ランド・オブ・ザ・デッド
ロメロが創造するゾンビの進化
ゾンビも実は花火好き!

むぎゃ〜・・・おぎゃ〜・・うぅぅぅっひ〜
始めはひかえめなのに徐々にロメロのリアルなぐちょぐちょシーン満載!
『死霊のえじき』に比べるとにょちょ〜シーンは寸止め感があるけど、
やっぱりロメロのぐちょちょ〜は吐きそう!
最後の方は手ぬぐいで顔隠しながら、
「ひ〜・・・ひょえ〜・・・」って声が出ちゃうし、
足バタバタしちゃうし・・・きわどいシーンはほとんど観れなかったよ〜ん
近代的な閉塞した世界が舞台で、
差別や人間の愚かさはしっかりドラマになってるからすごい!
知能を持ったゾンビ大将は人間味にあふれてて、まったく恐くないんだけど、
いつも先頭にいる赤いユニフォーム着た女の人ゾンビが怖〜い・・・
ちなみにもんちゲロゲロエチケット袋をしっかり持参して観たんだよ〜ん
そんなもんちの隣でポップコーンをほおばっていたしろくま先生は最強だ!

ぱちちん・・・
しろくま「あぎゃっ!あんなところにゾンビもんちが!」
もんち「みひゅ?」
しろくま「もんちはゾンビになっても線香花火好き?」

おすすめ度:*
お気に入り度:*


う〜ん、流石に濃いいゾンビ映画ですね・・・
ビッグダディの行動に人間らしさが見えた分、
底知れぬ恐ろしさという面で、少し物足りなさがありますが、
ジョージ・A・ロメロ監督お得意の社会派な設定や、
ゾンビそのものの特殊メイク、獲物に群がる雰囲気は、
かなり生々しいものがありましたよ〜
人間の愚かさや欲望がしっかり出てましたし、
人間ドラマも垣間見えて、このあたりの話の展開は、
お約束ではありますが、上手いと思いましたよ
ただ、ゾンビうようよ映画であるために、
すべての人が見て楽しい映画ではありません・・・
ちなみにゾンビが超苦手なのに、
この映画をわざわざ映画館で観てきたもんちに、
しろくまはスタンディング・オベーションしたいです

花火好きなもんち、打ち上げ花火も好きなのですが、
一番好きなのはやはり線香花火のようです
ゾンビになったら動きがゆっくりな分、
線香花火の火種を、最後までぱちぱちできるかも知れませんね〜

おすすめ度:**
お気に入り度:*


前にもどる