ムーミンパパの 今日の交通コラム 1998年12月

この欄への投稿のご案内

週3回火曜日、木曜日と、土曜日にお休みさせていただいています。
ホームページに戻る


30日(水)創業者の家系
東急電鉄系列の準大手ゼネコン東急建設では、社長の五島哲氏が業績不振の責任を取って退任、親会社東急電鉄副社長の井原国芳氏が社長に就任される事になりました。ここまでは普通の系列会社の社長交代ですが、退任された五島氏は東急創業時の社長五島慶太氏の孫という事で、いろいろ話題を呼んでいます。五島哲氏は東急電鉄取締役には残るようですが経営中枢にかかわる事は無いと見られ、五島慶太氏、五島昇氏、と続いた五島家2代にわたる社長も3代目は無いという事になりました。
もっとも、私は交通関連の企業の場合、非常に特殊なケースが多く、このような世襲製にも似た社長の継続もそれなりのメリットがあるのではないかと思っています。このような創業者の一族がそれなりの影響力を持つ会社は大手でも東急以外に西武、東武、阪急がありますがいずれも一人か二人程度で同族経営というのとは違う状況になっています。ただ、東急の場合はグループの結束を五島家のカリスマ性で保て来たようなところがあり、今後のグループとしての行動に注目が集まります。


28日(月)航空機メーカ
大手航空機メーカがアメリカボーイング社と、欧州のエアバス社だけになった今、日本でもボーイング社の共同開発企業だったメーカがエアバス社とも取引を開始しようといろいろ模索しているようです。ボーイング社のご機嫌を保ったままのエアバス社との取引もおこなうというのはそれなりに難しい面もあるようですが、日本の航空業界も難しくなってきました。


27日(日)クリスマスに寄せて
クリスマスも無事におわりました。まあ、今年のは例年に比べて景気が悪い分引け目だったようですが。
ところで、サンタさんからプレゼントはあったでしょうか。赤鼻のトナカイの乗ったサンタの輸送量は実際にはとんでもない量になるのですが、まあこう言う話は非現実的な話ですね。
日本では暮れのお歳暮関係と帰省ラッシュ関係で交通関係は大変なんですが、欧米ではクリスマス前の宅配便と郵便が非常体制になります。


25日(金)乗客の非難誘導
最近、JR東日本の管内で事故等で電車が立ち止まったときに乗客が勝手に非常用コックを空けて電車から脱出するという事態が発生し深刻な状況になっています。勝手に非常用コックを空けての脱出は大変危険でかつ、迷惑な行為でこれは是非止めてほしいのですが、ただ、JR東日本が対策の立てようが無いというのもこの会社の危機管理の無能さを見せられた思いで腹が立ちます。危機管理のイロハは全社員の教育から(社長から一般職員まで)ということを会社幹部が知らないのではないかと思います。その為に普段から、考える能力を摘んでいるので実際に起こったときに右往左往するだけで何にも出来ないといった状況になるのではないかと思います。昨冬の大雪でいろいろハード的にいじった事が新聞発表されたようですが人の教育面では何も変っていないようで今年の冬もやっぱりだめなんだろうと私は思っています。
一番進んでいるJR西日本が阪神大震災という大災難をもっとも被害が大きかったにもかかわらず真っ先に復旧させたのは危機管理の教育が徹底した矢先だったというのはこの方面の専門家の常識になっています。
電車が立ち往生したときの、車掌の案内放送からしてJR西日本とJR東日本とは違うとまで言われる現状をよく診てほしいと思います。


23日(水)整備新幹線からのおこぼれ
大蔵省の来年度予算案が内示されましたが、景気対策とかで大盤振る舞いが続出しています。整備新幹線も例外ではなかったのですがばらまきと批判されるのを恐れて首相の「都市住民への配慮も」の一言で、建設の決まっている営団地下鉄13号線「池袋ー渋谷」と東急東横線との相互乗り入れ、京阪の中之島新線計画に調査費が付きました。
営団地下鉄13号線と東急東横線との相互乗り入れは以前から噂に上っていたものですが、渋谷地区のどこに駅を作るのかとか、非常に便利な位置にある東横線渋谷駅をどうするのかとかの問題があります。実現すれば西武、東武、東急の車両が同一線路内を走るわけで大昔の西武と東急の確執を思うと歴史を感じます。営団地下鉄13号線に関しては乗客の動向調査から東急新玉川線も乗り入れさせるべきだとか、13号線は半蔵門線とも直結させて東武や西武方面からの列車をという意見もあるようです。しかしいずれの場合もそのようなルートを見つけるのが困難ではないかといわれている路線です。
京阪の中之島新線は天満橋から本線と分離(同線利用者ならお分かりでしょうが天満橋のおり返し線が延長されます)して中之島北端を西に難波橋、大江橋、渡辺橋、を経て玉江橋(ロイヤルホテルの付近)にいたるもので、現在の天満橋-淀屋橋間の実質複々線化と、10両対応の困難な淀屋橋駅の改造代替案(この線が完成してから淀屋橋駅は階段式ホームを普通のホームに改造して10両対応するといわれています)となります。京阪は以前からこの構想を持ち野田阪神まで延長して阪神と相互乗り入れという構想がありましたが、阪神の難波延長工事のほうが熱心なために実りませんでした。しかし、地元の反対で工事がストップしたままの難波延長工事を見て西九条から阪神に玉江橋まで建設させて京阪と相互乗り入れさせようという考え方もあり、また中之島の再開発構想や、大阪オリンピックともにらんで工事が進められていきます。この線は終点の玉江橋で建設計画に上がっているなにわ筋線と連絡します。また京阪電鉄では大阪オリンピックが正式に決定すればオリンピックまでに開業させると2年ほど前に発表しておりそうで有ればそろそろ動き出すタイムリミットだという事になります。


