ムーミンパパの 今日の交通コラム 1997年8月

この欄への投稿のご案内

週2回火曜日と金曜日にお休みさせていただいています。
ホームページに戻る


30日(金)運転中の病気
先日の朝日新聞に乗用車を含む乗り物の運転中に病気の発作に襲われ事故となっているケースが意外に多いのではないかと言う記事が載っていました。
飛行機なんかはその為に二人のパイロットが乗っています。いずれにせよ、プロの運転士だけではなく、免許証を持っている人は運転する時に健康状態に十分注意する、無理をしないと言ったことを心がけたいと思います。
ちなみに飛行機の二人のパイロットは食事も違う所で調理された別々の食事をとって万全を期しています。(食中毒対策)
また、鉄道では運転中ハンドルを離すとブレーキがかかるデッドマン装置や1分間何も運転操作をしないと警告を発しそれでも応答が無い時はブレーキをかけて列車を止めてしまう装置などがついている列車が有ります。


28日(木)峠の釜飯
信越線の横川駅で販売されている名物駅弁峠の釜飯が今度は上越新幹線の車内で販売されるそうです。10月以降は駅売りの個数が大幅に減少すると考えられていただけにやれやれと言う人も多いでしょう。
実は駅弁は、各業者とも非常に厳しい状況に置かれています。時代を忘れ駅での独占状況にあぐらを掻いていた業者はどんどん淘汰されています。コンビニやほか弁などの業者に押されて苦しいんだそうです。デパートなどの駅弁フェアも飽和状態で一部の人気駅弁以外見向きもされない状況が続いています。なんてたって私は値段が高すぎると思います。


27日(水)事故
先日、東北地方の弘南鉄道で正面衝突事故がありました。幸い、死者がでなかったのが幸いと言う事故です。しかし、最近、追突事故や正面衝突事故等の有責事故が多いですね。おきな事故に至らなければ良いですが。


25日(月)バスの日
9月20日はバスの日です。ということで各地のバス会社からそろそろこの日のイベントが発表されているようです。ホームページ上で公開している会社もあります。今年は土曜日になります。小さいお子さんがいらっしゃればいっしょにバス探検などと言うのも楽しいのではないでしょうか。普段見れないバスに接して新たな発見があると思います。


24日(日)臨時ダイヤ
昨日、世田谷と川崎市の花火大会の為、東急新玉川線、田園都市線、大井町線、営団地下鉄半蔵門線は夕方から臨時ダイヤで運転していましたが、突然の大雨の為中止となり、臨時ダイヤは空振りしてしまいました。こういった時の対応は大変難しい物があります。また、予期しなかった翌日の臨時ダイヤの準備とかで大変だろうと思います。


23日(土)半額運賃
パリ近郊のバスや地下鉄が20日と21日に運賃が特別に半額になったそうです。大気汚染が深刻な為マイカーの代わりにバスや地下鉄に誘導しようと言うのだそうです。しかしこんな製作では一時的でしょうね。乗客をバスや地下鉄に誘導させる為にはその交通機関にそれなりの魅力が必要です。魅力があって運賃を一時的でも半額にして乗客を呼べばそれなりに定着するでしょうがそうでなければ逆効果です。
日本でもその辺が解っていない交通機関は結構多いです。


21日(木)世界最高速度
JR西日本の500系のぞみ車両が駅間平均時速と、始発駅から終着駅までの平均時速が世界最高速であるとギネス社に認定されました。最高速度はやはりフランスのTGVに一歩譲りますがそれでこの二つの記録を達成する事が出来たと言う事は鉄道全体として運営企画、列車の運行管理、線路の状態やその保守、車両の優秀さ、保守の行き届いている事など高い時点で全体がきっちりバランスが取れている証拠です。JRの中で一番まじめに鉄道をやってる会社と評されるJR西日本の姿勢が見て取れます。
この車両は秋から東京にも乗りいれそのロングノーズの戦闘機のような運転席を見せてくれる事になっています。


20日(水)バスの運行状況
今年に冬から横浜地区のバスを対象にインターネットでバスの運行状況を知らせるシステムが試験的に稼動します。
自宅で、インターネットを開いてバスの運行状況を問い合わせる一手どのぐらいいるんでしょうか。私はそれよりも今の停留所の運行状況のシステムをもっとしっかりメンテナンスして欲しいと思うのですが。


18日(月)お盆輸送
今年はお盆の期間中大きな事件がいくつか起こったり解決した為にお盆輸送の様子があまりニュースになりませんでした。お盆で帰省された方はどうだったんでしょうか。
それより終末の台風で沖縄へバカンスに行った人が帰ってきたかどうかの方が心配と言う声もありますが。


