ニルヴァーナ
ゲームの中の主人公が「解放して〜」って訴える
クリストファー・ランバート主演の近未来SFもの

ゲームの主人公が普通のおじさんなところがかわいい
ゲームのキャラクターは不死身で何度もやり直しができるから、
とてもうらやましいと思うけど、
終わりがないっていうのも切ないのかな?
もんちもRPGのゲームは大好き
もんちの主人公はかなりのストレス感じてると思うよ
何しろ魔法覚えても魔法使わない
戦闘は全部接近戦!回復には薬草を使う
薬草を買うために、重要なアイテム売っちゃう
装備のコーディネートもいけてない
最終アイテムの剣を持っているのに、洋服は最初のまま
ま〜とにかく肉弾戦が基本
ちなみにおねねはチームで戦う概念がなかったらしく、
自分のチームより敵が多いと「なんて卑怯な」と怒りだす
極めつけはボスに対して主人公1人で戦っていた
それでも勝っているおねねはすごい
「我が名はおねね、おぬし名をなのれ〜い」の世界です

変な看板もんちです
映画の中では舌がビヨ〜ンとのびるけど、
もんちの舌はとても短い!
早口言葉はできません

おすすめ度:**
お気に入り度:**



前にもどる