旧橋 壮のリーダーアルバム及び参加アルバム
リーダーアルバム(AMAZONHMVDISKUNION他大手レコード店、レーベルのサイト等で入手できます。)
Discography of Tsuyoshi Furuhashi 1999-2014
 (楽器の略記 ts→tenorsax p→piano)


イン・フォーカス
視聴はこちら:JJAZZNETにて
TOUCH OF JAZZ  -Rumba For Chick(Antonio Gamaza)
http://www.jjazz.net/player/?prog_num=J-1263
PICK UP -Espanoleando(Antonio Gamaza)
http://www.jjazz.net/player/?prog_num=J-1264

イン・フォーカスアーティスト:出版社/メーカー: GREENLIGHTSLABEL発売日: 2017/06/21メディア: CD
NEW新譜 発売中



   旧橋 壮/宇宙の花 GLCD-701 2007
旧橋壮 (ts,f,cl)久保島直樹 (p,org)海道雄高 (b)ツノ犬 (ds,Wadaiko,per)
Winchester Nii Tete (per) #3,5Ria (vo,poet) #6Doremi (per)

真空の闇に浮遊しひっそりと咲く宇宙の花。サックス奏者、旧橋壮(ふるはし・つよし)のサードアルバム。#1、#8のタイトル曲“宇宙の花”は優しく美しいメロディーを奏でながらスピリチャルな雰囲気を漂わせます。#6“天使ノ星”ではミニマルなピアノのリフレインが荘厳に響き、サキソフォンの音色とかすれたボイスがアンビエントに溶けてゆく。変幻自在に咲きほこる音の花びらは、魅惑的なブローに舞い、豊穣で繊細な色彩に輝いています。(ジャズ名盤紹介ブログより)


2010年 MAGENTA
Magenta/旧橋壮(Ts、Fl)(Green Lights Label)
Live In New York "Magenta"/Tsuyoshi Furuhashi(Ts, Fl) Quartet- Recorded September 12, 2009.
Trevor Lagrange(P), Shanir Ezra Blmenkranz(B), Reggie Nicolson(Ds) - 1. Magenta 2. Nord 3. Changing Time Spiral 4. The Source
旧橋 壮 TSUYOSHIFURUHASHI TENORSAX
トレバー・ラグレンジ TREVOR LAGRANGE PIANO シャニーア・ブルメンクランズ SHANIR BLMENKRANZ BASSレジー・ニコルソン REGGIE NICOLSON DRUMS
ニューヨーク ストーン 2009年
テナーサックス奏者、旧橋壮の熱心なファンである日本人女性が企画したニューヨークの「ストーン」でのイベント"スペシャルナイトオブジャパニーズジャズ” でのライブ録音。シカゴAACMの黒人ベテランドラマー、レジー・ニコルソン、 Rashanim、ジョンゾーン等で活躍中のユダヤ人ベーシスト、シャニーア・ブルメンクランズ、ニューヨーク・ダウンタウンシーンで頭角を現してきたWORDGAMESの若手ピアニスト、トレバー・ラグレンジとのセッション。旧橋のオリジナル曲を、はじめての共演とは思えない息の合った演奏を聞かせてくれる。楽旅で訪れたパリの街の名前からとったという”MAGENTA”は変拍子でグルーヴ、”NORD”での和の響きを感じさせる旧橋のフルートやシャニーアのベース、”THESOURCE ”での旧橋の骨太でスケールの大きいフリー・インプロビゼーションなど圧巻だ。会心作。( jazzpageより)


    旧橋 壮/furuhashi 2002 スタジオ・ウイー
旧橋 壮(tenor sax), 富樫春生(piano,key)  西山克幸(stick), 小山彰太(drums)

角田亜人(turntable sampler) 海道雄高(bass)オノセイゲン(mastering,effects)
SW209 税抜価格2,840円(税込価格2,982円)

