肉体を鍛えないとならない)競馬の騎手なら技量もさることながらフリーが多いので騎手の営業活動もしないと、ますますこのような状況が続くだろう。
 何だか馬の血統や能力を事細かく言っても5人もやって来て勝ち続くようでは馬よりも騎手で買うのは致し方ない。現にG1レースで外国人騎手が勝ってはインタビューに答えている姿は今まで考えていたのは何だか無力さを感じるのである。こうなったら今回も外国人騎手ルメールから狙って安田記念を勝ったモズアスコットが今年の短距離馬部門の勝負駆けに乗っかって見る。同じく1600mでは連を外してないステルヴィオもビュイック騎手に乗り替わっってるが前走はルメールが乗ってた馬で好勝負は期待したい。日本人の巻き返しを期待するなら、女王杯に出ずここにきたジュールポレールの古馬牝馬部門の確定を考えていたが、幸騎手の落馬負傷により石川裕紀人騎手に乗り替わったことで反ってレースで緊張するのではないか。
   

メインメニューへ



京都・エリザベス女王杯へ

京都・JBCレディスクラシックへ

京都・JBCクラシックへ

京都・JBCスプリントへ

門別・北海道2歳優駿へ

東京・天皇賞[秋]へ

京都・菊花賞へ

門別・エーデルワイス賞へ

京都・秋華賞へ

大井・Lプレリュードへ

大井・東京盃へ

盛岡・南部杯へ

船橋・日本テレビ盃へ

金沢・白山大賞典へ

中山・スプリンターズSへ

浦和・テレ玉杯OSCへ

門別・ブリーダーズGCへ

盛岡・クラスターCへ

佐賀・サマーチャンピオンへ

盛岡・マーキュリーCへ

大井・JDダービーへ

川崎・スパーキングLCへ

大井・帝王賞へ

阪神・宝塚記念へ