フォーンブース
とったら最後!電話ボックスから出られない!
素直に生きよう、言葉で伝えよう

ん〜時代は変わるねぇ〜・・・
つい最近まで、電話ボックス前で並んだり、
テレホンカードが切れて焦ったり、
10円なくてしぶしぶ100円入れたり・・・
そう考えると携帯電話ってすごいわ〜ん♪
でも、電話ボックスの魅力もたくさんあると思うけどね
冬は寒さよけになるし
最近はめっきり使わなくなっちゃったけど、
もんちはどちらかというと携帯電話より公衆電話派!
たまにヌメヌメしてて、「ぎょっ!」ってなるけど、レトロでかわいいじゃん
おぅ!映画はね、時代の変化をうまくとらえた作品
設定としてはかなりおもしろい
コリン・ファレルのスキャンダラスの生き方を考えると、これぞはまり役!
たんたんと進むけど、まずまずドキドキ、まずまずハラハラ?

電話ボックスの中にしろくま先生です
もんち「ね〜ね〜だれとお話してるん?いいことあった?はっぴ〜こねた?」
しろくま「ぎょっ!もんちだ!あとでチョコあげるから静かにお茶しててぇ〜」
電話の相手「・・・しろくまも大変だな〜・・・」

おすすめ度:****
お気に入り度:**


設定そのものはかなり秀逸な映画でしたよっ
主役のコリン・ファレルもかなりいい演技をしていましたね〜
何より主人公スチュが、外見ばかり気取っているところから、
徐々に人間臭くて弱い、素っ裸のただの男になっていく展開は、
しろくま的にはかなり共感が持てましたね〜
ただ、浮気をしようとしただけでおおごとにしてしまうのは、
サイコパスな犯人とはいえ、やりすぎな様な気もします・・・
1時間半と短い映画ということもあり、テンポ良く楽しめて、
なかなか面白い映画でしたよ

もんちは、はっぴ〜こねたに敏感で、
何か面白い事がないかどうか、常にアンテナを張っていますよっ

おすすめ度:***
お気に入り度:***


前にもどる