デイ・ウォッチ
あなたも異種!さてどっちを選ぶ、光と闇?
愛が交錯する重くのしかかる罪と罰なお話

おお〜ん!いいんでない!いいんでない!
前作よりもあくしょ〜ん!
ド派手な印象がアップしてるのに、
親子愛、恋・・・いろんな愛が交錯してて見応えあり
ごった煮感は相変わらずだけど、そうね〜・・・ドラマぁ〜ん♪
罪を背負い続けることの苦悩と必死に立ち向かう姿勢がぐぅ!
イゴールくんがマコーレー・カルキンくんにそっくり!
お顔だけでなく純粋そうなのにとことんダークなオーラがドッキドキ
おぉぉぉ〜・・・『危険な遊び』ぃ〜
血みどろ感はちょいと下がったけど、グログロシーンは健在!
そんなわけで*はひかえめだけど、
ダークファンタジーとしては満点あげられるくらいもんち好みよん♪

前作『ナイト・ウォッチ』もチェ〜ック♪

研修生もんち、運命のチョークをゲット!
しろくま「ほれっ、もんち、とどくかい?」
もんち「う〜んとね、う〜んとね・・・あ・じ・あ・ん〜」
しろくま「・・・ちょっと字、大きすぎない?」

おすすめ度:***
お気に入り度:***



前作『ナイトウォッチ』からの続編で、
次回作『トワイライトウォッチ』へのつなぎの作品(多分)ではありますが、
この一作でも十分楽しめる作品ではありましたよ。
もちろん、前作を観ていないと十分楽しめないのは事実ですが、
それでも全3作(4作?)の合間という雰囲気を感じさせない作りでした。
むしろあまりにもしっかり終わり過ぎていて、次作がどのようにつながるのか、
観終わってちょっと心配になっちゃうほどでしたよ〜。
お話そのものは、アクション・ダークファンタジーって感じで、
前作ほど血みどろ感が少ない分、比較的誰でも楽しめる映画でしたよ。
しかもアクションだけではなく、父と息子の家族愛が根底に流れている分、
ストーリーもしっかりしていて、話もなかなかいい感じでした。
ロシア映画というだけで、食わず嫌いになっちゃうのが惜しい程、
非常に面白い映画だったと思いますよ。
なおロードショーしていた映画館が伊豆・静岡周辺にはなく、
結局川崎(横浜の映画館はいい時間帯の上映がなかった)まで行きましたが、
それだけの価値がある映画かとしろくまは思いましたね〜。
前作『ナイトウォッチ』で予習復習をしてから、観に行ってくださいねっ。

おすすめ度:****
お気に入り度:****



前にもどる