シリアナ
男の色気に見え隠れする陰謀のドロドロ
なんて自分勝手な石油のお話

夢・友情・勇気じゃな〜い!
『少年ジャンプ』のノリが大好きなもんち向きではない
お話は複雑だし、もんちはよくわからないから、
ジョージ・クルーニーしか観てませんでしたん
複雑な社会情勢にも関心を持たないといけないけど、
やたらと前向きなもんちにはちょいと理解困難な陰謀もの
石油って限りある資源だし、
もっとはっぴ〜♪うっぴ〜♪世界平和〜♪を考えましょうよねん

しろくま「ん〜石油の世界はドロドロだ!」
もんち「おぅおぅ!石油ってハイオク」
しろくま「・・・またわけわからん!ところで「もんち価」って何?」
もんち「もんちの気分し・だ・い♪」
しろくま「絶対入れない!!!」

おすすめ度:*
お気に入り度:*


かなり重厚で難しく、空恐ろしい社会派サスペンスでしたよっ
出演者はジョージ・クルーニー、マット・デイモンなどなど、
誰が主役だかわからない程に豪勢かつ渋い配役でしたね
肝心のお話の方は、一見すると全く関係ない独立したお話が、
いくつか平行して進み、最後にすべてが一つになるという、
かなり上手い作りで、非常に感心しましたよ
ただそこまで至るまで、盛り上がりや派手さに欠けるのと、
複雑な社会的背景が関わっていて難解な内容のため、
そういった事にあまり興味がない方には、
「つまらない映画」と取られても全く不思議はないと思います
また「観終わってスッキリ!」とか「面白かった〜♪」とか、
そんな後味の良い映画でもないので、かなり間口は狭いです
なので、社会派サスペンスや混沌とした世界情勢について、
興味がない方には、おすすめできない作品ですよ
ただ、アメリカや石油、イスラム過激派やテロリズムの関係について、
知られざる一側面にぐいっと近づける作品なので、
そういった面では非常に興味深い作品かと思いましたね〜

「もんち値」は「時価」と異なり、もんちの気分次第で変動します
交渉の際には、ソニプラで売っているプレッツェルか、
チョコたっぷりのクッキーが効果的だと思いますよっ

おすすめ度:**
お気に入り度:***



前にもどる