21日(月)冬至
明日は冬至です。一番夜の長い日という事で、車内照明の話です。
車内照明で関東の私鉄と関西の私鉄との一番の違いは、照明装置にカバーが付いている(関西)か付いていない(関東)かです。JRでも国鉄時代は関東の私鉄と同じでしたが、JRになってJR西日本は自社設計の電車はカバー付きになって関係者を驚かせました。カバー無しといっても蛍光灯にはビニールコーティングしたものが使われているために割れたりしても大丈夫なようになっています。
最近では蛍光灯もインバータ形が増えています。電車でもインバータ蛍光灯が増えていますが、これだと直流電源でも可能な事から停電時の車内照明も蛍光灯でやろうという車両が増えています。従来の停電時用の小さい白熱灯とは比べ物にならない明るさでこういったところにも技術の進歩が出ています。


20日(日)すす払い
今日はすす払いの日ですね。といってもほとんどの家では今日は大掃除をしようということもないようですが。もっとも今年は日曜日ですからやっている方もいらっしゃるかもしれませんね。
鉄道車両では車内の清掃も車体外部の清掃もダイヤ上細かく決められており、車庫の清掃設備の運用や人員配置なども厳密にきめられています。 (何らかの事情で極端に汚れるとそんな事も言っておれませんが)
車体外部の清掃は普通のスチール製電車の場合だと、2日に1回程度、機械で水洗い、洗剤を使っての洗浄、水洗い2回、その後、細かい部分の手洗いといったところでしょうか。地肌がそのままのアルミ車の場合は1日に1回から2回、水洗い2回程度で、その後、手洗い(ここでも洗剤は使わない)といったところのようです。ステンレス車両の場合にはどちらでもよいようで、各社都合のよいほうが取られています。
最近、塗装したアルミ車が増えていますが、その最大の理由は塗装していないアルミ車だと清掃の関係からダイヤ編成上、アルミ車と普通スチール車と切り分けないといけないのを嫌ったためです。そう言うわけで、塗装したアルミ車はスチール車と同様の清掃を行っています。


18日(金)東京ディズニーランドの路面電車
先日、東京ディズニーランドに行ってきました。そのなかの、トゥーンタウンというところにジョリートロリーと名づけられた路面電車が遊具として設置されています。路面電車が遊具として設置されているというのに時代を感じさせます。遊具といっても単線運転ながら閉塞はやっているし、それなりのシステムになっているようで意外と本格的なものです。人ごみでの混雑地帯を走るために電車に先行して人が歩いて誘導すると言うのは明治の黎明期の路面電車のようでなかなか面白いものです。
遊園地の遊具の乗り物というのは結構目が離せません。本物を模したかなり本物志向の強いものや運搬道具に人が乗れるようにしたものまでいろいろ有ります。また本格的な交通機関用に開発した技術の試験線代わりに遊園地に建設した事も有り最近では侮れない事になっています。


16日(水)忘年会
いよいよ、1998年も後わずかという事で、忘年会シーズンになりました。このころになるとやはりというか、何というか酔っ払いの乗客が各交通機関に増えるんだそうです。まあ、普通の酔っ払いなら良いんでしょうが、そうでないのはやはり困ります。それと、いくら酔っ払っても自分の家に帰るのに最終電車だけはきちんと調べておきましょうね。
まあ、最近はひところよりもタクシーは拾いやすくなりましたが。

そのタクシーですが現在、タクシーのリンク集を立ち上げようとがんばっていますがなかなか大変です。今年中になんとかしたかったのですが、ちょっと無理ですな。もうしばらくお待ち下さい。


14日(月)年末年始
今年の年末年始の、交通機関の予約状況が押しなべて低調のようです。JRでは前年比89%とかいってますからかなり少ないでしょう。今年の帰省は有る意味では比較的楽な帰省かもしれません。
しかし、その分、今年の都市部での有名神社仏閣での初詣が多いんでしょうな。


