ミツバチ蜂針療法 気功 当院のご案内 施術料金
  1. 効果・効能
蜂毒の効果
ヒスタミン(誰もが持っている、体内化学物質)と同様の作用
(消化や血流の促進<ゼン動促進>・血圧降下作用)、
連鎖菌・ブドー菌・大腸菌に対する強力な殺菌作用等があげらえれますが、
リュウマチ患者に使用すると、組織中に含まれている病毒が蜂毒の触媒作用により動員され、コレストリン(コレステロール)を形成し、これを無害のものに変えます。血液中にリンパ細胞および、好酸球(白血球の一つ)の消欠が見られます。(フォルスター博士<ドイツ>)
効能
  1. 各種神経痛
三叉神経痛・偏頭痛・後頭部痛・歯痛・頸肩痛・五十肩・脊椎部痛・肋間神経痛・各種腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・ヘルペス性疾患の後遺痛
 
  1. 炎症性疾患
関節リュウマチ・関節炎・膝の水たまり・蓄膿症・歯槽膿漏・扁桃腺炎・筋肉の炎症・腱鞘炎(バネ指)・神経性皮膚炎(帯状疱疹ヘルペス)・他の疱疹ヘルペス・耐性菌による中耳炎・スポーツによる筋痛め
 
  1. 各種こり症状
首すじのこり・肩こり・背脊部のこり・腰部のこり・大腿部のこり・ふくらはぎのこり・その他のすじ腫れ・筋肉痛
 
  1. 血行不良性疾患
顔面神経麻痺・手足の痺れ・めまい・むくみ・しもやけ・冷え性・痔疾患
 
  1. 化膿性・ウイルス性疾患
表在性のできもの・ニキビ・ヘルペス性口角炎・口内炎・ウイルス性各種イボ・神経性円形脱毛症・性器ヘルペス
 
  1. 自律神経失調症
常習不快感・ヒステリー・不眠症・イライラ・不安感・全身疲労倦怠感・生理不順・月経痛・神経性便秘・下痢・耳鳴り・冷熱感症・更年期障害・不定愁訴・性的不感症・乗り物酔い・頻尿・失禁・小便不利
 
  1. その他
パーキンソン病・メニエル病・むち打ち症(頸椎捻挫)・仮性近視・耳鳴り・喘息・小児喘息・寝小便・捻挫・打ち身打撲の黒血の浄化鎮痛・寝ちがいの頸部痛・そら手・つき指・本態性高血圧・老化予防・精力増強・不妊症・神経性胃炎・胃下垂・痛風・脳障害後のリハビリ促進・思考力減退

ドイツ国立ガン研究所の行った
”職業別ガン発生率”の調査の中で、養蜂家のガン発生率は
著しく小さく、皆無に近いという結果が出たそうです。
これは、養蜂家の体内には常に蜂毒があるからだという結論に達したということです。

こちらもご覧ください
『突撃!我ら健康体』早坂隊長のページ
お茶の水クリニックのページhttp://www.geocities.co.jp/Beautycare/1092/hohsin.htmlhttp://homepage1.nifty.com/morishita_/index.htmshapeimage_12_link_0shapeimage_12_link_1
蜂針療法とは 効果・効能 症例 リウマチの方へ Q&A