スティーヴン・キングのデスペレーション
古い発掘場に得体の知れない秘密がいっぱい!
勇気と正義と・・・神様の存在ってな〜に?なキングもの

むひょひょ〜ん!一言でいうととことんキングもの!
こ〜ってり宗教がらみの得体の知れない気味悪さと、
「うふぇ!」っとなっちゃう血みどろ感!
前半のま〜ったり感はちょっと退屈だけど、
途中からぎゅぎゅぎゅん!一気にキングワールドに突入です
何気にキャスティングはおもしろくて、
もんちの大好きなロン・パールマンが出てきたときには、
ぎゃ〜ん・・・はまりすぎて恐いと言うかちょっとうふふ♪
野獣の設定なのかもしてないけど、
登場する動物さん達はみんなアニマルタレント風でおりこうさんよん
恐いシーンだけど、かわいいぃぃぃ〜ん♪
そうね〜・・・キングものが好きっていう人なら楽しめると思う
ラストでキングの雄叫びとも思える台詞があるので注目〜ぅ

発掘場から得体の知れない物体が!
もんち「ふぅ〜ん、ちょっと恐いけど、よ〜くみるとあんてぃ〜くぅ♪」
しろくま「もっもんち・・・逃げてぇ〜」
姿のない何か「あと生きてるのがもんちだけか!?」
      「もんちの体に入るのはかなり抵抗あるな〜」
      「丈夫なのか?ひ弱なのか?・・・ん〜もんちは危険すぎる」

おすすめ度:**
お気に入り度:**


前にもどる