心の悩みの詳細(3)
 

自律神経失調症(薬なしの改善、解消方法)


自律神経失調症は、自律神経失調とか自立神経失調症と言われることもありますが、普通神経症(普通神経質症)の中で特に、体調の悪さや、体調の異常を強く感じる症状になります。

病院でいろいろ精密検査をしても異常がないと言われ、しかし、症状は明らかにあるために、いわゆるドクターショッピングと言われるものですが、別の病院で見てもらうということを繰り返すことがよくあります。

また、針灸や整体といった民間療法や宗教に頼る人も多いものです。
中には先祖の祟りだとか、厄年のためだと考え、祈祷や厄除けを繰り返してしまう人もいるものです。
しかし、こういう行動を取れば取るほど、逆に体調の悪さや体調の異常に注意が向きやすくなり、自律神経失調症(自律神経失調)の症状は強くなってしまうものなのです。

また、うつ病、うつ状態、登校拒否、更年期障害、アダルトチルドレン、外傷後ストレス障害(PTSD)いわゆるトラウマ、と言われているものの中にも、自律神経失調症(自律神経失調)が原因になっている場合が多いと思われます。



(自律神経失調症の主な症状)
 
 
■慢性的な頭重や頭痛。 (鎮痛剤依存症)
■動悸やめまい。  
■手足の冷える感じ。 (冷え性)
■慢性的な胃腸の調子の悪さ。 (過敏性腸症候群)
■長期の便秘や下痢。  
■夜、なかなか眠れない。 (不眠症)
■睡眠薬を飲まないと不安で眠れない。 (睡眠薬依存症)
■いくら寝ても眠気が取れない。 過眠症
■肩こりや腰痛が辛い。  
■何時も、疲れやすく、だるい。 (倦怠感)
■物忘れが多くなったように感じる。 (記憶力の減退)
■やる気が起こらない。 (意欲の減退)
■イライラしたり、腹が立ちやすい。  
■少し動いただけで、すぐに疲れてしまう。 (易疲労性)
■何時も微熱を感じ、だるい。  
■耳鳴りがして気になってしまう。 (耳鳴り)
■手や足の、しびれを感じる。 (しびれ)
■身体のいろいろな所に痛みを感じる。 (疼痛)

 

 
自律神経失調症(自律神経失調)の場合、普通は上のいくつかの症状が同時に起こるという特徴があります。

上記の症状は、内科や他の病気の場合でも見られるものですが、検査で特に異常が見られず、慢性化しており、神経質性格の特徴を持っている方であれば、これは自律神経失調症(自律神経失調)と考えて良いと思います。

また、自律神経失調症(自律神経失調)の場合は、ある時は、肩こりが一番辛く感じていたかと思うと、少し経って、今度は、しんどさや、疲労感を強く感じるというように、時期によって症状が変化するという特徴もあります。

ですから、病院では異常がないと言われ、体調の悪さが、いろいろ変わるという場合には自律神経失調症(自律神経失調)の可能性が大きいと思います。

そして、自律神経失調症である場合は、森田療法の考え方を身につけていく中で、体調の悪さに対する「とらわれ」が薄れてくることで、症状が改善し、また解消してくるものなのです。

なお、自律神経失調症の対策については、こちらのページも参考になると思います。

1.自律神経失調症(汗や痛みなど症状と原因)

 
トップページ 次のページ