今日的音楽的希望/旧橋 壮
良質で灰汁の強いレーベル、スタジオ・ウイーからまたまた恐ろしいサックス奏者が輩出された。デビューとなっているが、その経歴、共演、ゲスト参加の多さ等、とても新人とは呼べない。メンバーにはベテランドラマー小山彰太、ピアノに富樫春生、ホームグラウンドは新宿ピットインと聞けば、は~そっち寄りの!と喜ぶ方々も多い事だろう。しかしこれがまたいい具合に期待を裏切って(少なくとも私には)頭を混乱させるアルバム構成になっている。現代音楽的なピアノとのデュオあり、角田亜人のターンテーブル&サンプラーによりフルートが後から波のように押し寄せ恍惚状態になりそうになり、かと思えばストレートにジャズ、渋いバラード調も合間に入り、とにかくひとくくりに出来ない。グルーヴにはほど遠くクラブの要素とも全く違う趣だ。アイデア豊富でこのアルバムに全てを詰め込みたかったのか、はたまた一つのストーリーとしての作りなのか、え~い、これは現代音楽的音響ジャズなのだ!これが更なる新ジャズ?(タワーレコード MUSEE2002)
リーダーのテナーサックスを中心とした4種のセッションが混在するが、ハードボイルドなムードは見事に一貫している。最初期のミンガス・ワークショップやテオ・マセロのアメリカンクラーヴェ盤の雰囲気を感じた。(ミュージックマガジン2002)


2007年LUSHLIFE おーらいレコード
ライブ アット 新宿ピットイン

旧橋 壮ts 久保島直樹p カイドーユタカwb つのだ健ds
おおらかなサックスの鳴りっぷりの良さに、ぐっと惹きつけられる。ライブシーンで多彩な活動をみせる旧橋のもっともコアな部分、言い替えるならばジャズへのあくなきこだわりが、”ピットイン”でのこの演奏からダイレクトに伝わってくる。赤裸々な感情をダイレクトにぶつけてゆくかのような(1)(4)、底知れぬエモーションを内に秘めたバラード(3)やタイトル曲(5)。バップからフリーにいたるあらゆるジャズ表現の自由さを呑み込んで、ひたむきに走り続ける旧橋の”現在”を鮮やかに切り取ってみせた”進行形”のリアルなアルバムである。(SWING JOURNAL)

2006年 ADOSA おーらいレコード
http://www.ohrai.com/adosa.html

【personal】
旧橋 壮 FURUHASHI Tsuyoshi : tenor & sopranosax, flute(on 01~11)
増田ひろみ MASUDA Hiromi : altosax(on 02-04, 07, 08, 11)
久保島直樹 KUBOJIMA Naoki : piano(on 02-04, 05, 07, 08, 11)
海道雄高 KAIDO Yutaka : contrabass(on 02-04, 05, 07, 08, 09, 11)
野村綾乃 NOMURA Ayano : drums(on 05, 07, 08, 11)
斉藤 良 SAITO Ryo : drums(on 01, 02-04, 06, 11)
Happybeautty (a.k.a. jazzaholic): vocal, poetryreading(on 01, 11)
内田 勝 UCHIDA Masaru(a.k.a. jazzaholic): e.guitar(on 11)
西山克幸 NISHIYAMA Katsuyuki : stick(on 01, 06, 10)
角田亜人 TSUNODA Tsuguto : turntable, effects, e.guitar(on 01, 06, 10)


一聴して「やっぱりこれが......ジャズだよなあ」と思った。このアルバムに聴かれるベースのオスティナート、ドラムのポリリズム、モーダルなハーモニー、そして何よりも、主人公であるテナー奏者の、重量感のあるまっすぐな音、それらが一体となって醸し出されるどろどろと真っ赤にたぎる溶岩のようなサウンドを耳にすると、どうしようもなく血わき肉踊る自分がいる。いろいろなタイプのジャズがあるが、私がもっとも慣れ親しみ、もっとも興奮を覚えるのは、こういった、深いエネルギーを内包し、音楽性と精神性をあわせもち・・(田中啓文ライナーノート)

