オーブラザー
コーエン兄弟のドタバタ珍道中
懐メロ満載、ヒューマンブラックコメディー
悪戦苦闘中にずぶぬれボーイズが大ヒット!

やっぱりコーエン兄弟!ってな感じのファニーな映画です
脱獄囚の大冒険の末に見つけ出すものは・・・!?
ニヤリとさせられどおしのヒューマンコメディーですわ

原案が一応、古代ギリシアの吟遊詩人ホメロウスの、
一大叙事詩「オデュッセイア」ってことらしいけど、
そんな前置きなんて全然知らなくても、十分楽しめますね
もちろん、ちゃんとストーリーは沿っているみたいだけど

変なストーリーもいいけれど、やっぱり音楽!
そして劇中に現れる怪しげで個性的なキャラクターに、
みるみる惹かれていっちゃいますね〜
でも、やっぱりおかしいのがジョージ・クルーニー扮する、
マクギーのめちゃめちゃ人間臭いところかな?
そんなに髪形にこだわらなくてもいいのにねぇ
やはり「男のこだわり」なんでしょう

コーエンものの中では、かなりファニーで面白い映画なので、
「今までどーも・・・」と敬遠していた人は見てみて!
本当に人生は面白い、って思えちゃうかもね〜

おすすめ度:****
お気に入り度:****



ジョージ・クルーニーの髪型へのこだわりがかわいい
ポマードはダッパダン派?らしい・・・
もんちはポマードの匂いは苦手です
とにかくずぶぬれボーイズの歌をはじめ、サントラが最高!
個性派俳優さんの必要以上に大げさな表情に注目
ちょぴっと登場する脇役さんも濃いいです
ちょっと切ない父親心、政治家と有権者、
人種差別もブラックユーモアで・・・
よくわからない宗教団体、いっぱいでてきます
終わり方はコーエン兄弟っぽい
コーエン兄弟ものでは誰がみても楽しめるお話ですよ〜
それぞれのシーンの色の微妙な変化も注目してね

もんち、捕まっても髪型にこだわってみました
鎖というよりがらがらへびとじゃれあってるみたいです

おすすめ度:****
お気に入り度:*****



前にもどる