ものつくりの人の居場所 

 

TOP

 

←back

 

next→

 

 

ギャラリー猫車

手書きの地図を頼りに尋ねた山の中。オーナーの信田さん。彼女が作るランチは地元の食材を生かした体にやさしい季節限定ごはん。
古い家を改装してギャラリーカフェを作った。ご主人の焼き物や地元の友人たちの作品に囲まれて、すっかり落ち着いた気分になる。浮世の時間よりゆっくりの猫車時間があるらしい。童話の世界に紛れ込んだ気配もある不思議なところ。
オーナーの心遣いとゆれるハンモックが幸せな一日をプレゼントしてくれる。
ゆったり時間に身をゆだねると別の世界にワープできるかも知れない?
それもたのしみ。

 
猫車 〒321-4211
   栃木県芳賀郡益子町下大羽463
   TEL /FAX 0285-72-4376
《営業時間》 11:00〜20:00*18:00以降要予約
《定休日》  月・火曜日(祝祭日は営業)
 




☆CAFE GALLERY MEMORIES


訪れたのは二月の雪の後、日の沈むころ。季節のよろこびにあふれた展示やオブジェがあちこちに。窓枠のうえにはアボガドの芽が陰を作る。沢山のチューリップの球根が網籠の底に敷き詰められて水を吸い、葉は元気におどりはじめている。コンクリートの壁には相良の土雛がゆずとたまねぎに挟まれて飾られている。アイデアとセンスは大人のナチュラル!ため息ばかり。
 


Cafe&Gallery MEMORIES
茨城県つくば市大角豆(ささげ)2012-788
TEL/FAX (029) 858-5400(カフェ)E-mail memory-s@nifty.com
定休日 月(カフェ)/月・火(ジュエリーショップ)定休日以外の祝日は営業
営業時間11:30a.m.〜6:00p.m.  ラストオーダー 5:00p.m
  



 

 



歩く国の人              


デンンマーク人は歩く。
文字通り歩きまくる。

デンマークのユトラン半島の学校に1年弱滞在した。
北海に突き出たどことなく青森を思わせる「最果て」の感じがするこの半島では、毎日風が吹いていた。巨大風車が止まっていたのは合計5日ほどで、自虐好きな彼ら曰く「風と雨だけの『退屈しない』地域」。

何かと理由をつけて歩いた。というか歩かされた。

・・・・・・・・・・・・


      Tomo K


 

 


ものつくりの人と居場所

 



 

陶芸家    小林東洋さん



革作家    曽田 耕さん





お久しぶり!我が身の事情で動きが鈍い。。震災の後16号を出してから、素敵な場所や人にたくさん出会った。通信発行はきっかけもなくて、ずっと「忘れたふり」。最近、友人に「そろそろ10周年?」と問われて、あわてて数えてみたら9年目でほっとした。東洋さんに最初にお会いしたのは二年も前のこと。曽田さんも半年以上時間がたった。お二人ともにもう一度きちんとお話を伺いたい、と思っていたのが敗因。3月に東洋さんと浅草の展示会でお会いした。曽田さんは5月末に初めての自宅イベントを開く。今書かなければチャンスはないかもしれない。
そんなこんなの私の怠慢が一番の原因だ。紙面も今風に変えようと思ったが、もうこのタイプのクラシックな情報紙はあまり見なくなった。老眼の読者はこれ以下のポイントでは読めない。言い訳はやめだ。このままいく!今の私にはこれが精いっぱいだ。寄付金をいただいた方、。お尻を叩いてくれる方、待っていてくれる方が一人でもいるからもうちょっとやる!それは自分のためだと思う。通信のおかげで元気になれる。