2008年 VAUGE
テナーの旧橋壮が昨年発表したアルバム「宇宙の花」の別テイクを含むベスト・アルバム。8曲収録されているが何と言っても冒頭の19分56秒にわたる”HOMARGE ”が白眉。同曲は北海道で人気が高いそうだが、全国区でも評価される力演だ。旧橋のテナーは骨太なトーンでスケールの大きいアドリブが魅力。本作は、スタジオ録音だがライブで聴衆を前にしているかのようなエキサイティングなプレイに終始している。メンバーは曲により異なるが、この曲では久保田直樹(Pf)、カイドーユタカ(B)、つのだ健(Ds)が参加、いずれもパワー溢れるプレイを行っている。いま忘れかけているモダンジャズのエネルギーがほとばしる会心のアルバム。(jazzpage)


AS A SUPPORT MUSICIAN
リーダーアルバム以外の主な参加作品


Nu-Jazz Conference@Tokyo (NVSE-0003)

今、トーキョーで一番旬のクラブジャズの新鋭グループを一挙に紹介!! メジャーデビューを果たしたJabberloop、ジャジー・ヒップホップの雄Shade&Blu-Swing、デビュー間近のTough & Cool、すでにインディーズ・シーンで話題のKimono My House、Kasugaなどを収録。
1.Missing My Bird / Jabberloop/2.Fabulous / Shade & Blu-Swing/3.LUDAS/ Kimono My House/4.Walk Along/ Akihiro Kasuga/5.Homarge II/ Tsuyoshi Furuhashi/6.Midnight Lounge (Yusuke At Eskym Jazz Remix) / Shade & Blu-Swing/7.In:Groove / Jabberloop/8.Inva Na Nanthy - Intriduction -/ Tough & Cool/9.Inva Na Nanthy/ Tough & Cool/10.Mania/ Kimono My House/11.Baby Talk/ Akihiro Kasuga/12.Atmosphere Entry/ Jabberloop/13.Gravity/ Akihiro Kasuga/14.Goblin Dance/ Tough & Cool/15.Realize (Just Will Remix) / Shade & Blu-Swing/16.Shining/ Kimono My House


東京バロン/富樫春生(DDCZ1421)
tenorsaxで参加
富樫春生(p、key)後藤次利(b)小原礼(b)旧橋壮(sax)キースdenno(風の人)田中邦和(sax)宮本大路(sax)ホンジ(vln) コーメイ(vo)中幸一郎(cello)Happybeautty(vo)内田勝(eg)
「ファンクなグルーヴの生活圏がゆったりしたところにある音楽は、 ポスト・ロックなどのジャンルをよせつけない」(CDジャーナル)

川内康範作品集  TJ-001
発売年2006年 RIA (vo)ノリシゲ(vo)TOMOHIKO(b、SUPER BUTTER DOG) 目木とーる(g) 旧橋 壮(sax,fl,org)シモン(vo,ds)滝瀬真代(マスタリング)

memories... Relaxing bossa style
アミューズソフトエンタテインメント (ASCM6061
09fluteで参加
誰もが知っている定番ソングを、ラウンジライクなボサノヴァで奏でるアルバム第2弾。ジャズやボサノヴァのスタンダードからホール&オーツ、シャーデーらのヒット曲まで、幅広い楽曲がリラックス感満点のサウンドで楽しめる。



FARFESTA sings standards on the bossa nova/FARFESTA(COBS-0001)コロンビア 発売年2004年 tenorsaxで参加
コンピレーションに収録されたトラック全曲をリミックス&リマスタリングしたFARFESTA事実上のデビューアルバム。ホール&オーツ「プライベート・アイズ」やポリスの「見つめていたい」のボッサカバーからボッサのスタンダードまでFARFESTA流ボッサポップスを聴かせます。


