ソウ2
生きてるってすばらしい〜!な第2弾
明智小五郎も世代交代な筋肉痛スリラー

これまたかなりご迷惑なお話
ジグソーさんはまたまたまめに、調査して拉致して、ご苦労様です
「きたぁ〜」って感じがちりばめてあって、
前作としっかりつながっているところがすごい!
前作より「うぎゃ〜」なシーンが満載で、
小心者もんちは観れないところが多かった
今回は肩じゃなくて、お膝のまわりが筋肉痛になっちゃいましたん
帰りのもんちのぐきぐき不自然な歩き方が1番怪しかったかも
やっぱり、あんなことしなくても、生きてるってすばらしいって、
もんちはいつも思ってるよ〜ん♪

目が覚めると毒ガスのお部屋にいるしろくま先生ともんちです
しろくま「もんちぃぃぃ〜、早く出口探そうよ〜」
もんち「か・ほ・う・は・ね・て・ま・て」
しろくま「今回はそんなこといってると死んじゃうから、起きろよ!」

おすすめ度:**
お気に入り度:*


前作同様、いやそれ以上に「痛い」スリラーでしたっ
全編に渡って、極限状態の群像サスペンスに仕上がっていたので、
観ていたしろくまも、かなり混乱しましたよ・・・
そんな訳で、あまり謎解きに集中できず、
登場人物たちと同様、追い込まれた精神状態となり、
あっという間にエンディングまで到達してしまいました
話そのものは強引と言うか、力強いストーリーテーリングで、
ぐいぐいと観客を引き込む力がありましたよ
登場人物たちもそれに伴い、魅力的?に描かれていましたね〜
今作品も、前作と同様かなり謎が多く残っていましたが、
その辺りは観終わってから、いろいろと想像するのが、
『SAW』シリーズの楽しみ方の一つなんでしょう
流血シーンや暴力的なシーンが多く、当然R指定となっていますが、
それでもいろんな意味で堪能できるような、
「ソリッド・シチュエーション・ホラー」に仕上がっていました
ちなみに『SAW』を観てからでないと、全然話についていけないので、
必ず『SAW』を観てから、『SAW2』に進んで下さいね〜
もちろん、公衆の場でネタばれな話をするなんてもってのほか!
いろいろ議論する際は、人のいないところでしてくださいね〜

もんち、やはり今回のピンチでも「果報は寝て待て」で対応です〜
度胸が座っているのか、単なるものぐさなのか・・・謎です

おすすめ度:***
お気に入り度:***


前にもどる