ライン

前月へ
前月へ
翌月へ
次月へ
写真・イラスト投稿の案内
写真・イラストの募集
投稿のご案内
投稿のご案内
ホームページに戻る
ホームページに戻る
ここに載せる写真やイラストを募集します。募集要項は写真募集のページをご覧ください。


ライン

31日(水)

ねずみときつつきの空中戦

日本航空は今日から東京ディズニーランドとタイアップして人気キャラクターミッキーとミニーの特別塗装機を就航させます。
また全日空は来月よりUSJ開業とタイアップしてOLD漫画ファンには懐かしいウッドペッカーをあしらった特別塗装機を就航させます。
しかし、ねずみときつつきの競争ですか。

29日(月)

ホームからの転落事故

26日JR山手線新大久保駅で乗客がホームから線路上に転落、助けようとした韓国人留学生とフリーのカメラマンも含めて3人が亡くなるという痛ましい事件が発生しました。救助しようとして亡くなられた方の勇気には感銘します。ただこういう事態が起こったときにどう乗客が対処すべきかと言う問題はまた別問題としてあえてこの場で書きます。
まず、線路上に転落した時は列車を止めることを考えるべきです。ホーム上に警報装置を備えられているならそれを利用する。見当たらない時や設置場所がわからないときは線路橋を両手を上げて(Yの字のような感じ)で列車に向かって走ると言うのが基本的な列車停止の合図です。(当然のことですが、事故発生の恐れがあるときに列車を停止させる行為は処罰の対象にはなりません。もちろん面白半分での列車を停止させる行為は禁止です。)
線路上に降りて救助するというのは実は非常に危険で、かつ救助そのものが困難です。歩いてみるとわかりますがなれない素人では普通に歩くことすら難しく特に夜間ではなおさらです。50キロ以上の人間を背負っての緊急救助活動は一般の素人には不可能と考えておいてください。
二度とこのような犠牲者が出ないようにと願います。

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

28日(日)

北斗星の走行ルート

東北新幹線の盛岡−八戸開業後の北斗星などの夜行列車の走行ルートが懸案になっていましたが同区間の在来線が第3セクター移行後も今のルート(第3セクター鉄道を走行する)と言うことで決着しました。車両と乗務員はJR所属のままで走行し、運賃収入は第3セクター鉄道となります。第3セクター鉄道はJRに対し車両使用料と乗務員使用料を支払います。
当初JRは、奥羽本線経由とする予定でしたがJR貨物の線路使用料問題に端を発した収入不足分を補うために東北本線経由となりました。これにより、長くもめていたJR貨物の線路使用料値上げ問題もほぼ決着したことになります。
しかしね、貨物列車の線路使用料問題で夜行列車の走行ルートが決まったと言うのも雨降れば桶屋的ですな

26日(金)

バーゲン航空運賃

 日本航空は5月10日〜14日の5日間搭乗分、グループの国内線全線の運賃を片道5000円にするバーゲン運賃を設定します。するそうです。創立50年記念ということですが羽田−石垣間では9割近い割引になります。今まで、全日空が均一1万円と言うのも有りましたが5000円と言うのもすごいですな。全日空の時は飛行機で1日日本一周という人がいたそうですが、こんどはどんな人がでてくるんでしょうか。

24日(水)

座席放火

最近、首都圏の地下鉄やJR線で座席に放火すると言う事件が発生しています。まだ犯人はつかまっていません。どういう意図でやっているのかはわかりませんが極めて危険な悪質な行為です。(死者が出た場合には無期懲役または死刑となります)
車両の座席は不燃性または難燃性の材料で作成されていますので、放火したとしても、特殊な処理をしないかぎり火元を離すと燃えることはないはずです。落ち着いて乗務員や駅員に連絡してください。むしろ乗客の衣服や荷物に火が移らないようにご注意ください。また、1両に必ず1つは消火器が有りますので確認しておくといいかも知れません。

22日(月)

中国のリニアモーターカー

ドイツでリニアモーターカーを開発する官民の企業体「トランスラピット」は21日、中国・上海市中心部と浦東国際空港を結ぶ約30キロに旅客路線を建設することで中国当局と契約を締結した模様です。2003年完成予定と言うことで、予定通り完成すればこれが磁気浮上式のリニアモーターカー第1号と言うことになります。
伝統的にヨーロッパ企業は海外に革新的な技術を持ち込んで安定すれば自国という事になるようですが。

21日(日)

京福永平寺線の運行再開

先日、ブレーキ故障で事故を起こした京福電鉄永平寺線の運行再開が苦戦しているようです。京福電鉄では2月中旬を目処に運行再開したいといってるようですが。
車両は陸運局に届けていた運行可能車両は4両。このうち2両は事故で破損。1両は事故車両と同一ブレーキ構造で運行中止中。また、運転士も一人がなくなられたため苦しくなっていると言うことで地方の私鉄の台所の苦しさを見せています。

19日(金)