Avenir(アヴニール)ts,flで参加
人気ポップスや、ボサノバの名曲といった人気の高いナンバーをセレクトしたコンピレーションアルバム(4枚組)です。
DISC2&3 tenorsax&fluteで参加
カフェミュージックブームの2002年から発売が開始されたボサノバコンピレーションアルバム「BOSSA VOYAGE」。これまで5タイトルがリリースされています。シリーズの累計販売枚数が5万枚を越えるという大ヒットシリーズなのです!この「BOSSA VOYAGE」シリーズから人気の高いナンバーをセレクトしたのが「アヴニール」
人気ポップスや、ボサノバの名曲をソニアなどの実力派ボサノバ歌手がカバー。誰もが知っている耳馴染みのある曲がゆったりとしたボサノバにアレンジされていますので、とっても聴き易くリラックスできるカフェミュージックに仕上がっています。

CD集/Avenir(アヴニール)

商品番号  706-2300
価格 7,800円 (税込 8,190 円)

連舞/久保島直樹 ts,ssで参加
久保嶋 直樹 (Pf)旧橋 壮 (Sax)永田 利樹 (B)野村 綾乃 (Ds
ボンバ レコード\2,500 (TaxIn)発売:2011.4.15

旧橋壮や自己のグループで活動するベテラン・ピアニスト久保嶋直樹の16年ぶりのニュー・アルバム。旧橋壮(Sax)、永田利樹(B)、野村綾乃(Ds)とのカルテットで自身のオリジナルを中心に本格的なモダンジャズを聞かせてくれる。久保嶋のピアノは、タッチが力強く、フレージングはシンプルだが説得力がある。旧橋の美しいソプラノ・サックスと骨太のテナーがサウンドをリード、永田の重量感のあるビートがボトムをしっかりと支え、重厚なサウンドが聞き手に迫ってくる。昨今のテクニックで聞かせるジャズとは一線画する入魂のプレイに惹きこまれる。最後の”Dawn”での美しくメロディアスなピアノ・ソロは心にしみる。秀作。 (jazzpgae)

やすらぎ/川内康範 ツルージャパン(MTCH1203)POLYSTAR
アルバムtenorsax fluteで参加
大正生まれの作家、川内康範と現代(2006年時)の若者、`風の人`が手を組んだプロジェクト、ツルージャパンのアルバム。川内康範の数多くの名曲がレゲエ、ロックにアレンジされて収録。

やすらぎ/ツルージャパン(川内康範)(MTCH1195)POLYSTAR
『月光仮面』の生みの親である川内康範が86歳にしてプロデュース! ユニット名も川内がつけた(“本当の日本”という意味だとか)。もちろん本CDに入っている2曲とも、詞もメロディも川内節、どちらもレゲエ風。帯には立川談志のコメントも。(原)(CDジャーナル データベースより)
シングルfluteで参加

prana/sosui(MTCK2001)POLYSTER
fluteで参加
シンガーソングライターのKodama MaikoとギタリストHidechiにより2006年に結成されたオーガニックユニット。柔らかく優しいヴォーカルとギターで織り成されるそのサウンドは、老若男女問わずリスナーを選ばない。都会発信でありながらも、自然派でピュアな彼らの歌は、街の中で見つけられた美しい花のように、多くのオーディエンスの心を癒している。

発売年2007年



BossaNovaCutie/Sophie+ritmo63(KICP1109)キングレコード
Debut Album from the Japanese Bossa Nova Duo. Includes Cover Versions of Now You're Not Here(Swing Out Sister), Glamorous Life(Sheila E.), Etc.
発売年2005年
tenorsaxで参加


V.A.TWILIGHT FLAVOR (COCB-53362 )コロンビアミュージックエンタテイメント
tsで参加ジャズトロ、スタジオアパートメント、フリー・テンポが好きな方は要チェック! ブレイク必至のTr.1“タンジェリン。”の「ゲット・オンザ・ロード」、海外から問い合わせが相次いでいるTr.6“NoaNoa”の「ジンガ」はオリジナルにも関わらず、他のカバー曲以上に耳に残る名曲。
そして、シャーデーの「スムース・オペレーター」から「小船」「ブラジル」など、幅広いジャンルの誰もが知っている名曲の数々を、ラウンジ使用のボッサテイストでカバー!! ドライブから、部屋のBGMまで今年の夏はこのアルバム!!(レコード会社サイトより)
発売年2005年

