ミツバチ蜂針療法 気功 当院のご案内 施術料金
  1. 蜂針療法Q&A
皆様からお寄せいただいたご質問です。
日本の他に蜂針療法が行われている国はありますか?
日本歯科東洋医学会誌代19巻代1号 蜂針療法「アピセラピー」に関する考察 藤田 陽子著 より引用致します。
わが国の他に、蜂針療法が行われている国は、中国、韓国、台湾、フィリピン、マレーシア、インドネシア、エジプト、ロシア、イギリス、ポーランド、ドイツ、アメリカ、ブルガリアで、10カ国を超える。特に隣りの国、中国では、蜂針療法を専門的に行う病院が房により1985年に設立された。さらに中医学(東洋医学)病院の中で蜂針科を設けているところは300余に及ぶという。
近年、アメリカでも蜂針療法に関心が集まり、1994年には、アメリカ・アピセラピー協会が設立され、1997年にはブロードマン博士の著書の改訂版も出版されて、ますます蜂針療法が注目されるようになってきた(Amerikan Apitherapy Soci−ety、1998)。またアメリカでは蜂針療法をBee Venom Therapy(BVT)と称しているようで、慢性病を対象にした研究が進んでいる。
アメリカ・アピセラピー協会Cherbuliez会長の話によると、多発性硬化症50%、各種関節炎40%、その他10%の割合で、多発性硬化症の割合が多いようである。
質問一覧へ
養蜂家の方は、職業別のガン発生率が一番低いとのことですが、蜂針療法はガンそのものに効果があるのでしょうか。
蜂針療法は、ガンに対して驚くほど、効果があります。
というのも、蜂針療法というのは、生きたミツバチの針を刺すわけですが、この、生きたというところが大事なのです。
生きたミツバチの針は、ピクピクと動き、ポンプのように蜂針液を注射のように、皮下や体内に注入するのです。つまり、ガンに対する蜂針療法は、その患部に対してミツバチの針を刺すと、その蜂針液によってガン細胞を、打ちのめす事ができるのです。
また、ガンにはいろいろな種類があり、さらに、初期から末期まであります。
ガンに対して、蜂針療法の効果が高いのは、皮膚ガン、喉頭ガン、乳ガンなど、やはり体表に近いガンです。
膵臓ガンなどは、蜂針液が届きにくいこともありますが、およそ三期、転移する前までは、かなりの効果があります。
末期ガンが蜂針療法で治ったという報告もありますが、じつは、私の母が膵臓ガンの末期で、私の師である実兄による蜂針療法で母のガンの痛みは全くなく、宣告よりも延命し、その生涯を終えることができました。
私の母と同じように、末期ガンが蜂針療法によって苦しむことなく生涯をとじられた例は多数報告があります。
質問一覧へ
効果、効能にヘルペスとありますが、長い間悩んでいるヘルペスに効果はありますか?
蜂針療法は、ヘルペスもリュウマチ同様、大変効果があります。
メールでは、現在の詳しい状態がわかりませんが、ヘルペスウイルスによる皮膚傷害や、そのあとの痛み(神経痛)も、蜂針によって信じられないぐらい痛みがなくなります。
咳をしただけで激痛が走る、帯状疱疹あとの助間神経痛も、初回より痛みがやわらぎ、およそ3回の施術で痛みが消えます。
蜂針は、神経に潜んだヘルペスウイルスをも殺すことができ、傷ついた神経をも回復させるのです。
性器ヘルペスや顔に発症するヘルペスなどは、10回ほどの施術でほぼウィルスを全滅させることが出来ます。極端に蜂針に弱い方はその限りではありませんが。
しかし、顔に発症するヘルペスが頭まで行った場合は10回以上の施術が必要です。ヘルペスの潜伏部位が広い為、よけいに回数がかかるのです。
質問一覧へ
ニキビで悩んでいます。飲み薬や塗り薬を試してみましたがだめでした。私のニキビは顔全体でしかも大きく膿を持っているのですが、蜂針療法で治りますか?
