ライン

前月へ
前月へ
翌月へ
次月へ
写真・イラスト投稿の案内
写真・イラストの募集
ムーミンパパの交通コラム 2000年10月 投稿のご案内
投稿のご案内
ホームページに戻る
ホームページに戻る
ここに載せる写真やイラストを募集します。募集要項は写真募集のページをご覧ください。


ライン

29日(日)

ネット割引運賃

米国運輸省はネットで割引運賃が盛んになっていますが、客から安い運賃について問い合わせがあった時にネット運賃についても案内するように通達を出したそうです。日本でもそうですが航空に限らず何がやすいのかわからないような複雑な運賃体系になってしまっています。お客も航空会社も旅行代理店もしっかり研究しないといけない時代になったということでしょうか。

27日(金)

中目黒脱線事故の原因

今年の3月に発生した、営団日比谷線中目黒駅脱線事故の原因調査の最終報告が出ました。事故調査の当初のもたつき状況から大丈夫かなと不安を持たせた調査でしたが今後の提言までまとめたしっかりした事故調査がでたようです。今後各鉄道事業者が新たに脱線の可能性を探る調査を開始します。
この事故の調査では、やはり当初より懸念されたように臨時的な事故調査委員会ではかなり難しいことが浮き彫りになりました。やはり恒久的な事故調査委員会の設置が望ましいと思います。
最後に、亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

25日(水)

新幹線とJR貨物

一部報道機関で伝えられていますが、運輸省は東北新幹線の盛岡以北延長に伴って在来線の東北線の線路使用料が値上げされる問題で、負担増となるJR貨物に財政支援する模様です。ただ同時に新幹線延長時に在来線の運営主体となる岩手県に対しても線路使用料の値下げを要求しています。
私としてはそこまでしても新幹線を作らないといけないのかという気がします。高い線路使用料そのものも新幹線が出来ても貨物に関しては幹線輸送の使命を帯びていることを忘れた地元のエゴ以外の何者でもないと思います。いずれにせよ新幹線開業時にJR貨物の線路使用料が問題になりそうな九州や北陸の新幹線延長にも大きな影響がありそうです。

23日(月)

20年で600機

ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス・インダストリーは今後20年間の日本の航空機購入は2019年までに約600機を購入(大手3社とそのグループ企業のみ)、このうち座席が400席以上の大型機が180機を占めるというようなことを明らかにしました。多いといえば多いんですが400席以上が180機というのはかなりの数ですな。ボーイングとエアバス社との間で壮烈な受注競争が始まります。

22日(日)

草軽電気鉄道復活

長野県軽井沢町から群馬県の草津町までを結び、すばらしい眺望だったといわれる草軽電気鉄道を復活させようという動きが地元で起こっています。軽井沢町内では路面電車、他の区間ではトロッコ列車として復活させようという物です。特に路面電車区間は現在ではシーズンオフでも渋滞が発生しているといわれる地域だけに公共交通の充実という点からも期待が大きいようです。一度鉄道が走った地域だけにゼロからスタートよりかはやさしいでしょうが資金面などまだ難しい面はあるようです。

20日(金)

廃線問題で列車増発

広島県のJR可部線の可部以北廃止問題で、JRは試験的に11月1日から2月14日まで臨時列車を増発することになりました。利用客減少が廃止の理由ですが乗客への利便性が悪いからという地元の反論に応えた物です。廃線問題で試験的に列車増発というのも聴いたことがありませんがなかなか面白い考え方です。これで乗客の増加状況によっては路線存続にも道が開けますが逆に地元の廃止反対の声がちぢむ可能性もあります。

18日(水)

分電話

東急電鉄が16日から、偶数号車は携帯電話の電源をオフに、奇数号車では携帯電話での通話はご遠慮をという呼びかけを始めました。これが定着するかどうかは予断を許しませんが相変わらず偶数号車でも堂々と電話をしているけしからん奴はいますな。段々嫌煙運動と同じでどんどん世界巣小さくなると思うんですが。
ところで、私自身は携帯電話を持っていません。移動中ぐらい電話から解放されたいというのは私ぐらいなんでしょうか。

16日(月)

