ムーミンパパの 今日の交通コラム 1998年8月

この欄への投稿のご案内

週2回火曜日と金曜日にお休みさせていただいています。
ホームページに戻る


31日(月)大雨
先日より東海地方から東北地方に豪雨が続いています。交通機関も各地で運転を見合わせているようです。幸いにして交通関係いで大きなニュースは入っていません。関係者のご努力に頭が下がります。

被災された方にお見舞い申し上げます。


30日(日)食堂車廃止
10月のダイヤ改正で、新幹線の食堂車が全面廃止になるようです。走る車窓を見ながらの食事や飲食は捨てがたい面もありましたが残るのは寝台特急の北斗星とトワイライトエクスプレスだけになりました。むかしは特急雷鳥の全列車に食堂車がついていたりしたんですがやはり時代の流れでしょうか。


29日(土)スタンプラリー
関東の私鉄が例年行っている、スタンプラリーが今年は不振のようです。老舗東急では、8月10日ごろ売り切れになるスタンプ手帳が今年はほとんどの駅でまだ好評発売中とか。他社も同じようです。私は娘と二人で2回で東急を制覇して、壁掛け時計をもらいました。本当は、気に入った駅があると駅周辺をよろよろと回ってみると、楽しいかもしれませんがあんまりそういうひまも金も無いのが現実です。

台風が近づいています。書く交通機関とも相当の混乱が予想されます。週末にスタンプラリーをされる方は、あまり無理をせづに、おこなってください。また、子供だけのスタンプラリーは週末は避けたほうがよいかもしれませんが、行う場合は親元に類焼に電話連絡をとられたらよいと思います。


27日(木)飛行機と鉄道
全日空が11月の搭乗分から特割の割引率と制度、便数、席数を見直しJR競合路線の競争力強化を打ち出しました。一方、JR西日本では次のダイヤ改正から航空機との競合路線での競争力強化としてスピードアップも含めた方針を打ち出し注目を集めています。今まで、航空機と鉄道が競合しているといってもここまで相手を意識した発言はこれまでには無かっただけに今後の状況に注意が必要です。
なお、JR東海とJR西日本が共同開発中の700系新幹線ですが、JR西日本では方針変更がなされた模様で東京−博多間ののぞみには従来どおりJR西日本担当分は500系中心とし700系は充当しないことになった模様で700系を中心として運用するとした東海と違う方針に変っています。


26日(水)空港輸送
京浜急行の羽田線が11月18日に延長開業します。これにより、従来はモノレールに乗り換えないと行けなかった京浜急行からの羽田空港行きは京浜急行のみで行けるようにないます。また、相互乗り入れしている都営地下鉄と京成電鉄を経由して成田空港と羽田空港とも直通列車が運転されます。また、これにより、羽田空港へむかう乗客の主力はモノレール輸送が主でしたがこれも京浜急行に転移することが想定されます。従来は空港輸送は鉄道では輸送力過剰といわれていましたが航空機の大型化に伴って自動車交通では限界に成り最近では鉄道輸送が大都市圏の空港では当たり前に成っています。


24日(月)ハローキティーの定期券
九州の西鉄バスでは、女子学生を対象にハローキティーの通学定期券を発行しはじめました。通学定期券ですから誰でも帰るということに成らないのが味噌ですな。プリベイトカードや普通の乗車券ではこう行ったものが有りますが、定期券のスペシャルデザインというのはあまり聞いたことがありません。これが女子高生や女子大生のトレンドの一つになるんでしょうか。


23日(日)運賃公平の原則
日本航空の総会屋への利益供与事件に絡んで、いろいろなことが明らかになってきています。以前からうわさになってきていたように交通機関の絶対原則である「運賃公平の原則」が破られているということはこの会社では昔からうわさになってきただけにやっぱりということでしょう。こんなことをやってる会社は乗客から見ればわめいたら勝ち、おとなしくしていたら負けというわけでみんなで騒ぎながら乗ってみるかといいたくなります。しかし、もう一つ、鉄道でわめいたら、勝ちといううわさの有る会社がるんですがここも総会屋に利益供与があるんだろうか。


22日(土)労働組合
旧国鉄の分割民営化に反対し今なお分割民営化を認めていない、旧国鉄の分割民営化を今開かれている第63回定期大会でこれを認める提案を執行部が行い採択する見込みだそうです。時代も変わったもんだという気がしますが、これも実は日本の労働組合の歴史上、歴史にのこる大事件かもしれないのですがマスコミも何もほとんど報道していません。