COOLBEAUTY farfesta×Daisuke MIzushima
発売年2008年
tenorsaxで参加

紅い花/maguro 鮪(DQC146)tenorsax flute clarinetで参加 発売年2008年
好評だった前作2006年のエレクトロポップでのミニ・アルバムから2年。本作は新たに`昭和懐古的サロン`をコンセプトに、多くのオーディエンスに支持されるアコースティックでの鮪的楽風景をお届けするファースト・フル・アルバム。
tenoesaxで参加

Sorrent 鮪
Ts,Ss,Bfl,Bclで参加

鮪/鮪 
tenorsax fluteで参加

jazzaholicとして活動したユニットが“鮪”に改名して放つ初シングル。富樫春生をプロデューサーに迎え、リリカルな作風の活かされた鮮烈なエレクトロ・ポップを生み出している。(「CDジャーナル」データベースより)
発売年2005年 fluteで参加

CANDY BOSSA!/PHONOGENICA(MUSE1002)
フォノジェニカ、1stアルバム。
軽くて可愛らしいハスキーボイスが心地よいライト・ボサノヴァ。もろにボサノヴァというよりも全体的にポップな雰囲気が散りばめられ、季節でいえばさわやかな初夏のイメージ。
fluteで参加

KILLING FLOOR LIVE BOOTLEG!(地底レコード)1999
福島幹夫(as.ss)旧橋 壮(ts.fl.Bfl)関口新一郎(tp)西山克幸(stick)大江真奈(drums)原島 功(drums)ワッシーヴィンセント(perc)
89年に結成というからかなり長い活動歴を持ったグループのライブ録音。残念ながらこのバンドのライブは観てないが、最近人気のライブ・グループらしい。2ドラムズとベースが繰り出すリズムに3管のアンサンブルとソロが乗っかってなかなか気持ち良い。得にリズムへの拘りはかなりあるようだし、最初にグルーヴありき的な演奏は確かにジャズ・スポットよりはロック系、クラブ系のライブ・ハウスの方が受けるに違いない。どちらかというと粘着度の高いファンクよりは複合的なリズムが中心で、変にギトギトした感のないグルーヴを聞かせる。でもそこが物足りなくもある。 管のソロ、とりわけフリーキーなソロを有機的にさせるのってリズムの絡みが大きいと思うから。 せっかくのソロがちょっと浮き気味に聞こえちゃうのは惜しい。 ・・のようなアンサンブルとスリリングな結合から産れるグルーヴは巧い。 いつ果てるともない不安と期待みたいなものがうまく出てる。98、99年録音。(高橋 一) レコードコレクターズ(1999.10)

<笑顔ことば>でキラキラ☆キッズ体操/ジェイ神原著(明治図書出版)ナラカズヲ音楽 ssで参加
出版社 / 著者からの内容紹介
“明るく楽しくリズミカルに体を動かす”キラキラ☆キッズ体操(全身スマイル体操)を紹介。「(基礎編)さぁ、はじめよう!」「(実践編)いよいよ、やってみよう!」で構成。
発売年2007年

VA BOSSA VIVACE SELECTION I(FLEN-0003)発売年2004年ts、flで参加
フォノジェニカ、ファルフェスタ、クラウジオB他



ライブな日々/ナラカズヲ+BEE with The HORNSts flで参加
だびよん 砂漠の中のくじら 君の声が聞きたい(1コーラス)他、ライブの定番曲含む全7曲ナラカズヲ名義では初のライブアルバム。ソロ及びバンドでのライブ音源を収録。
玉川裕高(eg fromコモンビル)旧橋 壮(ts、fl、bfl)関口新一郎(tp)荷野(ジャンベfromさんからごんじゃ)奈良明雄(eb)マカナエヒロオ(ds)

ラナテカ(ナラカズヲvo,ag、中安哲郎ds)tsで参加
Keith(aka DJ DENNO)(key)シモン(perc)HappyBeauttu(vo)旧橋 壮(ts、fl)
風の人 恵比寿MILKでのライブを収録