外国人キャビンアテンダント

元英国航空スチュワーデスの安否が巷では話題ですが、こちらは全日空が来年から英国でキャビンアテンダントの採用をスタートさせるという話題です。すでに日本航空が外国人を採用していますがいよいよ全日空も採用を始めました。日本人のキャビンアテンダント志望の女性には厳しい現実かもしれませんが日本人の海外進出にあわせて海外航空会社で日本人の採用も増えておりこの世界の多国籍かも急ピッチですすみそうです。

15日(日)

フェアスルーシステム

首都圏の地下鉄と主要私鉄でパスネットの本格対応が始まると同時に改札時の入出記録をチェックするフェアスルーシステムが本格的に稼動しました。早い話が不正乗車防止システムが本格的に稼動したということになります。
まあ、正直者が馬鹿を見ないようにお願いしたいと思います。我々も、面倒くさがらずに不正乗車がなくならないかぎり協力して多少のわずらわしさには目をつぶるのも止むを得ないかと思ったりします。
しかし、不正乗車て多いんですね。値上げ1回か2回分の増収になるというのは半端な数字ではないですな。

13日(金)

ペイント電車

テレビ東京系の人気番組TVチャンピオンの昨日放送のテーマはペイントアート王選手権。決勝は岡山電気軌道の路面電車を24時間でペイントするという物で、24時間後に現れたペイントされた電車が出てきました。いずれも大変な力作で驚きました。
24時間3両もの車両を休車状態にしたり車庫内の半分以上のスペースを明渡したり岡山電気軌道の協力も半端ではないでしょうがそれにふさわしいペイント電車が登場しました。これらの車両は今後約1年間岡山の町を走ります。
そういえば、都内で見かける広告バスにもセンスのあるデザインとそうでないデザインと差が激しいようですね。

11日(水)

漆塗りバス

石川県輪島といえば漆塗りが有名ですが、その漆塗りを使ったバスが登場しました。輪島市の港観光でタクシー業界から貸切バス業界に乗り出した新しいバス会社です。鉄と漆というのはなじみが悪い上に漆は紫外線にも弱いということで地元の漆器会社や県工業センターなどの協力を得て克服したんだそうです。まあ、下手な広告バスやありきたりの塗装よりインパクトは大きいんでしょうな。

6日(金)

バス車内の置き去り

京都市バスで9月車庫に入ったバス車内に養護学校の生徒が閉じ込められていたことが判りました。第1の原因はバス入庫時の車内点検が不十分ということですが、こういう置き去りというのはあまり聞きません。今後はしっかり終点到着時や入庫時の点検をしっかりして欲しいと思います。終点到着時の状況が不明ですが、乗客同士も声を掛け合うということがあればよかったのではと思います。

4日(水)

欠陥コンクリートマクラギ

山形新幹線で使用していたPS社製コンクリートマクラギに製造上の欠陥が見つかりました。鉄筋の緊張作業をしていなかったということですがずいぶんな話です。問題が発生したのは東北地方の工場で大量生産のため急遽増設した臨時の製造ラインのようですが臨時を問わず乗客の生命を預かる交通機関の重要部品の製造という自覚があったのかどうか疑問です。
ところで、マクラギは漢字では枕木となります。コンクリート製や鉄製(日本ではあまり見かけませんが)が出てきてコンクリート枕木や鉄枕木と呼ばれるようになりました。でも変だという事でマクラギと鉄道業界では仮名書きになりました。それで木マクラギなんていったりします。

2日(月)

鉄道の日

10月14日は鉄道の日です。汽笛一声新橋を明治5年(1872年)に発車したのを記念した日です。この日は各地の鉄道事業者でさまざまなイベントが予定されています。また、東京日比谷公園では全国の鉄道事業者や運輸省が中心になってイベントが予定されています。秋の休日に家族連れで出かけるのも悪くないと思います。

2日(日)

日韓シャトル便

金大中韓国大統領の訪日でにわかに話題になったのが日韓航空シャトル便でしょうか。ソウルと羽田間にシャトル便を飛ばそうという物ですがやはり羽田にというのは無理でしょう。
ただ、日本と韓国の航空便は今後世界最大の乗客数を誇る羽田−札幌間の航空便と同規模程度まで膨らむ可能性のある路線です。今からでも今後増えるであろう航空需要に真剣に検討しておく必要があるのではないかと思います。


前月へ
前月へ
翌月へ
次月へ
写真・イラスト投稿の案内
写真・イラストの募集
ホームページに戻る
ホームページに戻る
投稿のご案内
投稿のご案内