ライン

前月へ
前月へ
翌月へ
次月へ
写真・イラスト投稿の案内
写真・イラストの募集
ムーミンパパの今日の交通コラム 2000年5月 投稿のご案内
投稿のご案内
ホームページに戻る
ホームページに戻る
ここに載せる写真やイラストを募集します。募集要項は写真募集のページをご覧ください。


ライン

31日(水)

徳島ー関空線開業

高速船の徳島関空ラインが2月末で廃止になったあと、高速バスが就航していると思ったらなんと航空路線まで開業します。1日2往復JACが徳島空港と関西空港の間を飛行する物です。予約状況はやや低調ということですが船舶航路が廃止になったら高速バスと航空路線が登場するというのも珍しい物です。地図から見ると船が一番よさそうという気がするんですが。

29日(月)

UALのUSA買収

世界最大の航空会社ユナイテッド航空の親会社であるUALは、米国第6位のUSエアウェーズ(USA)を43億ドル(約4600億円)の現金で買収する事に合意しました。これにより1日のフライト数が6500便のマンモス航空会社が誕生します。
米国司法省が懸念しているとも伝えられていますが、こういう企業統合でまたまたゆれそうな米国の航空業界です。

28日(日)

星の王子様

有名な童話「星の王子さま」の作者アントワーヌ・ド・サンテグジュペリが乗っていたとみられる飛行機の残がいが南フランスの地中海で発見されました。かれは、第2次大戦中の1944年7月31日に連合軍の偵察飛行士としてコルシカ島を離陸後地中海上空で行方不明になっていた物です。この事故そのものが不明点が多く、それがこの童話や数々の小説との関連でさまざまな憶測を呼んできました。

26日(金)

造船大手の再編成

石川島播磨重工業と川崎重工業、三井造船の3社が、造船事業の分社化・統合を視野に入れた提携交渉を進めていることが明らかになりました。同様の交渉を進めている日本鋼管と日立造船を考えると造船事業の再編成もものすごい勢いで再編成が進むことになります。
かっては日本の輸出産業の花形でしたが今は国際的な船舶余剰と韓国や台湾との競争で大変なようです。

24日(水)

携帯電話禁止ゾーン

外電によれば、イギリス政府がすべての鉄道列車に携帯電話禁止ゾーンを設けるようにすべての鉄道会社に指示する方針を打ち出しました。
列車内での携帯電話使用が増え、他の乗客の迷惑になっているのに対応したものですが、鉄道会社を悩ましているのはきちんと守られるかどうかということだそうで、どこの国でも携帯電話のマナーは悪いんですな。

22日(月)

ナショナルフラグの買収

イギリスからの報道によると、英国のブリティッシュ・エアウェイズ(BA)がKLMオランダ航空の買収を目指して近く交渉に入ると言う記事が出ています。
ワンワールドの有力加盟会社である、KLMがノースウェストとの提携事業が周りが規模が大きくなってきた今となっては競争力にKLMが焦りを感じているのも事実でしょうしそういう中でのBAによるKLMの買収はどういう決着がつくんでしょうか。
しかし、ナショナルフラグが他国のナショナルフラグを買収するというのもすごい話ですな。

21日(日)

ブルーリボン賞

鉄道友の会が前年に登場した新型車量のうち、最優秀車両を選ぶブルーリボン賞に今年はJR東日本のE26系寝台客車(カシオペア)に決定しました。前年がJR西日本・JR東海の285系寝台電車(サンライズエクスプレス)ですから、2年連続寝台車受賞ということになります。
夜行列車の人気回復に関係者の並々ならぬ努力が現れているようです。しかし、豪華寝台列車(カシオペア)とビジネス向け寝台電車(サンライズエキスプレス)という対比も面白いですね。
ところで、ブルーリボン賞はこれで3年連続JRとなりました。別に競争するという物では有りませんが私鉄各社でも頑張って欲しいと思います。

19日(金)

いさり火列車

JR西日本福知山支社では、七月八日から九月十日まで毎週土、日曜日に運転する臨時列車「いさり火列車」の車内の天井に特殊ペイントで塗装し、さながら夜間には竜宮上の雰囲気になる列車を運転します。紫外線を当てると発光する特殊ペイントで一両には海中の絵、もう一両には満天の星と青い空を描いた物で網棚に設置した照明器から天井に紫外線を当てます。
幻想的な車内の雰囲気を狙った物です。

17日(水)

ジェットラインの存続

春にも航路廃止かと見られていた、関西汽船と加藤汽船の共同運航路線の小豆島と阪神間のジェットフォイル航路は秋までの存続が決まりました。地元の市町村と件が赤字額の一部を負担します。その後は長崎県の海運会社が高速船を走らせる予定で準備が進んでいます。
観光路線として存続が不可欠といわれる路線ですが実は地元利用が意外に高い路線です。ジェットフォイルから高速船への転換はあまり例が無いのですがこのような形の路線存続も聞いたことの無い例です。

15日(月)