旅行代理店の合併

旅行代理店業界2位の近畿日本ツーリストと業界3位の日本旅行、さらに業界12位のJR西日本旅行代理店部門(Tis)が合併統合されることが明らかになりました。業界1位の日本交通公社(JTB)に肉薄する巨大旅行代理店の誕生です。
旅行代理店をめぐる環境は非常に厳しく、航空業界の中抜きやネット等の多様な環境に多額の資本が必要なことからJTBの1人勝ち現象が続いており近畿日本ツーリストも累積損を抱えたままであり日本旅行もやっと累積損を解消した所と見られています。
Tisは発足時から日本旅行の全面的な支援と協力で誕生した物でJRの旅行代理店の中でかろうじて収支トントンと言われています。近畿日本ツーリストは近鉄系の旅行代理店であり日本旅行はもともと国鉄と関係の深い旅行代理店で現在ではJR西日本の系列会社となっています。
今後、関西及び関東系の大手私鉄の旅行代理店の動向、特に阪急交通社と東急観光の動向が気になりますし、統合も含めた何らかの対策が必要と言われるJR系の旅行代理店部門の今後についても気にかかるところです。
しかし、不倶戴天のライバル同士と言われる近畿日本ツーリストと日本旅行、しかも親会社同士も相当のライバル意識があるといわれている中での合併と言うのがすごいと言えばすごいんですが。

17日(水)

阪神淡路大震災から6年

今日で、あの忌まわしい大地震から6年になります。その昔、神戸に住んでいたこともある私にとってはとても他人事とは思えず、早朝のテレビを家内と固唾を飲んで見ていたのを思い出します。
ところで、この地震の時、マヒ状態となった陸上交通機関を補ったのは海運(自衛隊や保安庁も含めて)と、航空業界でした。航空関連は主に、通過できなくなった阪神地域を通らずに輸送できる特性を生かして他地域間の輸送に、海運関連は神戸に直接乗り入れできる唯一の輸送機関として活躍しました。神戸の観光用遊覧船で大阪市内から神戸まで乗船した人も多いと思います。
他の地震の時も含めて、こういった海運関連(海上自衛隊、海上保安庁、さらには海軍も含めて)について地震の公式的記録にきっちりとこの点について記述した記録はほとんどありません。こういった点についてもっともっと評価して欲しいと思います。

15日(月)

アメリカン航空のTWA買収

米国の航空会社の老舗TWAがアメリカン航空に買収されることが正式に決まりました。これによりアメリカン航空はユナイテッドに次ぐ巨大航空会社となります。と言うよりも米国の航空界はユナイテッドとアメリカンの2大航空会社という2極時代を迎えました。
今後、国際線とそれに伴う、航空会社連合についても影響があるかもしれません。
しかし、あれだけ群雄割拠の状態だった米国の航空業界が2極化時代を迎えるとは。

14日(日)

2001年バス業界

今年1年は昨年と同様に路線バスの世界ではバスの低床化を中心にノンステップバスの導入がすすむと考えられます。ノンステップバスは大都市圏から地方バスにも浸透しつつあり、このため従来地方バスは大都市圏からの中古バスという図式が一部で崩れつつあります。
一方、バスメーカーはトラックの不振でどこも厳しい経営状態が続いており、これが新型バスの開発にもブレーキがかかっています。いすゞと日野のバス共同生産もうまく立ち上がっておらず憂慮すべき事態です。
高速バス分野では採算の合わない路線の再編成がひとまず終わりました。廃止が必至と見られて新宿ー博多のはかた号はスカイマークの航空運賃値上げで息を吹き返し減便しましたが生き残りました。今年春大阪で開業する米映画テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ、大阪市此花区)に直結するバス路線が43社66系統、約250便と言う大規模な物になりました。従来線の延長や途中経由も含まれていますがそれでもずいぶんな数字だと思います。東京ディズニーランド開業時にはだれが夜行バスで遊園地に行くのかと疑問視されていたのとずいぶんな変わり様です。

12日(金)

2001年鉄道業界

昨年は例年になく首都圏で新規開業の大物鉄道が多かったりしたのですが、今年はその余波か幾分小物と言う感じです。埼玉高速鉄道が比較的大きな開業と言うことでしょうか。ただし、再来年の東北新幹線の八戸開業や臨海高速鉄道の大崎延長と埼京線との乗り入れ等が控えていますし、半蔵門線の押上延長、地下鉄13号線の工事の本格化等を控えての前哨戦というべき状態になってきます。関西でもオリンピック大阪開催が決定すればいくつかの新規路線が日の目を見るかもしれません。京阪の中之島新線、近鉄の京阪奈新線は確実でしょうし、阪神の西大阪線や阪急の新大阪乗り入れ、建設主体が決定していないなにわ筋線も青写真ができるかもしれません。また、かねて噂のあるJRの伊丹駅から伊丹空港新線建設とJRによる関空と伊丹空港直結と言うのも日の目を見るかもしれません。
神戸では新しいリニアモータータイプの地下鉄が開業しますが、その前に摩耶ケーブルが復活開業します。阪神大震災で大きな被害を受けもう復活はないだろうと思われましたが阪神電鉄から神戸市への無償譲渡と言う思い切った処置で復活します。震災の被害と影響の大きさを物語ります。これで震災で被害を受けた交通機関全てが復旧したことになります。
ローカル私鉄では第3セクターも含めて赤字解決の目処が立っていない路線が多く大手私鉄やその系列でも厳しいところもあり、地元とにとっては相当厳しい結論を迫られるのではないかと思います。第3セクター鉄道の中には経営安定化基金を食い潰してしまったところもあり本当に鉄道が必要かどうかもう一度真剣に考えるべき時代がきていると思います。
昨年はいくつかの大事故や運賃誤表示等多くの忌まわしいことがありました。今年こそはそういったことがないように関係者のなおいっそうの努力を期待したいと思います。