13日(日)タイ航空機事故
タイ航空国内線のバンコク発スラタニ行き621便(エアバスA310−200型機)が着陸に失敗、多くの方が亡くなられたり怪我をされています。原因究明はこれからですから軽々と論じるわけには行きませんがエアバス機のまたもや着陸復航時の事故ということで、この形の飛行機ではこの時の事故が多いのが気になります。また、名のとおった国際線を保有する国内線の事故だけに日本人を含めた外国人の補償問題もどうなるかが注目です。ちなみにタイ国内法では補償のマックスが35万円だそうで、スターアライアンス加盟航空会社の補償がそれで許されるのか等新しい問題も提起されそうです。ちなみに日本の国内線では補償の最高限度の制約はありません。

亡くなられた方に哀悼の意を表します。また、怪我をされた方の御快復を祈念します。


11日(金)切替工事
13日始発から、東急二子玉川園駅の西行ホームの発着が変更になります。長年かけてきた同駅の改良工事のやっと最初の山場という事でしょうか。内容そのものは従来1番線を使ってきた大井町線が2番線に、2番線を使ってきた新玉川線、田園都市線が1番線に移動するというものですが事はそんな単純な切替で無いのはこの駅の利用者ならわかると思います。輸送力増強工事というものが物凄い金がかかるという事の見本のようなものです。今後東行きホームについても同様の切替がなされ内側が大井町線、外側が新玉川線、田園都市線となります。これでやっと、非常に使いづらい終点駅といわれた大井町線二子玉川園駅は飛躍的に改善され今後大井町線の増発に展望が開けるようになります。


9日(水)着膨れ
いよいよ、寒くなって着膨れのシーズンになりました。それに伴って電車も朝のラッシュ時には遅れが目立つようになってきました。でもね、電車の込んでいるから遅れるのは電鉄会社の責任ではなく乗客の責任なんですよ。別に乗るなと言いませんがスムーズな乗車と降車を乗客が協力しあってやればこの時期の朝でも定時運行は夢ではないと思います。ラッシュ時に電車が遅れる最大の原因は駅停車時間が所定のダイヤで済むかどうかにかかっています。したがって、駅に止まればドア付近の人はホームに下りて積極的に通路を空ける。降りる人は声をかけて通路を空ける。ドア付近に固まらない。すいたドアで乗り降りする。かけこみ乗車等の無理な乗車はしない。といったところなんですが。

あと、私は中間駅での整列乗車は百害有って一利も無しと思っているのですがこんなところに書くと夜も寝られなくなるので次回にしましょう。(だからといって整列乗車はしてくださいよ。今の情勢では整列乗車しないと混乱するだけですから。)


7日(月)年末年始
とうとう、12月ですね。師走です。今年も年末年始に向けて様々なイベントや臨時列車の運転がおこなわれます。また、いろいろな年末年始だけの切符も発売されます。JR関係は8日にダイヤ改正が予定されているためにアナウンスが遅れていますが例年と同じように発売されます。帰省せずにとどまる人なんかは一度考えてみたらどうでしょうか。


6日(日)航空会社の情報公開
運輸省では、航空会社が公表すべき、安全に関する情報の指針作りに乗り出している事がわかりました。欠航率や遅延発生率、重大な故障や修理の内容や件数等が適用されるといわれています。実際に公表するかどうかは航空会社の判断とされていますし、欠航率や遅延率等は自社原因か他社原因かの判別も難しいです。故障や修理等も素人には判断が難しい側面がある(数字だけで単純に推し量れない)というのも事実ですが、ここは英断で持って積極的に公開してほしいと思います。


4日(金)
私の家の周りでは昨夜から雪が降っています。今冬はじめての雪ですがひょっとしたら積もるかもしれません。今年は過去数年間暖冬だったのに比べるとまともな冬だそうです。去年は首都圏の鉄道は行きにかなりいじめられましたが今年はどうでしょうか。昨年より厳しい冬である事は間違い無いようです。どこかのJRは設備面や機械面ではそれなりに金をかけたようですが人の教育には目がいかなかったらしくて私はやっぱり不安なんですが。


2日(水)リニューアル
JR西日本が快速に使っている、113系電車(いわゆる古いタイプの快速電車)のリニューアルをはじめました。それで、第一陣がこのほど公開されましたが、何とオール転換クロスシートで座席数を大幅に増やしての登場となり、周りを驚かせています。このタイプの電車はJR東日本がラッシュには不向きだとわけのわからない理屈でロングシート化を推し進めている車両と同じものです。私自身、今後の乗客の高年齢化と若年層の腰部の弱体化は今からでもラッシュ時でも全員着席を目標にしないといけないのではないか。そう考えると、1両のなかに一席でも多くの座席を提供しようというのは好感が持てます。


この欄への投稿のご案内

前月へ翌月へ

ホームページに戻る