20日(木)コンピュータによる不通
昨日、営団地下鉄有楽町線で5時間にわたって、不通になるという自体が発生しました。運転指令用のコンピュータがダウンし代替機の切替もうまく行かなかったということで、原因調査はきっちりやってほしいと思います。ただ、私は7時40分ごろ地下鉄半蔵門線渋谷駅にいましたがもうすでにきちんとした乗客誘導がなされており、このへんはさすがに早いなと感じました。どこかのJRはもっと見習ってほしいと思います。


19日(水)戻ってきた通勤ラッシュ
お盆休み期間が明け、人々が戻ってくると通勤ラッシュも戻ってきました。お盆休み期間中は電車もすいていてしかも時間どおり動くのでずいぶん楽な思いをさせてもらいました。みんなでオフピーク通勤を推進するのも悪くないと思いますがなかなか実現しません。ところで、フレックス制などのおかげで最も混雑する時間帯が少しづつ、後ろ経連れいるのをご存知でしょうか。やはりみんな朝寝坊はしたいんですね。


17日(月)日本最初のケーブルカー
大正7年(1918年)8月29日、日本最初のケーブルカーが開業しました。開業したのは生駒鋼索鉄道の生駒駅前−宝山寺間(現在の近鉄生駒鋼索線鳥居前−宝山寺)です。この路線は今日でも観光遊覧的要素の多いケーブルカーの中でも交通機関的要素の多いケーブル路線で戦時中も運転を中断しなかったケーブルカーとしていられています。


16日(日)はとバス50年
今月で東京の定期遊覧観光バス会社はとバスが開業50年になります。定期遊覧バス専門の会社というのは日本ではここだけです。最近では客数が減って、さまざまなコースを作って何とか乗客を呼び戻そうと必死のようです。定期遊覧観光バスというのは乗ってみると結構楽しいです。時間的に短時間で見るべきところをきっちり押さえています。また、各観光地では専属のガイドのスケジュールが定期遊覧バスに合わせていますからかなり時間的に有利な旅行が出来ます。満員で入るまで2時間とか3時間待ちの施設でも並ばずにはいれることも有ります。私なんか出張でその地にしばらく滞在するときはとりあえず、定期遊覧バスに乗ってその後に気に入ったところをもう一度回ってみたりしています。
ところで、はとバスは多分バスガイドになりたい女の子の憧れのバス会社人気第1位だと思います。バスガイドの質が高いのは当然だと思います。


15日(土)プロスポーツと交通機関
今年で西武ライオンズ発足20年だそうです。もうそんなになるんだなと驚く反面、その後、鉄道会社系列のプロ野球球団は様変わりしました。西武ライオンズももとは九州の西鉄ライオンズでした。当時は関西の私鉄は京阪以外の4社が球団を持っていましたが今や近鉄と阪神だけとなっています。ヤクルトスワローズももとはといえば、国鉄スワローズといっていたわけですがそんなことを知っている人も少なくなりました。スワローズは当時の国鉄最速の特急「つばめ」からきたものです。
いっぽう、サッカーではJR東日本、日本航空、全日空がスポンサーになっています。


13日(木)ワールドカップサッカーツアー
ワールドカップサッカーに観戦できなかったとして、大手旅行代理店が損害賠償の請求の裁判をおこされています。詳しいことは裁判で明らかになるでしょうが、新聞等を読む限り旅行代理店の言い分に無理があるように思います。そもそも、出発の2から3日前に行くか行かないかの決断を客に迫るというのも非常識ですし、そのような行為が旅行約款上許されているのかどうかも疑問に思います。客に対して充分な説明をしたといいながら説明に配慮が欠けていたという矛盾したコメントは憤りさえ覚えます。


12日(水)本社移転
全日空が本社を従来の霞ヶ関ビルから羽田の自社所有地に移転することになりました。これで、航空会社はすべて東京都心から本社が離れたことに成ります。あの有名な霞ヶ関ビルでも全日空本社はその象徴的テナントでしたし、運輸省のすぐそばにある本社としていろんな意味で日本の航空業界を示しているといわれていましたがやはり時代が確実に変わってきているんだなと思います。