ニキビに直接蜂針しますと、ニキビの化膿菌を殺しますので効果はあります。
しかし、ニキビやアトピーなどの皮膚病の方は宿便などで腸が汚れています。
皮膚病は薬に頼らず普段の食生活が一番大事です。
薬を使わず食生活も気を付けている方なら、蜂針は良く効きます。
皮膚病ではありませんが、傷跡や染みにも蜂針は効果があります。
質問一覧へ
耳に針を刺す耳ツボダイエットがありますが、蜂針はダイエットに効果がありますか?
女性の方は、ご自分の病気が良くなってくると、必ずと言って良いほど、蜂針で痩せませんか、太らないようにできませんか、と聞いてきますが、私はそのたびに、私には無理ですと答えています。
質問一覧へ
蜂針療法の副作用や、何か危ないということはありますか?
蜂針での副作用はありませんが、人によってはかゆみが非常に強い人がいます。初回にかゆみがなくても2回、3回目の施術後にかゆみが出てきます。
それでも蜂針を続けていると、そのかゆみも出なくなります。
実際、かゆみに耐えられなくなり、途中で施術をやめてしまう人もいます。
身体の痛みが強い人は、どんなにかゆくても、その痛みが施術のたびにやわらいでいくのであれば、ニコニコしながら来院します。
痛みよりかゆいほうがまだマシですし、そのかゆみもしだいにやわらいでいくし、そのうちかゆくなくなるのですから。
もちろん、最初から一度もかゆみがでない人もいますし、かゆみが出ても軽いかゆみで済む人もいます。

危ないというのは、やはりアナフィラキーショックでしょう。
いわゆる、蜂針によるアレルギーです。
患者さんは、性別、年齢、既往歴、現在の病気、その他の体質なのでひとり、ひとり、違います。それですから、ひとり、ひとり同名の病気でも、取穴も違うし、蜂針の強弱も違います。
ひとり、ひとり同じように施術していると、ある人は蜂針に対して弱い人もいるわけですから、逆にその患者さんを悪化させてしまいます。

あとは、昆虫アレルギーを持っている人は、蜂針療法は、まず無理でしょう。
質問一覧へ
効果、効能のページに数多くの適応疾患がありますが、こんなにも幅広く効果があるのでしょうか。
実際はもっと多くの適応症があります。
たとえば、甲状腺の疾患や皮膚病の乾癬、特定疾患の潰瘍性大腸炎、多発性硬化症、睾丸炎や前立腺疾患、脊椎側湾症、わきが、その他病名がない疾患などかなり広範囲で効果があります。
ただ、効果があるといっても、人によって同じ病名でも、施術の回数が違ってきます。
10年の慢性頭痛の患者さんと、1ヶ月前から頭が痛いというのとはおのずと、施術回数は違います。1ヶ月前からの頭痛だと、ほぼ1回の施術で痛みがなくなります。もちろんMRIなどの検査で重大な疾患がない場合ですが。慢性と急性の違いですよね。
同じ病名でも、ある人は施術のたびに良くなっていく人、ある人は一進一退を繰り返す人。ある人は、雨が降る前日に痛みが戻る人。女性の方で、生理前に痛みが戻る人。生活上のストレス、交通事故などによって、痛みが戻る人。
まさに多種多様ですが、施術を続けていけば必ず良くなっていきます。
患者さんのなかで、数多くの病気や、痛みを持っている方がいますが、そういう方に蜂針をすると、蜂針の効きやすい箇所から、患者さんが驚くほど、病状が回復したり、痛みがとれていきます。
リュウマチの患者さんが、施術を続けるたびに、治りやすい関節から痛みやハレがなくなるのと同じです。
この蜂針療法は、慢性疾患の方でも数回の施術で、痛みや症状が半分ほどに回復するのがほとんどですので、強いかゆみがでても、かゆみに負けずに施術を続けてほしいものです。

少なくとも週1回、合計8回の施術で全く変化のない人。これっぽっちも痛みがやわらがない人。そのような方は、蜂針療法では無理か、私の勉強不足、私のウデが悪いのです。
質問一覧へ
蜂針療法はリュウマチやヘルペス等様々な疾患に効果があるのに、なぜ蜂針の成分で出来た薬を製薬会社は作らないのでしょうか。
この質問は、かなり多い質問です。蜂針療法で良くなった方、まだ、ミツバチの針を刺すという療法が、信じられない方、両方の方に最も多い質問です。

蜂針の成分でできた薬は現実にあります。注射液ですがあります。
アメリカや中国などで、実際使われています。
