ちょっと遠くへ

       ほどよい田舎を楽しむ人々 

 

TOP

 

back

 

next→

 

 

☆pani

別所温泉から鹿教湯温泉に至る途中。 夫婦道祖神の脇にある茶房パニ。天然酵母パンからデザートまですべて手作り。ベランダで山のうつろいをながめるだけで幸せ。ご主人は陶芸家。パニで使う食器や見たことのない楽器まで作ってしまう。暮らしはいたって自然で肩の力が抜けている。「ギャラリー土日」で陶芸教室も

 
長野県上田市野倉524−1
tel/fax 0268-38-3830
定休日 水,木曜日 但し祭日は営業
☆YUSHI CAFE

昭和のかおりの懐かしい家。常連さんたちがコーヒーをキープして遊びに来るカフェ。おいしい地元の林檎ジュースや懐かしい飲み物も用意して・・縁側からどうぞお入りくださいとすべてがオープンのお店。脇にある倉庫はギャラリーになっていて、はしごを上ると目線が変わって面白い。子供のころ、こうやって屋根に上って遊びましたね〜
 

長野県佐久市協和2379(旧望月町)
TEL:0267-53-1043
a.m.9:00〜p.m.6:00 水曜 定休

 

 

 

碓氷峠を超えると
風も光も透明になる

とにかく回りは山ばかり
千曲川の流れに沿った街道に
緑の田んぼと家々が
へばりつくように続く

いつのころからか
都会風の暮らしを争ってしたけど
どうもヘンだと気がついた人たち

まだまだ残る
田舎のかおりが消えないうちに
地元のよさを伝えようと
あちこちで動き出した

田舎だからこそのがんばり過ぎない
ゆるさが心地よい

誰でもできそうと思わせる
敷居の低さがうれしいところ

できそうで、できない
今、一番贅沢な暮らし
  


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信州上田・望月


空とぶ家政婦 ミセスオオハラの世界の料理

世界の市場と台所を知っているミセス大原のクッキングレシピ

 

 

 

第一回

メキシコのトルティーヤとサルサ

 

左は市販のトルティーヤとサルサ




久しぶりの通信はお出かけ特集。たった一つでも目的がある旅行はそれだけでもよいけれど、それ以外にプラスアルファがあるとちょっと得した気分にもなる。今回のプラスアルファは盛りだくさん。一軒訪れたら次々に繋がって、どちらも何度も行きたいところに。'ボロ家'と胸を張る彼らのプライドは普通の人々が大事にしてきた生活の美しさ。建物も彼らの気持ちがしみこんでよい味になっている。懐かしい空気の中で、もやのかかった山々やかんかん照りの青空をぼ〜とながめる田舎時間はなんと幸せなときか。