10日(月)ガムと改札機
昨日、東急長津田駅で降りようとしたら自動改札機になんとガムが詰まっているとかで、メーカーの技術者の方と駅員がかなりてこずっているようでした。とんでもないやつがいるなあと思いましたが、ひょっとしてあれは以前、多発したガムによる自動販売機のつり銭窃盗犯と同じようなものなんでしょうか。犯罪行為だとしたらこれも許しがたい行為です。まあ、自動改札機にガムが入ること自体、もういたずらとかついうっかりの、範疇を越えていますが。
ということで、犯罪行為だとしたらということで一般の善良な自衛手段としては次のようなことでしょうか。
自動改札機を出たら必ず切符を確認する。切符が違っていたらすぐ大声を出す。券売機でつり銭が違っていたら(多いときも少ないときも)係員呼び出しボタンを押す。オレンジカードなどで切符を買うときにカードを入れたら手でカードの入り口をふさいでおく。後ろの乗客が金をいれようとしたりカードを入れたり金額ボタンを押そうとしたときはすぐに、係員呼び出しボタンを押すということでしょうか。
ずいぶん世知辛い世の中になりました。


9日(日)夏休みの臨時電車
夏休みに入って観光地を持った交通機関は臨時便を出したりしています。最近は行き先が多様化したことからそんなことにはなっていませんが10年ぐらい前までは首都圏から房総半島へ向かう観光客のために国鉄の総力を上げてという雰囲気でした。日本全国から余っている車両をかき集め、一部の秋竣工予定の新車を早期に完成させて千葉へ臨時的に持って来たり、はたまた春に廃止予定の車を延命処置して千葉へ持って来たりしていました。夏になると千葉には日本全国の車がそるとまで言われそれを目当てに日本従の鉄道ファンが集まったりしました。「臨時電車は急行でも車がぼろだ」といわれるのもうなづけるようなこともいっぱい有りました。


8日(土)夏休みの電車
最近は通勤時間帯でも乗客が減ってかなり楽に通勤できるようになりました。普段座れない電車に座れたりします。お盆が過ぎればある程度元へ戻りますし、夏休みが終わればもう本当に夢だったと言うことになるんですが。
交通機関によってはこの時期日曜休日ダイヤで運転したり、特別ダイヤで運転することがあります。ご注意下さい。


6日(木)阪神電鉄の甲子園輸送
夏の甲子園野球大会が始まりました。それにあわせて甲子園野球場の観客輸送を一手に引き受ける阪神電鉄でも万全の体制で準備しています。いつ終わるのかわからない野球の観戦客の帰宅時間にあわせての輸送計画は大変なものです。甲子園野球期間中はすべての工事と試運転を禁止した状態で行われています。


5日(水)コンピュータ事故
昨日、大手都市銀行のコンピュータシステムが停止し7時間あまりオンラインシステムが停止するという事故が起こりました。鉄道や航空でもコンピュータがさまざまな分野で活躍しており、コンピュータが止まるとやはり結構大きなダメージが発生します。すでに、山手線で朝コンピュータが立ちあがらないと運転を始発から6時間あまり止めたことも有り他人事では有りません。


3日(月)甲子園輸送
6日から夏の甲子園野球大会が始まります。この大会では地元阪神電鉄の観客輸送はもちろん、全国の応援団輸送のためにバス会社、航空会社、鉄道会社の懸命の輸送が行われます。


2日(日)SLの塗装
大井川鉄道のSLの1両が、8月23日までピンクに塗られて「SLマン」と賞して登場しました。雑誌の写真で見たときにはありゃまと思ったものですが、私としてはいまいちですな。
それと同時にSLだけでは客寄せパンダにならないということも如実に示したようなもので、各地で起こっているSL存続運動についても今後見直しが必要ではないかと思います。げんざいのSL保存運転はJR西日本を除いてその部品を保存車両に頼るという手法によっており、早晩行き詰まるのが明白です。ぜひとも長期にわたる保存計画を策定しその中での保存運転であってほしいと思います。


1日(土)航空運賃
日本航空が、スカイマークエアラインズなどの運賃が安い事を売り物にした航空会社の新規参入に運賃の割引率アップをもう打ち出しました。従来、大手航空会社のドル箱といわれてきた東京ー福岡、東京ー札幌などで競争が始まります。劇的な変化が起こるのかどうかはまだわかりません。国内の航空路線は今ある意味で瀬戸際に立っています。新規航空会社の参入、地方における大型空港新設(たいてい不便になる)、JRなどの地上交通機関の巻き返し策が軌道に乗ってきたことなどです。


この欄への投稿のご案内

前月へ翌月へ

ホームページに戻る