日本では、昭和20年代から昭和30年代、富山化学で製造されていました。その資料の一部を転記いたします。

昭和24年〜39年にかけて我が国大手の製薬会社、富山化学では、ミツバチから抽出した痛み止めの注射薬(ビトキシン)が作られ全国の大学病院、大診療所などの外科、内科、産婦人科等で臨床試験され、治効率85%以上で副作用無しとの報告が続々と寄せられた。
しかしその後アメリカではすでに副作用が強く危険であるとマークされていた副腎皮膚ホルモン剤をわが国ではリュウマチの特効薬ともてはやし保険薬として40年代から大量に使われる事となった。
後略
(西洋みつばちの刺針を使う蜂針療法・  著者・日本アピセラピー協会 理事長 太田直喜氏)

さらに、詳しい資料は、みつばち療法(通巻蜂針28号)特集号に記載されております。臨床試験が行われた病院名や医師名など、かなり詳しい資料なので、お買い求めてはいかがでしょうか。
質問一覧へ
蜂針療法の良さはわかりましたが、何故そんなに効果の高い療法が世間に広まっていないのでしょうか。それなりに歴史があると思うのですが・・・
そうですね、まさにその通りですね。やはり一番大きい問題が施術後のかゆみでしょうね。
かゆみの強い人は夜も寝むれないぐらいですし、しかもそのかゆみが、一週間続く人もいるのです。そういう方は、いくらそのかゆみが、そのうちやわらぎますよ、と言っても途中で施術をやめてしまいますね。
日本人の体質は、少しずつアレルギー体質になってきていますので、蜂針療法師の方にとっては深刻なことだと思います。
あとは、蜂の針を身体に刺すという、恐怖感ですね。患者さん自身が家族や友人に蜂針療法をすすめても怖がってしまうのが現状ですね。
私のもとに来る患者さんは、すでにあらゆる療法を受けた方達がほとんどですので、最初から効果がないと、もう二度と来ないですね。
蜂針療法が知られていないために、初回で判断する人が多いようです。特に都会の人ほどその傾向が強いですね。
最初から効果を出すために、初診の方に数多く蜂針はできませんし、また蜂針の刺激が少ないと、いわゆるドーゼ不足で初回からは、なかなか効果があがりません。 そこのところが難しくて、本当に日々修行です。
質問一覧へ
私の7歳になる子供が小児ぜんそくです。こんな小さな子供でも蜂針療法はやっていいのでしょうか?
子供でも問題なく蜂針療法は行えます。
子供の皮膚や筋肉は非常に柔らかいので、表皮に蜂針を施すだけでも効果があります。
小児ぜんそくや、小児中耳炎など子供の病気は、早めに効果がでますので、ぜひ蜂針療法を試されてはいかがでしょうか。
子供の指にできるイボなどは、2,3回で取れますよ。
質問一覧へ
以前、週刊女性で先生の蜂針療法の記事を読みました。その記事には、子宮筋腫が小さくなった画像があり子宮筋腫が3ヶ月でなくなったとありました。今の医学では筋腫は小さくならないと聞いています。蜂針で本当に筋腫がなくなるのでしょうか。
確かに今の西洋医学では、子宮筋腫は小さくなることはなく、大きくなれば手術を勧められますが、蜂針療法ではローヤルゼリーとの併用で筋腫を小さく、しかも、無くすことができます。
蜂針療法での取穴は、鍼灸の婦人科疾患とほぼ同じであとは、筋腫の位置に向かって蜂針をします。
筋腫がこぶし大ぐらいになると表面からも、触診でもわかりますので、そこに集中して蜂針します。
子宮の外にできる筋腫が大きくなると、膀胱を圧迫して、頻尿になったりしますが、数回の蜂針によって、その症状がなくなります。月経過多やひどい生理痛がある方も、数回の蜂針でその症状がかなり改善します。
蜂針を施すと、筋腫は下へ下へと移動して行きます。
触診などでもわかる大きさの筋腫になると、筋腫が移動しているのが良くわかります。
  この頃には、ボコっと突き出た尖がりが、いくらかへこんできています。
子宮の中にできる筋層内筋腫は、蜂針とローヤルゼリーの特別な処方で、少しずつ体外へ出て行く症例が多いようです。体外へ出て行くというのは、ウミのようなものが少しずつ出て行き、患者さんによってはウミの塊のようなものがドッと出る場合もあります。
その後、病院で検査してもらえば、筋腫が無くなったのが一目瞭然です。
質問一覧へ
私はアトピー性皮膚炎です。蜂針でニキビやシミが良くなるそうですが、アトピーはどうですか?
