ジャズサックス奏者旧橋壮FURUHASHITSUYOSHI
旧橋壮公式サイト
日本人サックス奏者


welcome to
旧橋壮WEBSITE MAIN PAGE
CONTACT:u-hana@ga2.so-net.ne.jp
20191031



ジャズサックス
contents:
PROFILE CD ALBUMSMYSPACE YOUTUBE LIVEINFO BLOG
 LESSON 演奏のご依頼 FACEBOOK SOUNDCLOUD

日本のジャズテナーサックス奏者、作曲家 旧橋壮公式ホームページ Janese Jazz Tenor Sax Player Furuhashi Tsuyoshi
サックス奏者 旧橋 壮オフィシャルサイト2019/10/15令和元年
お問い合わせ :u-hana@ga2.so-net.ne.jp


19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ南部を中心に興ったした音楽形式


 CONTACT:u-hana@ga2.so-net.ne.jp
 
タワーレコードディスコグラフィ

旧橋壮(FURUHASHI TSUYOSHI)LIVEREVIEW
JAZZLIFE旧橋壮インタビュー
JAZZJAPAN 旧橋壮インタビュー
JAZZJAPAN 旧橋壮インタビュー


About Furuhashi 
旧橋 壮 FURUHASHI TSUYOSHI


ジャズサックス

ジャズサックス


旧橋壮
(ふるはしつよし:本名同じ。舊橋壮「旧(きゅう)の旧漢字)」)


PROFILE

旧橋壮(tenorsax、flute)本名同じ
サックス、フルート奏者、作曲、演奏家
水戸市生まれ。サックスを村岡建、松本英彦両氏に師事。
01年舞鶴赤煉瓦ジャズ祭全国公募選考で最優秀賞を受賞。
新宿PITINN等のジャズクラブに出演しながら、

11年より声優の羽佐間道夫、野沢雅子、山寺宏一、高木渉、
山口勝平氏他との声優口演の映画音楽、作曲、演奏をソ
ロで担当、共演を重ねる。 ダンスカンパニー「東京舞座」作曲演奏担当

ジョンゾーンから野沢雅子、亀井静香、欧州のミュージシャン
川内康範まで、広く仕事をし、19年にはフジロック出演
Nu-Jazz conference at Tokyo,Bossa Voyageなどのレコーディングに参加。
GOMESTHEHITMAN、ナラカズヲなどPOPS、のサポート、
アンダーズ東京等のホテルでの演奏、
スペイン人ピアニスト・アントニオガマサとのUNITなど広く活動する。

サックスレッスンでは、SANABAGUN、海藻姉妹(親戚)
オザワ部長(吹奏楽作家)くるくるシルク(大道芸)など
の活躍中の生徒も多く教えている。
ジャズミュージシャンは東京を中心に、関西、東北、NY、スペイン
など多くの共演を経験しし現在に至る。



使用楽器
■テナーサックス
American SelmerMark6SilverPlate 122276
AmericanSelmer Mark 7 Original GoldPlate 280700
マウスピース RIA メタル9番
FREDDY GREGORY ハイバッフル9番
■アルトサックス
France Selmer Mark7 309486
American Selmer or France Selmer  
Balanced Action 26000台
マウスピース OTTOLINK ラバー9番
■ソプラノサックス
Selmer model 26
マウスピース OTTOLINK ラバー6番
■クラリネット ルブラン シンフォニー3
セルマー バランスドトーン
マウスピース ポマリコ クリスタル
バスクラリネット セルマー 
■フルート
MURAMATSU SR 
頭部管 バーカート ホワイトゴールド
ヘインズ Choot コマーシャルモデル 26000番台
■キーボード
KORG KRONOS2 73/KORG TRYTON RACK/
KORG WAVESTATION RACK
KORG MICRO KORG


好きな食べ物:そば、コーヒー
タバコ:吸いません
お酒:最近はほどんど飲みませんが、ゼロではありません。
温泉、銭湯好き
小動物、植物等の世話好き、犬猫は犬好きです。


プロフイール(Short)
テナーサックス、フルートを演奏する
ミュージシャン。新宿PITINN等のジャズクラブに出演する傍ら、
著名声優陣との映画音楽やコンテンポラリーダンスの作曲等
メジャー、インディーズ双方に渡り多くの録音、ライブに参加
スペイン、NYでの公演等、多方面で活動、レッスンも行う。



Biography in Espanol
El saxo Furuhashi nació en Mito (Japón) y estudió saxo con el maestro Takeru Muraoka. Desde 1998 es un asiduo intérprete en
el club más emblemático de Tokio, el Pit Inn. En el 2001 participo en el Festival Internacional de Jazz Maizru Akarenga
obteniendo el primer premio como mejor instrumentista de Japón. Su colaboración discográfica y artística es impresionante.
En 2002 decide grabar sus propias composiciones en un CD que lleva por titulo “Furuhashi”, siendo nominado por
la prensa americana como el mejor disco del año. Desde entonces su discografía no a dejado de crecer:
en 2005 el CD “Adosa”, en 2007 “Flower of Cosmic” y “Lush Life” y en 2008 “Vauge” y “
Un-Jazz Conference@Tokyo”. (ESPANOL)


ジャズサックス ジャズサックス




ジャズサックス このエントリーをはてなブックマークに追加シェア

. . . .
中央線ジャズ

17

日本のサックス奏者ジャズテナーサックス

ジャズサックス