1986年の男女雇用機会均等法の施行にともない女性の社会進出が増大してきました。これにより近年ますます、女性は妻あるいは母としての評価と同時に、職場での能力も評価されるようになってきています。このような環境の中で、女性の健康を産婦人科や内科というような診療単科に限ることなく、診療各科との連携により総合的に管理できる勤労女性メディカルセンターを開設することになりました。愛媛労災病院では、職場や愛媛産業保健推進センターとも協力し、女性労働者の健康増進に関っていきたいと考えます。具体的には勤労女性の月経不順、不妊、妊娠、母性保護、育児期の悩み、更年期障害など女性のライフサイクルに関する問題や、生活習慣病、作業関連疾患などを対象に女性を巡る種々の健康問題に取り組んでいきたいと考えています。

電話相談

 土曜日の2時から4時まで030-788-7891(直通携帯電話)(H11年4月1日からは0903-788-7891)で、電話相談を受け付けています。ご遠慮なく、ご利用下さい。
 なお、従来どおり思春期電話相談も行なっています。

診療

 電話相談により診察が必要とされた女性、あるいは愛媛県産業保健推進センターや企業・ 事業所の産業医から紹介された女性を診察します。その時の診察時間は予約となります。

不妊治療

 愛媛労災病院では先進的な不妊治療を行なっています。その際、必要に応じてカウンセリングや説明を実施します。カウンセリングはご夫妻でお受け下さい。なお、時間は電話(0897-33-6191、内線335 産婦人科外来)でご予約下さい。

講演活動

 愛媛労災病院勤労女性メディカルセンターでは事業所や職場、婦人会などのご要望があれば講師を派遣いたします。健康増進やリハビリテーション、介護支援などにご利用下さい。電話(0897-33-6191、内線310 医事課長)でお申し込み下さい。

研究活動

 健康で快適な労働環境を提言するための調査研究活動として、以下の問題点を他の勤労女性メディカルセンターの協力を仰ぎながら、探求していきたいと思っています。

  1. 夜間労働がホルモン環境に及ぼす影響
  2. 就労と生活意欲との関係

News Letter の発行

 愛媛労災病院勤労女性メディカルセンターだよりを定期的に発行します。愛媛労災病院の玄関ホールでお取り下さい。なお、ご希望の方には郵送いたします。


インターネットのホームページをご利用下さい。

  1. 労働福祉事業団
     http://www.rofuku.go.jp/
  2. 愛媛労災病院産婦人科
     http://www02.so-net.ne.jp/‾miyauchi/byouin.html

[BACK] ホームページに戻る

URL: http://www02.so-net.ne.jp/‾miyauchi/medcenter.html
Copyright (C) since MCMXCVI by F. Miyauchi. All rights reserved.