6/26 大井11R
第42回帝王賞(Jpn1)
右ダ2000m外
発走20:05
投票コード33#
三馬番連単
5,11,1,10のBOX

ニ馬番連単
5,11,1,10のBOX

ニ枠番連単
4,7,1,6のBOX


(左から本紙、枠番、馬番、馬名)
▲11チュウワウィザード
△22アポロケンタッキー
 33モジアナフレイバー
 34グレイトパール  
◎45オメガパフューム 
 46サウンドトゥルー 
 57オールブラッシュ 
 58リッカルド    
 69スーパーステション
△610ミツバ      
○711インティ     
 712サブノクロヒョウ 
 813シュテルングランツ
△814ノンコノユメ   

 ゴールドドリームやルヴァンスレーヴが出走を回避したもののG1タイトルを取った馬が7頭も揃っておりその分盛り上げてくれるだろう。宝塚記念の時のように、チュウワウィザードの初G1タイトルの期待の分を含めれば人気は 割れるのではないか。チュウワウィザードも内枠取れたし好位から直線叩けば大井なら直線長いので差し切れるだろう。ただ乗り手の川田騎手がG1タイトルを取れていないので本人のレース感次第か。フェブラリーSを勝ったイン ティは前回のかしわ記念でゴールドドリームに差されて2着に敗れたが、いないとならばスタート決めて主導権取れれば今年2本目のG1は手にするか。ただし2000mは初距離なので重い大井の砂となると体力保つことができるか。ま してやさらに内枠にオールブラッシュやスーパーステションがいればペースは速くなるだろう。昨年東京大賞典を勝ったオメガパフュームだがフェブラリーSに完敗してからスランプ状態だがレーン騎手の乗り替わりで脱出できる か期待したい。ミツバは長期の休養明け、ノンコノユメはドバイ遠征の疲れが抜けてるかが鍵になる。アポロケンタッキーは上がり時計が足りないしオールブラッシュは高齢でG1ともなればここではつらい。    

メインメニューへ


阪神・宝塚記念へ

川崎・関東オークスへ

門別・北海道スプリントCへ

東京・安田記念へ