ムーミンパパの 今日の交通コラム 1997年9月

この欄への投稿のご案内

週2回火曜日と金曜日にお休みさせていただいています。
ホームページに戻る


29日(月)ガルーダ航空の事故
先日インドネシアのガルーダ航空のA300型機が墜落し多くの方が無くなられました。日本人も何人かなくなられています。
視界が不良のせいとも、森林火災の煙による機体トラブルとか諸説有りますが、事故後の空港の長期間の閉鎖など異例ずくめの事故です。

最後になくなられた方のご冥福をお祈りします。


28日(日)鉄道のイベント
10月14日の鉄道記念日を前にして各鉄道事業者で行われるイベントが次第に明らかになってきました。ホームページを開設している事業者はたいていそのホームページ上でイベントの内容が告知されています。この中には普段あまり目にする事の出来ない設備や場所の見学会も有ります。今から10月のスケジュールの予定に以下かがでしょうか


27日(土)運賃改定(2)
今日、小田急電車に乗っていると運賃改定の掲示文が車内に掲出されていました。で、この文書を読んでもなんで値上げなのかがさっぱりわからない。今回の運賃改定は今までになく不透明な不思議な値上げです。
今までの私鉄の値上げでは私はどちらか追いうと肯定的な発言が多いのですが今回は少し違います。
今後ゆっくり、検証して行きたいと思います。


25日(木)バスの小児運賃
先日、京王帝都電鉄バス(10月1日から京王バスと京王帝都電鉄バスと使い分ける必要になります)では従来の幼児無料が6歳以上の乗客一人に月一人まで無料が鉄道と同様に二人まで無料となります。他社は未確認ですがこれで、バスと鉄道の連絡割引切符で家族旅行するとおかしな事になるのが無くなります。


24日(水)運賃改定
関東私鉄大手のうち5社が運賃改定の申請を運輸省に出しました。申請どおり12月28日から実施の予定ですがこの中で京王帝都電鉄だけが値下げとなっています。戦後初めての事だけにどのような現象が起こるのか注目されます。
他社は「特定都市鉄道整備事業」のしがらみから抜け出せない為値上げするようですが、この部分の解説はどこをどう読んでも良くわからない。


22日(月)バス運賃
神奈川中央交通バスで土曜日曜祝日に限り、同社の通勤定期を持っている人とその家族を大人1回乗車100円、子供50円とする大幅割引を20日から実施しています。
マイカーの普及で通勤以外のバス利用が減少している上、その分マイカーの普及で交通渋滞が発生し定時運行が難しくなっている事から考えたようです。
確かに思い切った制度でその成り行きは注目すべきでしょう。
ただ、バスの場合、一部会社の運転士の勤務態度等も問題があるようです。また、どのバスに乗ったら良いのか、どこから乗ったら良いのかわからないバスターミナルなどまだまだ改良の余地が有ると思います。


21日(日)英国鉄道事故
英国でかなり大規模な鉄道事故が発生したと外電は伝えています。海外の事ゆえ良くわかりませんが、本線を横断中の貨物列車に急行列車が側面に衝突したとも、その逆だとか言われています。
ヨーロッパでも比較的安全性の高いと言われていた英国での事故だけに驚きました。


20日(土)東武鉄道創立100年
今年の11月1日で東武鉄道は会社創立100年になります。日本の鉄道では現存している会社としてはもっとも古い鉄道会社です。
同社では、これを記念して様々なイベントが企画されているようです。詳しいことは同社のホームページを参照してください。


18日(木)国鉄本社ビル
かって、鉄道ビルとも称された東京丸の内と言うか、東京駅の前に有った旧国鉄本社ビルがまもなくその使命を終え取り壊されます。現在JR東日本の本社が入っていますが本社は新宿に移転します。
大阪に有った、大鉄ビルと共に国鉄と言うか鉄道省のビルと言う感じが如何にもしたのですが。
昭和の鉄道と政治の裏表が染み込んだビルが一つ消えて行きます。


17日(水)桑名電気軌道
最近各地の鉄道で開業70年とか75年とか言うことで車両や駅貼ポスターがにぎわっています。そんな中70年前の昭和2年9月17日は日本の鉄道史上最短の鉄道である桑名電気軌道が開業しました。その路線距離1.03キロと言うのはちょっと今日では想像できない短い鉄道です。しかもカーブが無く直線のみだったので線路のどこかに立てば全線を見ることが出来たともいわれています。
この鉄道は昭和19年1月10日資材供出の為に廃止されています。


15日(月)敬老乗車券
今年も敬老乗車券を持っている人には書き換えの季節になりました。私自身はこれをもらうまでまだいっぱいありますが。
ところで、いくつかの自治体ではバス会社に一括して運賃として毎年まとまった金額を支払いバス会社は、それを原資にして敬老乗車証を持った人を無料で運んでいます。
実はこの自治体がバス会社に支払っている金額が適切な金額かどうかが大問題になっています。
バス会社は採算割れで、老人福祉をバス会社に押し付けていると考えているし、自治体は払い過ぎだ。実質バス路線の補助金になっていると公言しています。
どうなんでしょうね。敬老乗車証自体、実質は選挙目当ての時の首長の老人懐柔策だったのは公然の秘密ですから。
いろんな意味で岐路に立っていると思います。


