5/24 東京11R
第81回
優駿牝馬(オークス)(G1)
左芝2400m
発走15:40
投票コード05#
三馬番連単
4,1,3のBOX 4,2,8のBOX
4,1,3-4,1,11-2,5,8,11のFORMATION

ニ馬番連単
4,1,3のBOX 4,2,8のBOX 4,1,3-11

ニ枠番連複
1-2 2-2 2-4
1-4 1-6 2-6


(左から本紙、枠番、馬番、馬名)
○11デゼル      
△12クラヴァシュドール
▲23アブレイズ    
◎24デアリングタクト 
 35ホウオウピースフル
 36リアアメリア   
 47ウインマイティー 
△48スマイルカナ   
 59インターミッション
△510ミヤマザクラ   
△611リリーピュアハート
 612マジックキャッスル
 713ウーマンズハート 
 714フィオリキアリ  
 715チェーンオブラブ 
△816ウインマリリン  
△817マルターズディオサ
 818サンクテュエール 

 今月21日には大阪兵庫京都も非常事態宣言が解除され残りは東京埼玉神奈川千葉の南関東と北海道だけとなった。公営競技業界では早くも大村競艇が県内の人であることを条件に観客入れての開催を始めた、正直競艇場の対応の 早さには驚きを感じている。(現状だと江戸川競艇の対岸の堤防や戸田競艇の対岸道路や近くの橋梁や平和島競艇の橋梁から見る輩も相当いるが。)東京都でも段階的な緩和も進める「ロードマップ」が発表されたが、2週間の感染 状況を基準に三段階に分けて緩和していくとのことで野球やバスケットボールなどのプロスポーツのイベントについては無観客での開催可能となった(ステップ1の段階)。ただしその後感染者が増加傾向にあると判断した場合には 「東京アラート」と称して、ステップ3まで進んでも一気に戻すして規制していくとの内容である。解除後も羽目を外さずマスク着用に"social distance"三密になるなと言いたいのだろう。
 無観客開催のオークスだが、桜花賞2着のレシステンシアがNHKマイルCで走ったものの、半数以上が桜花賞からそのままオークスを使ってくる状況、フルゲートの穴埋めとして上がり馬が入ってきた感じだろう。桜花賞の結果見 るとスマイルカナが逃げてデアリングタクトが追い込んで1着になりスマイルカナは3着に残った。となると無観客開催ではうるさい大歓声が無い分逃げ馬が走りやすく気が散る様子も無く、逃げイチとならばいくらスタミナ重視と はいえ他馬が追い込む脚がなければ桜花賞と同様のパターンになるだろうとみている。もし逃げ馬を後方に沈ませる展開にしていくとならば、桜花賞以外の上がり馬が桜花賞出走組の上がり時計以上の切れ脚を出さないとならない だろう。2勝して無敗馬が2頭でしかも内枠にいるのでそれらの馬が候補になるか。デゼルもアブレイズも社台吉田やノースヒル前田の援軍も揃っておりスタート決めればスマイルカナの番手飛び付く展開になるが内枠の分デゼルが 差し抜けるだろうか、アブレイズはデゼル以上にスタート決めないと脚が持たないか。あと出走馬の中で唯一東京2400mを経験しているリリーピュアハートがゆりかもめ賞を勝っており府中の長い直線を経験している分追込みの刻 み方は経験していると思うので外からの差しを期待。桜花賞を見た限り強烈な追込みは期待できないので着を拾っている馬についてはせいぜい3着には押さえたい。

メインメニューへ


東京・ヴィクトリアマイルへ
東京・NHKマイルCへ