蜂針療法でアトピーは、やはり難しいのですが、アトピーを掻いたあとや、皮膚から分泌物が出るさいの創傷にできる、化膿個所に直接、蜂針をすることで化膿部分がきれいになくなります。
これは、ニキビの施術と同じです。
アトピーの方は、首を後屈したときに首の根元のつまり感や、のぼせ、冷え、胃腸の状態が悪い方が多いですね。
蜂針で、その症状を改善するよう取穴していくと、黄色ブドウ状球菌による、化膿性疾患が出来にくくなります。
アトピーの患者さんは、化膿している部分が、短期間で無くなってしまうので、蜂針でアトピーが治る!と思ってしまうのですが、やはり根本的にアトピーを治すには時間がかかります。
蜂産品で作ったクリームなどで部分的にアトピーがすっかり無くなる個所もありますが、完治させるには、まだまだ、勉強が必要です。
質問一覧へ
蜂針の効果には個人差があるということですが、効きづらい人とはどんなひとですか?
病院の薬を飲んでいる方は蜂針の効果は良くありません。
まるっきり効果の無い方もいます。
花粉症の方が抗アレルギー剤の薬を飲んでいる場合は全く効かない場合もあります。また、痛み止めの薬やステロイド剤を服用すると蜂針の効果は低下します。
ある人の場合、施術を行うごとに痛みや症状が順調に回復していたのですが、途中で抜歯の治療を行う為に麻酔を打った結果、その後1ヶ月間全く蜂針が効きませんでした。1ヶ月後は以前のように蜂針が効いてきました。
加えて、多種類のサプリメントを飲んでいる方は蜂針が効きづらい傾向があります。
数種類のサプリメントの何かが蜂針の効果を妨げているようです。
質問一覧へ
他のサイトに蜂針療法は腱鞘炎に効果があるとありましたが、本当でしょうか?
蜂針療法は腱鞘炎にかなり良く効きます。軽い腱鞘炎であれば1回の施術にて治癒します。
お箸も使えず医者から手術を薦められるような重症な腱鞘炎も治癒した例は多数ありますし、かなりの期待ができます。
質問一覧へ
乳がんなのですが、蜂針でどのように施術するのでしょうか?
乳ガンに限らず、すべてのガンの施術は患部に向けて蜂針を行うのが基本です。
乳ガンの場合は、他に脇の下のリンパ節にも蜂針を行い、あとは免疫力を上げるために蜂針と気功で身体全体の調整を行います。
乳ガンや大腸ガンなど触診が出来るガンは蜂針を施すとガンが柔らかくなって、形を変えながら少し膨らみ、その後小さくなっていきます。
これを繰り返しながらガンは消滅していきます。
内臓に出来るガンも同じように、ふやけて大きくなり、その後以前より小さくなっていきますので、病院の検査を受けて大きくなっていても、心配する必要はありません。
ガンの治癒の初期は腫瘍マーカーの数値が上がり、形を変えながら膨らみ、その後しだいに小さくなっていきます。
質問一覧へ
気功と蜂針で病気が治ったら、再発することは無いのですか?
病気というのは過去に原因があって、病気という結果になるのです。
例えば、肉食を続けているとガン体質になっていきます。
肉食が原因で大腸ガンになった場合、ガンが治癒しても相変わらず
肉食を続けていると、ガンが再発する可能性があります。
ガンに限らず病気の原因のほとんどが生活習慣病ですから、
病気が 良くなっても今までの生活習慣を改めなくてはなりません。
質問一覧へ
蜂針療法とは 効果・効能 症例 リウマチの方へ Q&A