10日(水)

2001年航空業界

今年1年の航空関連の動きは日本の今後100年の航空界を決定する年かもしれません。まず、長い間くすぶってきた成田不要論がワールドカップ、それを前提にした日韓シャトル便構想で一気に噴出すでしょう。ただ、羽田単独でも不足するし成田だけではぜんぜん足りない状況には変わりありません。千葉県は羽田の国際化絶対阻止と言っていますが成田発展の為には成田に国内線を飛ばすべきでそのためにも成田の一期工事も完成していない状況は何とかしないといけません。現在の工事も一期暫定工事であるという現実は過去の歴史的経緯がどうであれ成田不要論が出てくるのも止むを得ないだろうと思います。私は第3の空港建設、成田の二期工事完成の青写真、羽田の拡張工事計画が一気にすすまなければ首都圏と関西以外の全ての日本の空港はソウルのクライアント空港になってしまうのではないかと思います。

前年の航空業界の赤字決算からなんと今期は大手航空会社は空前の好決算。他方エアドゥやスカイマークは非常に厳しい状況になっています。エアドゥは年が越せるのかと言う状況まで追い詰められてたようですが実質北海道の第3セクターかによって何とか生き延びたようです。スカイマークも債務超過状態にあることに変わりなく厳しい状況が続いています。大手航空会社好決算の最大の理由は競争激化によって運賃が安くなったことが逆にパッケージツアー関連の旅客を減らし結果的に乗客単価が上がったことによります。皮肉と言えば皮肉な話です。新興航空会社がいきなり幹線系に殴りこむのは無理があったのかもしれません。

日本をターゲットにしたエアバス社のA380とボーイング社のB747Xの開発がいよいよ本格的に始まりました。それにあわせて本格的な商談も始まるようです。一方、YS11引退のカウントダウンダウンが始まります。

7日(日)

国土交通省発足

運輸省・建設省・国土庁等が一体となって新しい国土交通省が発足しました。縦割りのまま合併しTだけと言う声も無いではないですが、日本では住宅建設一つとっても物流や居住者の交通確保、道路の整備などがいったいに運ばれないジレンマがありました。日本の国土全体の中での運輸物流を総合的に扱える(デザインするのではないですよ。デザインするのは国民でありその代表者たる政治家の仕事です)役所がやっと出来たと言う気もします。

5日(金)

2001年開業予定鉄道

2001年中に開業予定の鉄道です。

3月23日 名古屋ガイドウェイバス ガイドウェイバス志段味線大曽根ー小幡緑地
去年12月開業予定でしたが延期になりました。バスの自在性と専用路線の優位性を併せ持つ新しい交通機関です。

3月28日 埼玉高速鉄道 埼玉高速鉄道線赤羽ー浦和美園
実質営団地下鉄南北線の延長ですが交通不便であるにもかかわらず交通需要の高かった埼玉県南部地域への強力な足となります。営団地下鉄南北線とはもちろん東急目黒線まで乗り入れます。

3月31日 東京臨海高速鉄道 臨海副都心線東京テレポートー天王洲アイル
お台場の交通機関でありながら中途半端な感じの否めなかった臨海副都心線の延長です。ただ、天王洲アイルまでではまだまだです。来年開業予定の大井町、大崎への開業、埼京線との相互乗り入れでやっと本格的なお台場の足と認知されるんではないでしょうか。ただこのルートは羽田と京葉線沿線や千葉方面とのルートして注目される可能性も有ります。

3月末 東京臨海新交通 東京臨海新交通臨海線 新橋ー新橋(仮)
正式な日付は発表になっていませんが31日と予想されます。実質新橋駅の移設と言う事になります。JRとも地下鉄とも少し乗り換えが楽になります。

7月 神戸市交通局 海岸線 新長田ー三宮
大阪、東京についで三番目のリニアモータ型の小断面地下鉄です。かなり海岸よりにルートを取って新しい交通需要を喚起させそうです。

秋 舞浜リゾートライン ディズニーリゾートライン リゾートゲートウェイステーションからの環状鉄道
東京ディズニーランドのすぐ横にできるディズニーシーの開業に合わせて走る単線環状運転のモノレールです。すでにミッキーやミニーの形の窓の車両が発表されており、遊園地の車両がそのまま本格的鉄道になります。


前月へ
前月へ
翌月へ
次月へ
写真・イラスト投稿の案内
写真・イラストの募集
ホームページに戻る
ホームページに戻る
投稿のご案内
投稿のご案内