ノーマンズランド
3人の敵国兵士のかけひきもの
かなり印象に残る反戦映画

戦争の愚かさと、人間の可笑しさが微妙に混ざり合った、
ちょっと笑えて、かなり考えさせられる不思議な映画です
「何で戦争なんてするんだろうね〜」
「人が殺し合うことに意味なんてあるのかなぁ?」
なんて、深遠な事を考えさせられたりもします
同時に人間の良さや生きることへの意味も、
はしばしに見られるウィットとユーモアと一緒に示されるようです
でも、エンディングはやっぱり切なくて、ほろ苦いです
一応戦争映画なんでしょうが、、、
戦闘シーンはちょっとだけで、はっきり言ってヒューマンドラマです
決して派手なアクションなんて期待してはいけませんよ〜

おすすめ度:***
お気に入り度:**



登場人物のやり取りはちょっと笑えるけど、
とにかくせつなさと、戦争のむなしさが残ります
地雷の仕掛けとかかなり残酷!
でも実際はもっと残酷で非情なことがいっぱいあるんだろうな〜っと思うと、
悲しくなっちゃいます
国連軍についても、けっこう厳しく表現されてるよ
少ない登場人物で淡々と進むけど、反戦を訴える斬新な映画だよ

助けを求めるもんちです
ゆるゆるボクサーパンツはらくだ色
もしや鈴中で購入か?

おすすめ度:****
お気に入り度:****



前にもどる