魁!!男塾
押忍!これが男であります!
人気漫画そのままの男気実写版

ひょひょ〜ん♪ありがと、ありがと、ありがと〜ん♪
ほんと大満足!
なんせもんちはジャンプっ子だから、『魁!!男塾』大好きだったの
マンガはおととが全部そろえてくれて何度も読んだし、
もちろんテレビアニメも観てたしぃ〜・・・
『キャシャーン』みたいに大変身してたらどうしようって、
かなりハラハラドキドキ観たけど、ひやぁ〜・・・もうたまら〜ん♪
アクションが見どころみたいだけど、そんなのどうでもいい
『魁!!男塾』の世界をみんなが真剣にやってるだけで笑えるし、
男気に泣けてくる
もんち的には富樫が1番キャスティング難しいかな〜って思ってたけど、
照英さんが富樫そのまんまでかっこいいのなんの
今回は雷電とJが登場しないのが寂しいけど、も〜なんでもいい
とにかくありがとぉ〜・・・

とがしろ、油風呂で男気をみせる!
ナレーターもんち「え〜とぉ〜・・・これはねぇ〜・・・」
        「熱湯に入れた秒だけ宣伝ができる、名物コーナーでぇ〜」
        「ふむふむふむむぅ・・・ふぅ〜ん、もんち好みでないなぁ〜」
        「民明書房刊『もんちのテレビ見聞録』えへへっ♪」
とがしろ「えぇ〜!なにそれ!懐かしいけど、それっ油じゃなから」

おすすめ度:****
お気に入り度:*****


なかなか面白い映画でしたよっ
しろくまは、もんち程『魁!!男塾』に熱くなく、
週刊少年ジャンプ連載中もあまり読んでいませんでした
それでも連載開始当初のエピソードはいくつか知っていた分、
面白く映画を観る事ができましたよ〜
伊豆から片道2時間以上かけて平塚まで観に行った価値は十分でした
この映画の秀逸なところは、スタッフ・キャスト共に、
『魁!!男塾』が大好きで作った感が非常に高いところです
その分、原作に忠実に、かつ奔放に完成していました
原作の個性的なキャラクター設定も、キャスティングが巧く、
非常に魅力溢れていましたね〜
また映画で取り上げられているエピソードもなかなかに面白く、
スタッフのセンスも秀逸ではないかと思いましたよ
まさに、少年漫画を原作とした実写映画の見本となるべき映画でしたね
ただし、原作『魁!!男塾』を知らない方が観たとして、
果たして面白いかどうか、という問題があります
特に「漢(おとこ)臭さ」が非常に強い分、
誰が見ても面白いかはちょっと疑問が残りますね・・・
まあ、『魁!!男塾』が好きか、知っている人以外、
この映画を観ようとは思わないので、問題視は不要かもしれませんね
『魁!!男塾』が好きな人なら、観ないと「塾生失格!」ですっ

おすすめ度:**(『魁!!男塾』を知っていれば、**〜***追加)
お気に入り度:****


前にもどる