14日(日)CD−ROM付き切符
JR西日本がCD−ROM付きの切符を発売しています。中小の私鉄では音楽テープやおんがくCDをつけた例はありますが。また、テレフォンカード付きやテレフォンカード自身が切符になっているというのもありますがこのような大きな会社でのこのような切符は珍しいです。CD−ROMの中身は運転シミュレーションが出来るパソコン(WIN95)用のゲームソフトだそうです。


13日(土)相模鉄道の新線建設
相模鉄道では再来年の3月に現在工事中の和泉中央ー湘南台の新線を開通させると発表しました。この線は1中小私鉄には到底出来ないともいわれた壮大な路線計画だったんですが、今や相模鉄道も大手私鉄となりとうとうここまで来てしまいました。今後、茅ヶ崎延長をどうするのかとか開業時の列車ダイヤはどうなるか等、これからの相模鉄道を見る上で目が離せない時期がきます。


11日(木)アクセス4万件
本日、予想では午前11時ごろこのホームページのアクセスは開設以来4万件を突破します。1年2ヶ月の4万件は多いのか少ないのか良くわかりませんが、今後とも宜しくお願いします。
ちなみに3万件突破は7月7日でしたから、2ヶ月で1万件と言うことになります。


10日(水)泰面鉄道
今日通勤の途中ある旅行代理店が泰面鉄道の観光見学ツアーの募集をしていました。泰面鉄道と言うのは映画戦場に架ける橋で一躍有名になった橋です。あの映画は実際の歴史とはかなり異なるともいわれていますが旧日本軍がイギリス人を中心にした連合軍の捕虜を使って建設したのは事実です。
また、イギリス人捕虜があまりにも熱心に建設工事を行うので不審に思った日本軍将校が問いただすと、イギリスはこの戦争に勝って我々はこの鉄道に乗ってイギリスに帰る、と応えたのは有名な話です。


8日(月)平成9年9月9日
明日は平成9年9月9日です。ということで、あちこちで私としては嫌いな部類に属する記念切符が大量に販売になります。なんてたってなんの記念かわからないような記念にならない切符を売ろうなんてすきになれません。
しかし、猫も杓子も「銀河鉄道999」なんですな。能が無いな。松本さんは大もうけでしょうが。

ところで9月9日は「救急の日」です。ゆめゆめ、この日に救急車が大挙出動なんて事になりません様に。別にこの日だけとは限りませんが


7日(日)日本エアシステムの香港線
日本エアシステムの関空-香港線が好調だそうです。日本と香港のルートは日本航空、全日空、キャセイパシフィック、日本エアシステムの4社が激しい競争を展開しており、返還後の観光客が減少して事もあって厳しい状況が続いています。其の中でただ1社、香港在住者にあわせたダイヤを設定した日本エアシステムがただ1社好調なんだそうです。
これから航空業界は羽田空港の24時間化や成田空港の新滑走路などで激動の時期を迎えるといわれています。


6日(土)長距離夜行列車
今度のダイヤ改正で旅客列車として日本最長の走行距離を誇った特急はやぶさが区間短縮によりそのざをトワイライトエクスプレスに譲ります。
特急はやぶさは東京ー西鹿児島間を結ぶ寝台特急ですが設備が古いことや時間的にかかることなどが敬遠されて乗客はかなり減っています。東京発車後の新幹線で其の日のうちに西鹿児島につけるとならばよっぽどの特徴が無いと乗る人はいないでしょう。かたやトワイライトエクスプレスは大阪ー札幌を結ぶ超豪華列車です。其の切符はプラチナチケットの代表のようにいわれるほどの人気列車になっています。やはり特徴が無いと生きて行けないのでしょう。
ところで日本で最長の走行距離の列車は貨物列車です。札幌貨物ターミナルと福岡貨物ターミナルを結ぶとんでもない列車があります。


4日(木)信越線廃止訴訟
信越線廃止は不当だと地元のかたがたが訴訟を起こされています。特に完全に鉄道としてはなくなる軽井沢・横川間が問題になっているようです。
私は、この時の資料を見ると、ばば抜きをやりながらばばを引くまいというJR、地元の姿勢を見てこれでは地元の交通機関を運営する資格はないと思いました。
こんなところへ任せては大変だと思います。
横川ー軽井沢間に関しては単線にして機関車を廃止し電車運転のみでの運転で、単独会社ならやって行ける可能性も無いではないと思います。車も南海あたりの中古車を改造して徹底的な経費節減と乗客の協力(高い目の運賃)が必要ですが。


3日(水)広告飛行機
日本で初めての機体が全面広告になった国内線の飛行機が現れました。今後どう展開するかわかりませんが飛行機は飛んでいる時は地上からその広告がほとんど見えないのでいかに常時話題を提供するかにかかっています。
ところで、今回のスポンサーは電車の方でも全面塗装の電車のスポンサーとなっているので有名な会社です。其の伝で行くと2番目は赤一色に塗った清涼飲料炭酸水でしょうか。


1日(月)防災の日
今年も防災の日がやってきました。交通機関が防災と言う観点から果たすべき役割は種々あります。しかし、それらが実現可能かどうか、問題点はないのかと言う点ではまだまだ研究が遅れています。

私は島原の雲仙噴火に伴う島原鉄道の活動や、大島噴火時の東海汽船の果たした役割について正しく評価しさらにこれを研究する必要があると思います。


この欄への投稿のご案内

前月へ翌月へ

ホームページに戻る