バスジャック対策

バスジャック事件で、バスジャックされた西日本鉄道ではバスジャック対策プロジェクトを発足させました。今後、バスジャックされたときに運転手がどういう対応が取れるか、取るべきかを中心に検討が行われます。その中でも外部にどうやって、バスジャックされたことを伝えるかが重要課題のようです。
一連の報道や会社幹部や当事者の運転手の記者会見の様子から、私は西鉄という会社が交通機関として大切な良心を充分に持ち合わせた会社という思いを新たにしました。新しいバスジャック対策に期待したいと思います。

14日(日)

スーパーレイニーバス

雨の日はバスも電車も乗客が増えて、しかも遅れ気味で朝は気が気でない人が多いです。そんな中、静岡県の遠州鉄道バスでは雨が降る予定ならば増発するのと、10分早発するという事をやっています。
前日の午前11時現在で降水確率が50%以上の時に増発と10分早発するという物でユニークで面白い運行です。実際にやっているのは沿線に高校のある3路線ですが。

12日(金)

乗車券不正換金事件

JR東日本長野支社で発覚した乗車券不正換金事件で、予想をはるかに越えて総額5億円近くに及んでいることが判明しました。動機や方法についてはまだ不明な点が多いのですが、そこまでなぜチェックが行き届かなかったのかについて疑問が起こります。
新聞報道では、金券ショップに毎日のように換金に訪れていたといい、すでに4人が懲戒免職処分になっています。

10日(水)

遠足

5月の連休が終わると、今度は学校の遠足のシーズンです。そろそろ、バスや電車で学校の遠足風景が見られるようになります。天気のいい春の一日に友達と弁当を広げるのもいいものです。
電車で遠足をする時いつも思うのは、一緒に電車に乗るときのマナーも教えて欲しいと思います。時たま、この学校では旅の恥は掻き捨てということだけを教えているのかと思ってしまうことが有ります。
親の責任とか学校の責任とかいわずに、せめて当日か前日にチョッと教える。それだけでずいぶん違うと思うんですが。

8日(月)

今年のGW

今年のGWは皆さんいかがお過ごしだったでしょうか?私はほとんど仕事で休みは1日だけだったので悲惨なGWでした。
まだ詳しい数字が出ていませんが、今年のGWは海外旅行が空前の人手だったそうで、その分国内旅行は減少したようです。安近短で済ますか、海外旅行で豪快にするか2極文化のようです。
その間不幸なバスジャックという事件が有ったりしてあまりうきうきとしたGWではなかったですね。

7日(日)

下北交通

青森県むつ市と大畑町を結ぶ鉄道・大畑線を運行する下北交通が、乗客減による累積赤字の増大により、鉄道経営からの撤退を検討していることが明らかになりました。同社はもともとがバス会社で昭和六十年、旧国鉄から大畑線を引き継ぎ、下北交通大畑線として同年七月一日に開業した物で他の国鉄赤字ローカル線が第3セクター鉄道として開業した物が多い中、バス会社の経営ということで注目を集めました。しかし、それがかえって地元にこれで安心という気を持たせてしまったのかもしれません。地域密着のローカル鉄道というのは地元がその対応を真摯に考え交通網を真剣に考えそれなりの出血を覚悟しなければ成り立たないと私は思います。
地元市町村が下北方面の交通もがどうあるべきかを考えその中でこの鉄道の将来を考えるべきでしょう。本当に残すのならばそれなりの覚悟をして、望むべきだと思います。

4日(木)臨時

バスジャック

3日午後、佐賀発福岡行きの西日本鉄道高速バス「わかくす号」が乗っ取られた事件は広島県東広島市の小谷サービスエリア(SA)で停車中のバスに広島県警の捜査員が突入、犯人を逮捕するとともに残っていた人質を無事救出しました。途中解放された乗客のうち一人の方がなくなり、二人の重傷者がおられるようです。理由や事情はどうあろうとも、密室性の高い、公共性の高い場所で人質を取るというのは許せない蛮行です。
バスという乗り物自体、この種の犯罪に対して弱い面をもっています。一部のバス会社では上空から確認しやすいように屋根に登録番号や会社管理番号を塗装したりしているようですが?
亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

1日(月)

日比谷線脱線事故の再現テスト

25日から行われていた営団地下鉄の中目黒駅の脱線事故で現場付近で行われていた再現テストで車輪が浮いているのが確認されたと報道されました。車輪が浮いているシーンが公開されたというのは聞いたことがない話でおそらく世界で初めてかもしれません。テレビで放映されたシーンを見るかぎりフランジの高さを越えていないので直に危険ということでは有りませんが、関係者にとっては大きな衝撃ではないかと思います。今後は、走行中の重量移動等のメカニズムが焦点になってくるかもしれません。
私自身は、ボルスタレス台車の直線からカーブ進入時、あるいはその逆を低速で行ったときのメカニズムをもう少し詳しく検証する必要があると思うのですが。


前月へ
前月へ
翌月へ
次月へ
写真・イラスト投稿の案内
写真・イラストの募集
ホームページに戻る
ホームページに戻る
投稿のご案内
投稿のご案内