留山

2003年04月28日

留山散策路
留山とは、山と木と水の大事な関係に気づいた昔の人々が、この山から木を切ってはいけないとして、現在に残されてきた場所である。ここには人里に近いにもかかわらず、すばらしいブナなどの森が形成されており、人に踏み荒らされないようにと昨年木道が造られた。木道にした為、留山本来の魅力がなくなったという人もいるが、誰でも気軽に迷うことなく森の散歩が出来る。ここは絶対のオススメポイントである。ただし、ここには、地元案内人(ガイド)を頼んでない方は、入山をご遠慮下さいとの案内板があった。



2003年04月28日

注意札
遊歩道入り口にはこのような鎖がつけられている。



2003年04月28日

留山散策路入り口
大きな案内板の向かい側から入っていきます。





戻る
次へ