ボーリング・フォー・コロンバイン
突撃インタビューでアメリカの拳銃文化をザクッとバッサリ
自己防衛?破壊マニア?とにかく理解困難です

アメリカの病んだ銃世界を絶望的に、あるいは悲観的にではなく、
真面目なんだけどコミカルに語っているのがすごい!
年に数万人が射殺されるという、アメリカの現状も驚きながら、
どうしてその様なことになったのか、これからどうすれば良いのか、
というムーアの鋭い考察も、とても興味深いですっ
見ている方にも多くの問題を突きつけられて、
いろいろなことを考えさせられる作品でしたよ
それにしても、マイケル・ムーアは敵に回しちゃいけないね〜

おすすめ度:****
お気に入り度:**


拳銃を持っているのがあたりまえって感じが信じられない
拳銃という1つの文化をとってもこれだけ考え方が違うんだな〜って実感
気分が悪くなるほど、かなりショック!
もんちは拳銃所持とか反対派!

あなたのお家にもんちが突撃インタビュー
左手に持っているのはでっかいおしゃもじ!?
インタビューじゃなくって、晩ご飯狙い?

おすすめ度:*****(観る価値あり)
お気に入り度:*



前にもどる