16日(土)終戦時の鉄道
終戦で米軍が日本にやってきてまず驚いたのが鉄道が正常に運行していると言う事であったと言われています。これは他の敗戦国では見られなかった日本だけの物と言われています。米軍は日本に進駐した時に鉄道は自分達で動かすつもりでマニラとハワイに4000人以上の機関士資格者と駅長資格者を待機させていたと言われ終戦の翌日にはディーゼル機関車2両を横浜に陸揚げしていました。
結局、正常に運行している鉄道を見て米軍は管理部門のみ米軍下に置きましたが現業部門は日本人に任せたと言われています。


14日(木)JR東海道線の追突事故
JR東海道線の沼津市内で貨物列車に後続の普通列車が追突すると言う最近ではあまり聞かなくなった事故が発生しました。
普通列車の運転士の停止信号進入時の速度超過が有力です。ただこの種の事故が発生した時は運転士の心理状態が思いもかけない状態であった事が過去にも報告されています。そういった部分まで突っ込んだ事故調査がなされたら良いのですが。
怪我をされた方のご回復を望みます。


13日(水)御巣鷹山事故13回忌
日本航空のジャンボ機の事故からもう12年が経ち、昨日が13回忌に当たります。
その間、遺族会を始め関係者のこの事故の記憶を風化させない努力がいろんな意味で関係各方面に影響を及ぼしつつあります。
特に事故調査のあり方に疑問を投げかけた行動は鉄道の信楽高原鉄道事故の事故調査と共に大きな影響を及ぼしつつあります。

事故現場の近所ではダム建設が計画されており、この付近の景観も大幅に変わるであろうと予想されています。これからも関係者の事故を風化させない懸命の努力が続きます。


11日(月)大韓航空機事故
グアム島の事故についてはいろんな話が聞こえてきます。パイロットの操縦ミス説が最有力のようですがアメリカ政府の事故調査委員会が調査するのでおかしなかばいあいとかも無くきちんとした事故調査が行われるでしょう。
しかし、国際航空路線でパイロットの過労説が飛び出てくると言うのは本当に珍しいです。


10日(日)お盆輸送
お盆の帰省客の輸送がいよいよ本格的に始まりました。一説には本来なら世界史が変わらねばならないほどの輸送を毎年2回行っている不思議なくにともいわれるほどのものすごい輸送大作戦が今年も展開されます。


9日(土)お盆期間中の電車
まもなくお盆に時期を迎えます。都会では大幅に人口が減る期間ですが皆さんはどうされるのでしょうか。田舎へ帰る人。家出ごろ寝を決め込む人。この期間も仕事の人。
ところで、お盆期間中は、一部の交通機関で休日ダイヤや特別ダイヤで運転する所もあります。ご利用の再はご注意ください。


7日(木)グアム島大韓航空機墜落事故
グアム島で着陸しようとした大韓航空のジャンボ機が墜落多数の死傷者が出たようです。事故のたびに同社の秘密体質から事故の原因究明がくもりがちになりますが今回はアメリカでの事故だけにそのような事にはならないでしょう。
無くなられた方のご冥福をお祈りします。また怪我をされた方のご回復を希望します。


6日(水)広島原爆によせて
今年もやはりあの暑い日がやってきました。私自身はもちろんこの光景を写真でしか見る事が出来ませんが広島を訪れると公園の広さとそこに大勢の人が住んでいた事実を見るとその悲惨さがよく分かります。
地元の広島電鉄では被爆しながらも復旧に成功した電車を何とか存命させて長くその悲惨な情景と不眠不休の努力で線路を復旧させた事実を残そうと懸命の努力が行われています。


4日(月)夏の甲子園野球
夏の甲子園高校野球の出場校が決まりました。8日から阪神甲子園球場で熱戦が展開されます。この甲子園球場のメインルートである、阪神電鉄では本社要員などの非現業職員も総動員して観客輸送に当たります。また、不測の事態に備えて様々な各種工事や試運転等の運転も期間中禁止され万全の態勢で挑みます。野球の観客輸送は阪神に学べと言う言葉そのものの観客輸送が今年も展開されます。


3日(日)じゃりん子チエ
漫画じゃりん子チエの連載がまもなく終わります。この手の漫画としては珍しく鉄道がよく出てきてそれがまた微妙にリアルだったのが面白かったです。南海、京阪、JRがよく出てきました。鉄道の割に飛行機が割とあっさり描いてあったのがまた面白かったです。


2日(土)新線建設
関西の近鉄と京阪の新線建設が従来の単独建設から第3セクター方式への転換を模索しているという記事が新聞に載っていました。やはり膨大な建設費が必要な鉄道建設はいろいろと難しい問題が有るんですな。
それを政治と地元の圧力で何とかなると考える古い考えは百害有って一利なしですね。
赤字ローカル線の経営を引き継いだ第3セクター鉄道でも旨く言ってる所は少ないんですから償却負担のかかる新線は大変だと思います。


この欄への投稿のご案内

前月へ翌月へ

ホームページに戻る