FUNKJAPONICA/富樫春生&DJ ALAH 
Dj.Alah (a.k.a. K-Ta) 田中詩織(vla)丸山朋文(cello)岡部洋一(ビリンバウ)高瀬裕(b)旧橋壮(ts)他

STYLE“ENNUI” ts,flで参加
TVやCF、ラジオなどで一度は耳にしたことのある名曲を心地好いボッサ・アレンジでカヴァーしたヒーリング系サウンドのコンピレーション。カフェ・ボッサ・シーンで人気のソニアやエティエンヌなどの楽曲が収録。

STYLE“LIGHT” flで参加。
女性アクセサリーを手掛ける“Rose Window”が送り出したボッサのコンピレーション。ソニアなどをフィーチャー、スティーヴィー・ワンダーからジョビンまでポップな選曲でラウンジ、イージー・リスニング・テイストな作り。疲れた時のBGMには最適かも。(「CDジャーナル」データベースより)

SHINY CAFE -BOSSA STYLE- tsで参加
誰もが一度は聴いてことのある名曲の数々を、ボッサアレンジでカバー&DJミックス!!!

ライト・ボッサ・サウンドの先駆けとなったあのラ・ヴォーチェ・レーベルからのニューリリース。誰もが知っている名曲をリラクシング・ボッサ・サウンドで贈る、極上のライフ・スタイル・アルバム!!sonia、Farfesta、Etienne、Fantastica他、人気アーティスト収録。TV、有線、FMなどで使用中雑貨店、ヘアサロン、カフェなどのショップリスニング・アイテム定番のあの音源のDJミックス!!


12.bassfluteで参加
JUNGLIST YOUTHS/ 本気男/ JUNNOSK8/ UNDER SLOW JAMS/ P-ZEE/ SKETCH/ ACE/ ST.PAULERS/ 鮪/ PUSHAN/ HANZO

東京池袋・渋谷を拠点とするジャマイカ料理店『グッドウッドテラスが主催する『GOOD WOOD EVENING』、『GOOD WOOD
NIGHT』に出演する12組のアーティストにより発信される音源がコンピレーションアルバムとして遂に完成!!!

tsで参加
JOURNEE - complete collection of MODERN BOSSA NOVA


アヴニール・ソワレ
KPTC3025 カフェミュージックの原点である、スタンダードの
名曲で構成した決定版。05flで参加

アヴニール・ニュイ
KPTC3025 カフェミュージックの原点である、スタンダードの
名曲で構成した決定版。
KPTC3026 07tsで参加


リラクシング・カフェ BGM 20
ts,fl で参加
リリース: 2009/11/27  2009 HEI Global Entertainment Inc.

Southern Island Evening/magro
ts,fl,bflで参加

Creative Jazz Quartet /Empathy
旧橋壮(sax,fl)、AYAKI(p,key)、五日市 扶(b)、柿崎幸史(ds)

Others
TVCM用 編曲 演奏

TVCM用 国民新党テーマソング07
亀井静香(vo)港アケミ(sub vo)川内康範(作詞、作曲)旧橋 壮(編曲)旧橋壮クインテット(演奏)
麻布 SOUNDCITY

映画音楽

バスターキートン 探偵学入門 2012 作曲、演奏
羽佐間道夫(声優)野沢雅子(声優)旧橋 壮(音楽)声優口演のための音楽 全7曲(テーマ、モチーフ)録音



ハロルド・ロイド 巨人征服 2011~2012作曲 演奏
羽佐間道夫(声優)野沢雅子(声優)山口勝平(声優'12)高木渉(声優'11)旧橋 壮(音楽)声優口演のための音楽 全7曲(テーマ、モチーフ)録音


GOMES THE HITMAN maybesomedayほか
赤坂BLITZでのライブ時のホーンセクション、ホーンアレンジ担当

TBS BLITZ INDEX放映

オマージュ・ア・オーバカナル
2003年 オノ セイゲン氏プロデュースのライブ&DSDレコーディングイベントに参加。
旧橋 壮ts 増田ひろみas海道雄高wb トリオ




HOME